話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

2017.10.29

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝からコーヒーをたくさん飲んでしまうと下痢になってしまうこともあります。

コーヒーにはカフェインなど実にいろいろな成分が入っていますし、体にも多くの影響を与えるてくれます。

良い効果もあれば悪い効果を引き起こすこともあるので、コーヒーを飲むとお腹が痛くなる原因と対策を紹介します。


朝コーヒーを飲んで下痢になるのはカフェインの過剰摂取が原因

朝からコーヒーを何杯もお代わりして飲んでいると、お腹を壊して下痢になることもあります。

コーヒーに含まれるカフェインにはいろいろな作用がありますが、集中力を高めたり覚醒しやすくなる効果があります。

またリラックス効果があるので、朝からコーヒーを飲むと目を覚ますのと同時に覚醒しやすくしてくれます。

頭もスッキリして仕事に励むこともできるかもしれませんが、カフェインをたくさん飲むと下痢になりやすくなります。

カフェイン量はコーヒーは紅茶やウーロン茶などに比べても、倍以上のカフェイン量を含んでいます。

カフェインの摂取はほどほどにしておかないと、胃に負担が大きくなってしまうので、胃痛を引き起こすこともあります。

コーヒー好きだからといって朝からたくさんのコーヒーを飲み過ぎると、カフェインの効果によって下痢を引き起こす可能性もあるので、朝のコーヒーはほどほどにしておきましょう。

朝のコーヒーで下痢になってしまう人はタンニンが原因かも?

コーヒーの飲み過ぎによる下痢の症状は、コーヒーに含まれる痰飲という物質による影響かもしれません。

毎朝コーヒーを飲むことが習慣化されている人は、他の飲み物を飲んでも下痢の症状が出ないのであれば、タンニンが影響しているのかもいしれません。

タンニンとはポリフェノールの一種ですが、適正な量を摂取することで、下痢を改善する効果が期待できるのです。

しかし逆に過剰に摂取してしまうと下痢の症状を引き起こす原因ともなってしまうので、注意が必要となります。

コーヒーを朝から何杯も飲んでしまう人もいますし、1日トータルして5杯以上飲む人もいるでしょう。

カフェインやタンニンは良い効果を発揮してくれる反面、過剰摂取によって体に悪影響を与えることもあります。

そのためコーヒーを過剰に飲むほど好きな人ほど、下痢になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

朝のコーヒーでの下痢はアレルギーが原因の可能性もある!

食品によってはアレルギーを持っている人もいますが、アレルギーの症状には軽微なものから後から症状が出るものまで様々です。

朝コーヒーを飲んだ時に限って下痢を起こしてしまうような場合には、やはりコーヒーが下痢の原因となっている可能性もあります。

コーヒーにアレルギーがあっても時間が経ってから症状が出ることが多いので、実際にコーヒーがアレルゲンだとは気づかないケースも多いです。

コーヒーアレルギーの人の症状としては、下痢、肌荒れ、吐き気、蕁麻疹など、アレルギーの症状がそのまま出ますが、時間が経過してから出ることが多いです。

体調が悪い時や風邪の症状に似ていることもありますが、コーヒーを飲みだしてから下痢の症状が出た時には、一旦コーヒーをやめて様子を見た方がいいでしょう。

自分がコーヒーアレルギーだとは気づきにくいので、体調が悪い時には少し様子をみましょう。

カフェイン中毒になり過ぎないように飲む回数を決めておく

コーヒー好きにとっては毎朝起きた時にコーヒーを飲むことが習慣になっているので、例え下痢になったとしても飲み続けることも多いでしょう。

実際にコーヒーが原因で下痢になっているとは限らないので、コーヒーを飲むことによって下痢が引き起こされているか分かりません。

コーヒーアレルギーと同じでカフェイン中毒になっていると、自分では気づかないこともあります。

慢性的なカフェイン中毒になると吐き気などの症状のほかにも、胃腸に症状が出ることがあります。

コーヒーを飲むたびに下痢を引き起こすようなことがあれば、少しコーヒーを飲むのを控えて様子を見るのも必要かもしれません。

カフェインには強い依存性があるので、コーヒー好きな人は毎日飲まなければ嫌だという人もいるでしょう。

自分でも飲み過ぎていると感じた時は、少し量を減らしてみるのも効果的です。

ミルクを入れると胃を保護してくれる効果もある

毎朝コーヒーを飲むことが習慣になっている人にとって、多少の下痢になっても習慣をやめない人は多いものです。

実際にコーヒーが下痢の原因となっているかは分からないですし、カフェインに依存してしまうことによって、飲みたくなる衝動にかられてしまうからです。

カフェインによる刺激によって、過敏性腸症候群の人はお腹が緩みやすいので、下痢になることもあります。

コーヒーアレルギーやカフェイン中毒など、下痢になる原因はいろいろ考えられますが、それだけコーヒーは体調に影響を与える効果があるということです。

美味しくコーヒーを毎日飲みたいと思ったら、コーヒーの量を適量まで抑えるようにしましょう。

1日3杯程度に抑えたり、ミルクを入れることで胃を保護してくれる役割もあります。

コーヒーが好きだからといって飲み過ぎてしまうのはようくないので、適量を守って美味しく飲みましょう。

 - 健康・病気