話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

2017.11.2

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませんが、残念ながら年金は支払い義務があるので払わなければなりません。

しかし自分の将来は自分で何とかする自信があるので、年金を払わないで何とかしたいと考える人にとっては、どうすれば年金を払わなくて済むのでしょうか。

そこで年金を払いたくない時に回避する方法について紹介します。


年金を払いたくない時に回避する方法は学生納付特例を利用する

年金を払いたくない人にとっては払わなくてもいい制度を利用することがおすすめですが、学生であれば特例制度を利用する方法があります。

学生の時は収入がないので学生納付特例制度を利用することで、年金を就職するまで猶予してもらうことができます。

20歳以上になると支払い義務がある年金ですが、年金を払いたくない時に回避するためには制度を活用することがおすすめです。

支払いを無視していれば年金未納になってしまうので、学生の時は年金の支払いをしなくていいという制度です。

就職してから支払いをすることができるので、年金未納になることなくしっかりと就職してから払い続けることができます。

この制度は学生しか利用できませんし、あくまでも年金の支払いを猶予する制度です。

結果的には年金を払わなければいけないので、学生で支払いを少しでも遅らせたい人にはおすすめです。

年金を払いたくない時には海外に移住する方法もある

年金をどうしても払いたくないという人が支払いを回避するには、海外に移住する方法もあります。

年金の支払い義務のある人の条件としては、日本に住んでいる20歳以上の成人となっているので、海外に移り住んでしまえば支払い義務がなくなります。

海外で移住をする時に住民票を日本から抜いてしまえば、支払い義務もなくなります。

単に短期間だけの移住やホームステイであれば、支払い義務はそのまま継続しているので、年金の未払いとなってしまうので注意しましょう。

年金の未払いは同一世帯の人にも影響するので、親と同居している人が海外で生活をしていても、未納となっていれば親の財産を差し押さえられる可能性もあるので注意が必要です。

海外に住んで住民票を移してしまえば年金の支払いは義務ではなく、権利に変わるので払っても払わなくてもいい状態にすることができます。

年金を払いたくない時は所得を下げる方法もある

将来もらえる年金額が少ないので払いたくないという人が支払いを回避するには、所得を低くして支払いを逃れる方法もあります。

できればおすすめできませんが、所得が低ければそれだけ生活水準も下がってしまいます。

そのため年金を支払うだけの能力がないと判断されれば、支払いを免除してくれる制度があります。

所得に関しては前年の所得を参考にするので、申請すればその所得に応じた免除制度を受けることができます。

全額免除にならなくても、半額だけ免除にすることもできるので、所得を低くすることで年金の支払いを回避することはできます。

しかし働けるのであればあえて所得を低くすると自分の生活に影響するので、年金の支払いを避けるためにあえて所得を低くするのはおすすめできません。

年金の支払いを抑えるよりも、それ以上に稼いだ方が生活も楽にすることができます。

年金は支払い義務があるものなので払うことを考える

年金を払いたくない人にとっては何とか回避する方法を考えるかもしれませんが、結局は支払い義務のある物なので払うことを考えた方がいいでしょう。

未納状態が続いてしまうと支払いをする時にまとめて請求がくるので、払いたくないと思うのは当然のことです。

しかし毎月しっかりと支払いをしていれば、それほど大きな額ではないので、頑張れば払い続けることはできるはずです。

年金は自分のためではなく、高齢者にとっても大切なものなので、支払い義務をわざわざ回避するよりも払うことを考えた方がいいといえます。

海外に移り住んでも将来の保証はありませんし、年金をもらう世代になった時には、納めておいて良かったと思えるはずです。

もらえる金額が少なくても自分にはメリットがありますし、義務のあるものをあえて払わないようにするのは労力も必要なので余計大変な思いをするでしょう。

払わない方法を選択するよりも払った方が将来役に立つ

将来自分が歳を取った時にもらえる年金額が少ないとはいえ、何ももらえないよりはもらえた方が安心することができます。

自分で将来のお金を貯金しなければ安心できませんが、誰もが安心できるような貯金額を貯めることは難しいでしょう。

年金だけで生活することは難しいですが、いくつかの老後の預金のひとつとして、年金をあてにすることはできます。

年金を払いたくない気持ちは分かりますが、あえて払わない方法を選ぶよりも払った方が将来役に立つことは多いです。

若い世代ほど年金に関しては現実味がありませんが、支給開始年齢に近づくにつれて有難みを感じるようになるはずです。

自分で安心できる老後の資金を準備できれば問題ないですが、いくらあっても安心できないのが人の心理です。

年金を払わない方法を選択するよりも、ちょっとだけ頑張って支払いをすることで、老後の生活に少しは安心を持つことができます。

 - 生活・ライフハック