話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

住民税は払わなければいけない!申告しなかったらどうなるか解説

2017.10.27

働く人にとって支払う税金は嫌なものですが、住民税は申告しなかったら支払わなくてもいいという考えは捨てなければなりません。

税金についてはしっかりと申告して払わなければいけないので、税金逃れをしようと思ってもほぼ確実にバレてしまうでしょう。

そこで住民税の支払いについて申告しなければいけない理由について紹介します。


確定申告をしなかったら住民税を払わなくてもいいケースはある

確定申告をしなかったら収入を把握できないので、住民税を払わなくてもいいというのは大昔の話といえます。

日雇いで働いて直接給料をもらっていれば、会社が虚偽表示をすれば収入もバレることはありませんでした。

しかしマイナンバーが導入されたり事業者へのお金の流れも厳しくチェックするようになったことで、虚偽表示をすることは難しくなりました。

そもそも確定申告をする人は一定の所得がある人なので、申告をしなくてもいい人はいます。

本当に所得がなければ申告することはないですし、個人事業主でも利益がなければ、申告する必要はありません。

しかし実際に利益がないということを証明するためにも、申請することは必要ですし、信頼してもらうことができます。

所得がほんの少しでもある人は、所得がないことを証明するためにも申告をした方がいいでしょう。

住民税を払わなくてもいいケースの人もいるので、自己判断で申告しないで、とりあえず申告して所得がないことを証明することをおすすめします。

住民税は確定申告をしなかったらバレないはウソ

住民税の支払いに関しては、会社勤めをしている人にとっては会社が自動的に計算をしてくれるものです。

住民税の計算方法としては、収入の所得や控除を基にして計算するので、会社員の人は自分で計算したことがない人も多いでしょう。

しかも会社によっては毎月一定額を天引きされて住民税を引かれることもあるので、支払いを逃れることはできません。

一方で会社に勤めていない人は確定申告をして、申告をしなければなりません。

この確定申告をしなかったら住民税を払わなくてもいいと思っているかもしれませんが、結果的にはバレてしまうので払うことになります。

確定申告をしなくても自分が収入を得ているお店や会社の情報から、自分が収入を申告していないことがバレてしまうからです。

マイナンバーが導入されたことによって、個人だけでなく事業者も厳しくチェックされるので、申告しなくても必ずバレてしまうと覚悟しましょう。

確定申告しなかったら調べられて結局は住民税を払うことになる

確定申告を申告しなかったら、住民税の支払いを逃れられるのであれば、全員が申告しないでしょう。

今まで所得があったのにいきなり申告しなければ、税務署もおかしいと思うので、いろいろな情報を駆使して調べることになります。

今まで会社員として働いていたのに、失業すれば収入がなくなって申告しなくてもいいと思うかもしれません。

しかし税務署とすればいきなり申告しなければ怪しいと思うので、調べられることになるのです。

所得がなければないことをしっかりと申告すれば済みますし、来年以降も所得がないことを証明し続ければ、信用されてしらべられることもないでしょう。

マイナンバーが導入によってお金の流れを調べることは簡単になったので、ほぼ確実にバレると思って間違いありません。

自分が気をつけていても支払いをする業者や会社が大きなペナルティを受けるので、誰に支払ったかをしっかりと保存しているので、確実にバレてしまうのです。

申告をしないで支払いを逃れようとすれば罰則がある

確定申告をしないで住民税の支払いを逃れようとすれば、滞納税や無申告加算税の支払いが生じます。

申告しなかったらより多くの罰金を払うことになるので、真面目に支払いをしておいた方がいいのです。

無申告加算税は支払い義務のある人が期限内に申告しなかった罰則で、過去5年に渡って罰則を受けることがあります。

無申告によって次の住民税の支払いを逃れたとしても、忘れた頃にいきなり罰則を含めた支払いを求められます。

滞納税に関しては支払いが遅れるほど遅延金が発生するので、過去の支払いを逃れていた人にとっては、本来払うべき金額以上に多く払わなければなりません。

申告をしないで不正をしようとしたケースに関しては、加算税率は35%~40%となってしまいます。

ほぼ確実のバレてしまいますし、支払う時には約1.4倍の金額を払わなければいけないので、支払う時には厳しいくなるでしょう。

支払いができなくても差し押さえをされるので、支払いを逃れることはできません。

バレないようするよりもしっかりと申告することが義務となる

住民税に関しては自分の収入や所得によって金額が変わりますが、自分がいくら申告しなくても、収入を得た会社や事業者からバレてしまうケースが多いです。

申告しなかったらバレないと思っていても、マイナンバーが導入されたことによって、個人の収支に関してもしっかりと把握されています。

マイナンバーを使っていないから大丈夫だと思っていても、事業主はしっかりと申告しなければいけませんし、申告漏れに関してはかなり厳しい罰則となってしまいます。

誰にいくらの支払いをしたのか、支払う会社を調べればバレてしまうので、いくら個人で確定申告しなくてもバレてしまいます。

バレないように小細工するよりも、しっかりと確定申告をした方が結果的に罰金もないので、支払額も少なくなります。

税金に関しては悪質なケースだけでなく、うっかり忘れていたケースでも同じように罰則を受けるので、しっかりと申告して支払いをすることを意識しましょう。

 - 生活・ライフハック