話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

2017.11.8

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時には、命の危険があるのでどうなるか分かりません。

脳出血に陥る原因は様々な病気が考えられますが、普段から健康に気をつけていなければいつ倒れるか分からないので、誰にでも突然襲ってくる可能性もあります。

そこで脳出血によって倒れる原因と回復について紹介します。


脳出血による意識不明の状態は様々な原因が考えられる

脳出血によって倒れた時は意識不明の重体となるケースが多いですが、脳で出血をすると即命に関わる状態となります。

そのため早急な対応が必要となるので、対応が遅いと最悪なケースとなってしまうので注意が必要です。

普段から健康を意識している人でも、急に脳出血によって倒れてしまう可能性はあります。

原因としては様々な病気が脳出血の要因となるので、日頃から健康を意識している人でも油断はできません。

健康診断を受けているからといっても脳出血になる人はいますし、病気のケアをしている途中で倒れてしまうこともあります。

自分が思っているよりも脳出血というのは危険度が高く、いつ破裂して出血してしまうか分からない症状といえます。

脳は目に見えない部位ですし自覚症状がないので、脳出血が起きる寸前まで体調の異変に気づかないこともあるので注意が必要です。

脳出血によって意識不明となる原因は身近な病気が引き金になる

脳出血の症状に陥る時は血管がコブになってから破裂した状態となりますが、その前にはいろいろな症状や原因があります。

検査をして血管にコブが見つかれば、早急に対応する必要がありますが、血管にコブができてしまう原因を追究しなければなりません。

脳出血によって意識不明の重体となってしまえば命の危険が高まるので、早急な対応をする必要があります。

脳出血を起こす時の原因として多いのが、高血圧や動静脈奇形による病気です。

特に高血圧の人は脳の血流が悪いため、血管にコブができやすい状態となります。

病院に行くと血圧を下げる薬をもらって飲むことになりますが、高血圧は長い付き合いとなります。

少しでも早く治すことが大切ですが、なかなか症状が良くならないことも多いのも事実です。

高血圧と脳出血は密接な関係があるので、意識不明の重体となる前にしっかりとケアすることが大切です。

脳出血によって意識不明になった後の後遺症も様々

脳は人間にとって重要な司令塔の役割を担っている部位ですが、脳出血によって意識不明の重体となると、命の危険が伴います。

早急な対応によって一命を取り留めたとしても、脳には障害や後遺症が残る可能性があるので注意しなければなりません。

脳出血による症状としては意識障害ですが、そのまま命を落としてしまう危険性もある重体といえます。

運良く人がいれば助かりますが、一人の時は危険な状態となってしまうので注意しなければなりません。

脳出血による後遺症としては、片麻痺、感覚障害、運動失調などの症状が現れることもあります。

その他にも多くの後遺症が残る可能性もありますし、リハビリをしても元通りの状態には戻らないケースも多いです。

一度破壊されてしまった脳組織は再生しにくいので、脳出血が起きる前にできるだけ早くケアをすることが大切です。

症状によって脳出血後の治療法も変わってくる

脳出血に関しては脳のどの部位によって出血が起きたかによって、症状や後遺症に大きな影響を与えます。

脳出血を起こす部位としては、被殻出血、大脳皮質下出血、小脳出血、脳幹出血など、部位によって出血する場所が変わってきます。

また出血場所によっても症状に違いがありますが、脳出血を起こした場合は意識不明の重体となるケースが多いです。

どの部位でも脳出血を起こした時点で命に関わる症状となるので、まずは一刻も早く命を救うことを優先します。

そのため命を救った後の症状には後遺症が出ることもあるので、リハビリをしてできるだけ早く回復する努力をしなければなりません。

小脳出血では運動失調やめまいなどを引き起こすことが多く、脳幹出血を起こすと死亡率も高くなります。

部位によって症状も死亡率も変わってくるので、まずは命を救う手術をしてから、リハビリをすることになります。

脳出血からの回復と余命に関しては症状や年齢によっても変わる

脳出血による意識不明の重体から命を取り留めたとしても、後遺症が残る可能性が高いです。

これは倒れてから手術をして対応するまでの時間や年齢によって、症状が違ってくるからです。

若いほど回復力も高いですが、一度出血をしてしまうと再発するリスクも高くなるので安心はできません。

また術後は順調でも数日後に再出血をしてしまったり、数年後に突然意識不明で倒れてしまうケースもあります。

脳出血後の生存率に関して一概にはいえませんが、処置が早ければ意識不明で倒れた時は80%以上で助かる可能性があります。

これは倒れてからの処置が早いほど生存率も高く、後遺症も残りにくいので、すぐに周りの人が対処することが条件となります。

また術後5年後の生存率は約50%となっていますが、これは寿命やその他の原因なども考えられるので、一概に脳出血が原因とは考えられません。

いずれにしても命の危険があることには間違いないので、日頃からの生活習慣を見直すことが大切です。

 - 健康・病気