話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

親と絶縁したい!戸籍を抜き方と注意すべきポイントとは

2017.10.27

親子関係は切っても切り離せないといわれますが、どうしても親子関係を断ちたい人にとっては、戸籍を抜いて絶縁したいと考えます。

親とは連絡取りたくないですし、できれば一切関わりたくないと思うほど憎んでしまうと、絶縁するのも仕方ないのかもしれません。

そこで親と絶縁したいと思た時に気をつけるポイントについて紹介します。


親と絶縁するには戸籍を抜くことで親子関係を断つことができる

親と絶縁したいと思った時には、戸籍を抜くことによって法律上は赤の他人となることができます。

親との関係を断つ時にただ連絡を取らないのもひとつの方法ですが、親に何かあったり困ったことがあれば、法律上は血縁者なので対応しなければなりません。

憎み合ってしまうと相手がどうなろうと知りたくないですし、関わりたくないと思ってしまいますが、連絡を絶つだけではいつかは連絡がくることがあります。

そのため完全に絶縁するためには、戸籍を抜いて親との関係を断つことが求められます。

戸籍を抜くことによって親に万が一のことがあっても、自分にはまったく関係のないこととして処理されます。

逆に自分に何かあっても親を頼ることができませんが、絶縁するくらいなので親を頼ろうとは思っていないはずです。

いずれにしても絶縁するには戸籍を抜くことによって、赤の他人となって生活することができます。

親に分からずに戸籍を抜いて絶縁することもできる

親に黙って絶縁するために戸籍を抜くことができますが、その為には住民票や戸籍についても閲覧制限を掛けることは大切です

親に内緒で戸籍を抜いたとしても、履歴によって住所が分かってしまったり、親が戸籍を抜いたことが分かってしまうこともあります。

戸籍を抜いたかどうかは戸籍を見なければ分かりませんが、戸籍は何かあった時しか見ないでしょう。

わざわざ定期的に確認する人もいないので、できれば戸籍を抜いたことすらバレないようにしたいものです。

絶縁することは一切連絡を取りたくないということなので、できればずっと戸籍を抜いたこともバレずに、会わずに過ごしたいと思っているのです。

閲覧制限をかけることによって、親に住所がバレないようにすることができますが、警察に行って事情聴取を受ければ簡単に閲覧制限ができます。

親との絶縁にはちょっとした手間を掛けるだけで、安心して生活することができるようになります。

戸籍を抜けば親と関係を絶てるが絶縁するには連絡先も考えておく

親との絶縁を考える時には、連絡先も一切教えないようにしなければなりません。

戸籍を抜いて住所を調べられないようにすることも大切ですが、携帯番号が分かってしまえば、住所も調べることができるからです。

また何かあった時のために親戚や友達に連絡先を教えておくこともありますが、親がその番号を聞き出してしまうことも考えられます。

絶縁する時には親から逃げているケースもあるので、絶対にバレないようにしなければなりません。

そのためには連絡先についてもしっかりと考えておく必要があるので、信頼できる人だけ連絡先を教えておきましょう。

特に親に近い親戚の場合には親に味方してしまったり、良かれと思って教えてしまうこともあります。

絶縁するには連絡先もきっちりとバレないようにしなければならないので、信頼できる人を見極めておきましょう。

親との関係を断つには相当な覚悟が必要

親との絶縁には相当な覚悟が必要ですが、覚悟がなければ戸籍を抜くことはできません。

戸籍を抜くことはできても一生親との関係を断つことや、親戚との付き合いをやめることも考えなければなりません。

自分にとっての身内である親や親戚との関係を断つことは、これからの人生において相当な孤独を感じることになります。

それほどまでに親との絶縁を希望するのであれば仕方ないですが、親から逃げて絶縁するには覚悟が必要です。

いつ親に身元がバレて現れるか分かりませんし、親への憎しみが消えて孤独を感じるようになるかもしれません。

親子にとってはいくら戸籍を抜いても血が繋がっているので、何かあったら何とかしたくなるのが心情でしょう。

しかし何かあった時も何もせず、知らされることなく親との関係を断つのは、相当な覚悟が必要なので、しっかりと考えてから決断することが大切です。

戸籍を抜いて絶縁した後のことまでしっかりと考えておく

戸籍を抜いて親と絶縁する時には、後の生活のことまでしっかりと考えておく必要があります。

絶縁すればもちろん以後の連絡も取らなくなりますし、親戚との連絡も取らなくなるでしょう。

完全に孤独な生活となるので、親との関係を断つことは自分が孤独になるということです。

親との血の繋がりがあっても赤の他人となるので、今後の生活では本当に孤独な生活となってしまいます。

親との関係は他人には理解することはできませんが、孤独を選んだ方がいいと思うほどの関係性であれば、絶縁するのも仕方ないかもしれません。

絶縁するなら親にバレないようにしなければいけないので、しっかりと対策を立てておくことも必要です。

住所や連絡先汚教えないで、自分の友達にも信頼できる人でなければ、連絡先を断つくらいの気持ちは必要です。

絶縁後の生活を考えると本当に孤独な生活となるので、覚悟を決めて決断することが大切です。

 - 生活・ライフハック