話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

2017.11.2

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので、手術をして穴を塞ぐことによって空気漏れを防ぐことができます。

しかし肺気胸は再発率も高いですし、原因がストレスが影響することも多いので、手術をしても再発しやすく失敗したと思われてしあむこともあります。

そんな肺気胸の気になる症状や再発について紹介します。


肺気胸の手術は失敗することもあれば再発する可能性も高い病気

肺気胸とは肺に何らかの影響によって穴が空いてしまい、空気が漏れてしまう病気です。

息苦しさを感じたり背中や肩に痛みを感じることで、肺気胸になっていると気づくことになります。

手術をすることで治すことはできますが、手術は失敗ではないが再発してしまうケースが非常に高い病気といわれています。

原因はストレスや睡眠不足からくる病気なので、たとえ手術が成功してもストレスが改善できなければ、再発してしまうケースも多いです。

手術が成功しても再発率が高い病気ではありますが、早い段階で手術をした方が完治する可能性は高いです。

そのため症状が軽くても手術を進められることが多いので、主治医と相談をして決めることが大切です。

肺気胸に関しては若い人ほどなりやすいので、ストレスを多く抱える受験生などがなってしまうケースも多いです。

肺気胸の手術が失敗しやすいのは場所によってやりにくいから

肺気胸の手術が失敗しやすいのは、場所によっては手術が難しくなるケースもあるからです。

手術方法に関しては内視鏡による手術や開胸手術など、方法もいろいろありますが、主流派内視鏡による手術をおこないます。

内視鏡による手術の特徴は胸に3カ所程度の穴を空けて、そこから器具を挿入して手術を行う方法です。

この方法だと患者に負担が少なく、傷跡も目立たなくすることができるメリットがあります。

しかし実際に自分の目で確認しないでカメラを通じて手術をするので、見えにくい箇所に関しては手術が困難になります。

手術自体は難しくなるケースもありますが、基本的には失敗するリスクも少ないのが内視鏡による手術の特徴です。

肺気胸の手術では失敗しなくても術後に違和感を感じたり、ポコポコと音がすることもあるので、再発率も高いことから様子をしっかり見ておく必要があります。

肺気胸の手術方法は多いので失敗しても他の方法を受けられる

肺気胸の手術をする時の一般的な方法としては、内視鏡による手術を行うことが多いです。

内視鏡による手術の特徴は患者への負担を減らすことができるので、数日で退院することができます。

また傷跡も目立たないので、患者にとってはメリットが多いといえるでしょう。

手術が失敗するケースは稀ですが、成功したとしても再発率の高い病気なので、再度手術をすることになります。

患者としては再度手術を受けると、前回の手術は失敗したと思われるかもしれませんが、再発率が高いことはしっかりと理解しておくことが大切です。

処置するべき箇所が多い場合に関しては、開胸手術をすることもできるので、適切な方法で手術をすることができます。

内視鏡は万全ではないので、難しい場所の手術になれば開胸手術によって行われることもあります。

主治医が最適な方法を提案してくれるので、不安になるとストレスも溜まるので、信じてお願いするしかありません。

再発する可能性が高い病気なので手術が失敗したとは限らない

肺気胸の手術に失敗したと感じるのは、術後にポコポコといった聞き慣れない音を聞いた時や、再手術をしなければいけない時でしょう。

肺に穴が空いた状態では異様な音が胸の辺りからするので、ポコポコと音がするようならば気になります。

実際に穴が空いていることもあれば、自然と数日後には音が消えていることもあるので、レントゲンなどで確認すればすぐに分かるはずです。

再手術に関してはたとえ手術が成功しても、再発率が高いので失敗したとは限りません。

再発率に関しては50%ともいわれているので、何度か手術を覚悟する必要もあります。

ストレスや睡眠不足などが病気の原因となるので、すぐにストレスをなくして改善できる病気ではないからです。

穴が空いてしまった箇所もあれば、これから空く場所もあるので、術後に穴が空いてしまうこともあるので再手術が必要になるケースもあります。

再発を繰り返すほど再発率も高くなるのが肺気胸の厄介なところ

肺気胸は厄介な病気のひとつですが、理由としては再発率が高いことが要因となります。

肺気胸の原因はストレスや睡眠不足などが挙げられるので、受験勉強でストレスや睡眠不足になる若い世代の人がなりやすい病気です。

肺に穴が空いた状態になると息苦しさを感じますし、胸だけでなく背中や肩に痛みを感じるようになります。

肺気胸の場合には再発率が高いこともあるので、できるだけ早めに手術をすることが望ましいです。

内視鏡による手術は患者への負担も少ないですが、難しい場所になると開胸手術をすることになります。

いずれにしても手術を受けても安心できないほど、再発率が高いので、手術が失敗した訳ではないので理解する必要があります。

症状を改善するにはストレスや睡眠不足を解消することが大切なので、受験勉強など過度なストレスから解放されると症状も治まってくることが多いです。

 - 健康・病気