話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

2017.11.10

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の辺りが熱いと感じることがあれば、胃に相当な負担が掛かっている可能性が高いです。

胃が痛いと胸焼けや吐き気などを引き起こすこともありますが、食べ物による胃への負担だけではありません。

そこで胃の痛みや熱い症状を感じた時に原因と対処法について紹介したいと思います。


胃が痛い時に熱いと感じたら暴飲暴食が原因の可能性あり

胃が急に痛いと感じることはたまにありますが、大抵は変な食べ物を食べてしまったことでお腹を壊してしまった時が多いです。

しかし胃が痛いと感じた時に同時に熱いと感じるのは、胃熱で暴飲暴食が原因の可能性もあります。

普段から暴飲暴食を繰り返していると、常に胃の中に食べ物が入っているので胃が休みなく働くことになります。

食べ物を消化するのは数時間は掛かるので、たとえ寝ている間でも胃は働き続けて消化をしています。

そのため朝から晩まで暴飲暴食を繰り返していることによって、胃の働きが弱まってしまいます。

胃の働きが弱まっても消化をしなければいけないので、胃酸が大量に分泌されたり、胃の内側の粘膜がダメージを受けることによって、熱いと感じるようになります。

また胃に負担の多い食べ物ばかりを食べてしまうことでも、胃への負担が大きくなってしまうので、暴飲暴食を繰り返している時は注意しなければなりません。

胃が痛いのは胃が働き過ぎているので熱いと感じることもある

胃の働き過ぎによって胃に痛みを感じたり、熱いと感じるようになるので、意を休めてあげることが大切です。

胃の痛みはすぐに体調が悪いと感じることができますが、大抵は変な食べ物を食べたと思ってしまいます。

それ以上は食べ物を食べることもしないで安静にしますが、胃に入っている食べ物を消化しなければ休むことはできません。

胃に負担の多い食べ物を食べると痛みを感じることもありますが、塩分の濃い物や冷たい食べ物などは体への負担が大きいです。

また暴飲暴食を繰り返している時に胃が炎症を起こすこともあるので、急性胃炎になる可能性も高いです。

胃酸がたくさん出ている状態なので、吐き気や胃痛を感じることによって胃が熱いと感じるようになります。

胃の痛みは胃に相当な負担が掛かっていると思えばいいので、少し食べるのを控えて胃を休めるしかありません。

胃が熱いと感じた時は胃酸が多く出ていて痛いと感じる

吐き気を感じた時に喉に熱い違和感を感じますが、胃酸が逆流したことによって喉が違和感を感じているのです。

胃が痛いと感じた時の熱い感じも、胃酸の影響が大きいといえます。

本来であれば胃酸は胃から分泌されているので、胃の中では厚さを感じることはありません。

食物を消化するために胃の壁によって守られているので、胃酸によるダメージがないからです。

しかし暴飲暴食、ストレス、飲酒、喫煙など様々な症状によって胃がダメージを受けると、胃の壁が炎症を起こすことで胃酸の影響を受けてしまいます。

喉が胃酸によって熱いと感じるのと同じように、胃も違和感を感じて熱いと感じます、胃は常に胃酸を分泌しているので痛みはずっと続きます。

胃酸は強力な酸なので、体内で重大なダメージを与えてしまうので、すぐにでも治療が必要となるので、違和感を感じたら我慢せずに診察を受けましょう。

対処法は暴飲暴食をやめて胃を休める

胃が痛いと感じた時はとにかく胃を休めることが大切なので、暴食を繰り返しているのであれば食べるのをやめましょう。

胃の熱い感じは胃が荒れている証拠なので、胃を休めることが大切です。

もしも食べ物を食べてしまうとさらに胃酸が分泌されてしまうので、炎症を起こした部分が胃酸の影響を受けてしまいます。

最悪なケースでは胃に穴が空くほどの影響があるので、胃酸はそれほど強い酸性なのです。

胃が痛いと感じた時は食べるのを控えるしかありませんが、その後も食事内容をしっかりと考えておく必要があります。

暴飲暴食はもちろんですが、体に負担の大きい食べ物は控えるようにしましょう。

特に夏場であればアイスや冷たい飲み物ばかりを摂取すると、胃への負担が大きくなってしまうので、胃痛の原因となります。

胃に違和感を感じたらとにかく胃を休めて診察を受けることが大切です。

ストレスをなくして生活習慣を見直す

生活習慣によっては胃に負担が大きくなる食事をしてしまいますが、胃が痛いと感じた時は食事内容を考えるきっかけにしましょう。

自分では暴飲暴食をしていないつもりでも、体には負担が大きいことは胃が証明しています。

胃が熱いと感じるのは胃酸の影響が大きいので、胃酸が過剰に分泌されている可能性があります。

胃の弱まっているか、常に胃が働き続けていることによって、胃への負担が大きく胃酸をたくさん出そうとしているかです。

このままずっと胃酸が過剰に分泌されると、胃壁にも影響が出てしまうので、炎症を起こして胃が熱いと感じるようになります。

胃への負担は食べ物だけではなく、ストレスや飲酒なども影響しています。

特に体はストレスによる悪影響はどこに出るか分からないので、生活習慣を見直してストレスのない健康生活を送ることは、胃への負担を減らすことにも繋がります。

 - 健康・病気