話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

2017.11.10

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学生でも20歳になったらしっかりと支払いをしなければなりません。

しかし学生の間は収入がないので、学生免除を申請しておくことで、学生の間は支払いを猶予してくれる制度があります。

もしも年金の学生免除の申請忘れをしてしまった時は、どのようなリスクがあるのでしょうか。


年金の学生免除は申請忘れしないように期間を調べておく

年金の学生免除の申請忘れに関しては、支払い忘れをしないように早めに申請しておくことが大切です。

申請に関しては20歳になったタイミングで申請すればいいのですが、学生の間は勉強などが忙しくて忘れてしまうこともあります。

また20歳になってから年金を払うことを義務化していますが、しっかりと把握していない人もいるので、申請することすら分からない人もいます。

20歳になってからの年金の支払いに関しては、親がしっかりとアドバイスすることが大切です。

年金の申請し忘れをしないように、しっかりと申請期間を把握しておかなければなりません。

申請に関しては毎年4月~翌年の3月までが申請期間となっています。

20歳になるタイミングで申請することで、支払いを猶予してくれる申請をしてもらえるので、しっかりと忘れずに申請しましょう。

年金の学生免除の申請忘れは後からでも申請することができる

年金の支払いを猶予してもらう学生免除の申請忘れに関しては、申請期間内にしっかりと申請することが大切です。

20歳になったばかりでは支払い義務のある年金に関して、あまり関心がない人もいるので、申請をし忘れてしまうこともあるでしょう。

年金の支払いに関して督促状が届いたり、または督促状が届かなくても親のアドバイスによって気づくこともあるので、気づいた時にすぐに申請しに行くことが大切です。

もしも申請をし忘れてしまった場合は、後から申請をすることができます。

年金の支払いに関しても2年間は支払いを待ってもらえますが、学生免除に関しても2年間は申請が遅れても何とか間に合うことができます。

学業に専念していて年金の支払いを忘れていたとなれば、後から未納期間が発覚してまとめて払うことになるので、できるだけ早く申請することをおすすめします。

年金の学生免除の申請忘れは期限があるので注意する

年金の支払いに関しては、支払い期限があるのでしっかりと支払いをしておかなければなりません。

年金の額背免除の申請忘れに関しては、年金の支払いを後回しにしがちなので、申請自体を忘れてしまうこともあります。

もしも年金の支払い猶予の申請を忘れてしまっても、後から申請すれば間に合うので、余裕を持って申請することはできます。

余裕があるとどうしても後回しになってしまうので、結局は申請し忘れてしまうことになり、未納期間となってしまいます。

支払いの申請忘れに関しては、申請期限があるので早めに申請することは大切です。

申請し忘れに関しては2年間の猶予がありますが、卒業した段階で申請の猶予が切れてしまうので、卒業したと同時に未納期間ができてしまうので注意しなければなりません。

年金の支払いは毎月きっちりと払うことが大切なので、くれぐれも申請し忘れをしないように気をつけましょう。

申請は国民年金保険料学生納付特例申請書に記入する

年金の学生免除を申請する時は、国民年金保険料学生納付特例申請書に記入する必要があります。

入手するのが面倒だと思ってしまうと申請忘れをしてしまうので、20歳になったタイミングで早めに申請するようにしましょう。

入手方法は市役所や日本事務所に行って聞けば教えてくれるので、すぐに入手することができます。

また学校によっては申請書が置いてあることもあるので、学校関係者に聞いてみるのもいいかもしれません。

申請書を取りに行った段階ですぐに申請することができますが、必要な物もいくつかあるので忘れないようにしましょう。

申請書類はダウンロードすることもできるので、自宅でゆっくりと記入してから必要な物を持って申請しに行くことができます。

いずれにしても申請するのは1度だけで学生の間は猶予してもらえるので、しっかりと申請しておきましょう。

申請には必要書類と期間に注意する

学生免除は申請忘れのないように気をつけることが大切ですが、初めて市役所は年金事務所に行くのは緊張するでしょう。

社会人になってからも年金のことに関してはあまり関心がないので、知らない人も多いです。

自分がもらう高齢者にならないと関心を持たない人もいるため、分からないことは恥ずかしがらずに聞いても大丈夫です。

年金の学生免除の申請には申請書類の他に、年金手帳に記載してある基礎年金番号、学生証が必要となります。

年金手帳と学生書を持って市役所の年金担当窓口に行けば、申請の仕方から全て教えてもらえます。

申請した後は実際に支払いが猶予されるという証明書が送られてくるので、それまで3ヶ月ほど待つことになります。

その間に支払い所が送られてくることもありますが、無視をしていても大丈夫なので、支払い免除申請を待ちましょう。

 - 生活・ライフハック