最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

   

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を痛めたか筋肉痛かもしれないと疑うこともあります。

しかし急な背中に痛みに対して動けなくなってしまうこともあるので、痛みが酷い場合には病院に行って診察を受けることが必要です。

どの病院へ行けばいいか分からない時や、背中の痛みへの対処法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク



動くと背中が痛い時は整形外科の病院に行って診察してもらう

背中が痛いと感じた時にまずは安静にすることが大切なので、無理に動かないようにしましょう。

急な痛みに関してはちょっとした動きでも筋を痛めてしまうこともあるので、筋疲労を起こしている可能性もあります。

運動する時にはストレッチを入念に行いますが、普段の生活ではストレッチをしてから動くことはありません。

そのため急に普段しないような態勢になった時に、筋肉に負担が掛かってしまい、筋を痛めてしまうこともあります。

痛めた時は市販のシップを貼って安静にしておけば、数日で痛みも和らいでいくでしょう。

しかし仕事をしているとなかなか治りも遅くなるので、痛みが酷い場合には病院にいくことをおすすめします。

病院は整形外科に行けば、筋肉を伸ばすストレッチのやり方や処方箋の薬をもらえるので、ケアの仕方もしっかりとアドバイスしてくれます。

背中の筋が痛い時は病院での診察後も安静にすることが大事

背中の急な痛みに関しては、様々な原因が考えられます。

すぐに思いつく原因としては、筋肉痛や筋を痛めたことによる痛みで、自分でも動いた時に痛みを感じた時には筋の可能性も高い思えます。

筋を痛めた時は無理に伸ばそうとしてしまいますが、基本は安静にしておくことが大切です。

痛みに関しては動いた時に感じることが多いので、できるだけ動かないことが大切ですが、動作をする時には必ず痛みを感じます。

これは動作をする時には背中は連動するので、できるだけ痛みを我慢するのではなく、痛みのない動きをして安静にしておきましょう。

背中が痛くて我慢できない時は整形外科などの病院に行けば、処方箋の薬も前るはずです。

実際の筋が原因なのか、または内臓疾患による背中の痛みか分かります。

筋の場合は3日ほどすれば少しずつ痛みも和らいでいくので、痛みが治まらない時は病院での診察をおすすめします。

安静にしても背中が痛い時は病院を変えて内科で診察してもらう

背中の痛みに関しては筋肉の筋を痛めただけではなく、内臓疾患による痛みの可能性もあります。

そのため数日間安静にしていても痛みが和らがないようであれば、筋ではなく他の原因を疑ってみましょう。

病院は初めは整形外科に診察に行って安静にするように言われますが、症状が改善しないようならば内科に診察に行きましょう。

その時背中が痛いことと整形外科に行ったことを伝えれば、内臓疾患の検査をしてもらえるはずです。

筋を痛めた時は安静のしていると痛みが一時的に治まりますが、内臓が原因の時は安静にしていても痛みが持続します。

今まで感じたことのない激痛を感じることもあるので、まずは内科で診察をしてもらいましょう。

内臓が原因の場合は症状や痛みも変わってきますが、急性胃炎や腎臓が原因の場合もありますし、ストレスによる原因と診断されることもあります。

原因が分からない時は内科で受診することで対応してもらえる

普通に生活をしていて急に背中の痛みを感じた時には、筋肉関連か内臓関連のどちらか判断します。

筋肉痛は多くの人が経験していますが、それ以外にも筋痛、むちうち、寝違え、背骨の歪みなどが原因となることもあります。

もしも内臓系が原因による背中への痛みの場合には、今までに経験したことのないような痛みとなるケースもあります。

また筋肉関連の痛みは安静にすることが大切で、休んでいる時は痛みも治まっています。

しかし内臓系の場合は安静にしていても常に痛いので、我慢することができずに病院に行くことになるでしょう。

内科は総合的な判断によって診察してもらえるので、まずは内科での受診がおすすめです。

急な背中の痛みに関してはしっかりと痛みの箇所、症状、痛みの強さなどを伝えるようにしましょう。

症状に合わせて他の科への診察を勧めてくれるので、できるだけ具体的な痛みの状態を伝えることが大切です。

内臓疾患の場合は背中に強い痛みが出ることが多い

背中の痛みに関してはほとんどのケースが筋肉関連が原因なので、安静のすることで症状も治まっていきます。

背中が痛いといってもすぐに病院に行かずに、シップを貼ったり安静にすることで、痛みも和らぐと思っているので、少し様子を見ることになるでしょう。

しかし内臓の病気が原因で背中が痛み出すこともありますが、背中の痛みだけですぐには判断することは難しいでしょう。

そこで症状の内臓の病気を疑うきっかけとしては、1週間以上痛みが続いて治らないか、安静にしていても痛みが持続する場合には、内臓の病気も疑ってみましょう。

本来ならば病院は整形外科に行きますが、内臓系かもしれないと思ったら迷わず内科に行きましょう。

内科であれば総合的に診察してもらえますし、症状に適した科を紹介してくれます。

内臓の病気は分かった時には病気が進行していることが多いので、できるだけ早く病院に行くことが大切です。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ