最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

   

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが、1回目に刺された時は患部が腫れないので大丈夫だと思ってしまいがちです。

しかし蜂には毒性があるので、幹部が腫れなくても体内に毒が入り込んでいるため、しっかりと治療を受けることが大切です。

そこで蜂に刺された時に患部が腫れない理由とその後のケアについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク



蜂に刺された時に腫れない理由は毒だと認識していないから

蜂に刺された時は自分でも痛みを感じるので、患部が腫れてしまうことを想像しますが、実際には初めて刺された時に患部が腫れないので安心してしまうでしょう。

蜂に刺された時に1回目は患部は腫れないのが一般的で、理由としては蜂の毒を脳が毒だと認識していないからです。

人間は自分の体を守るために免疫機能がありますが、体内に毒が入ってくれば、脳からの指令によって毒を体外に排出しようとします。

毒だと認識していないことから、患部から毒が入っても白血球などは無視しているので、反応しないままとなってしまいます。

そのため蜂に刺された時に患部が腫れないからと言って安心かといえば、逆に心配になるといえます。

毒が体内に侵入しているのに体が反応しないことで、毒が体内に回ってしまうことの方が怖いです。

蜂に刺された時は患部が腫れないから放置するのではなく、しっかりと治療をしてもらいましょう。

蜂に刺された時に腫れないからといって油断しない

初めて蜂に刺された時に患部が腫れないのは一般的な症状で、体内に毒が入り込んでいることを認識していないことが要因となります。

しかし蜂は1匹だけとは限らないですし、その場から逃げても次に刺されてしまう可能性もあります。

始めは脳が蜂の毒を認識することができなくても、体内に毒が入り込むことで学習し、次の同じ症状が出れば毒だとしっかり認識してくれます。

1回目に蜂に刺された時に体内では免疫力ができていますが、逆に2回目以降に刺された時には過剰反応してしまうこともあるので注意が必要です。

毒が体内に入り込んでいるので、過剰反応するのは理解できますが、あまり過剰反応すると逆に体にも悪影響を与えることになります。

免疫があるからといっても蜂には毒があるので、毒を体内に入れないことが大切なので、1度蜂に刺されたら刺されないように注意しましょう。

蜂に刺されたのに腫れないのは初めだけなので2回目以降に注意

蜂に刺されても患部が腫れないのであれば、自己判断で大丈夫だと思ってしまうでしょう。

しかし2回目以降に蜂に刺された時には、自分が思っているよりもかなり酷く腫れることもあるので注意が必要です。

2回目に蜂に刺された時には、前回の蜂の毒を記憶しているので、しっかりと体が毒だと判断します。

すると毒をすぐに排除するために炎症反応を起こし、患部が腫れてきます。

蜂の毒は微量で弱くても、毒が体内に入ってきたことによって強く反応することで、2回目以降は患部が腫れるようになるのです。

1度蜂に刺された時に患部が腫れなかったので安心していても、2回目以降に思っている以上に腫れると焦ってしまうでしょう。

本来ならば1回目でもそれだけの蜂の毒が体内に入っているので、早めにケアをすることが大切なのです。

蜂に刺された時はすぐに毒を抜くか、病院で診察を受けることが大切です。

2回目以降は逆に大きく腫れてしまうので注意する

蜂の毒を軽視していると、2回目以降に刺された時にかなり酷く腫れることになるので注意しましょう。

蜂に刺された時に腫れないのは決して良いことではなく、初めての時は毒だと認識していないので腫れないことが多いです。

しかし2回目以降は脳がしっかりと毒だと判断しているので、しっかりと排除しようとします。

そのため2回目以降は患部が腫れてしまうので、すぐに病院に行って診察を受けようと思うでしょう。

また3回目になると2回目よりもさらに腫れが酷くなるケースが多く、体の免疫機能が過剰に反応してしまうからです。

3回目になって腫れが一段と酷くなると、本人でもびっくりしてパニックになってしまうこともあります。

腫れの大きさが毒の強さとは限らないので、冷静になって病院に行って適切な治療を受ければ大丈夫です。

蜂によって毒性も違いますが、刺される回数によっても反応が違うことを理解しておきましょう。

蜂に刺された後は体の過剰反応に注意する

蜂の毒は微量でも体内に入れば毒だと認識するので、体が毒素を排出しようと反応します。

蜂の種類によっても毒の強さは違いますが、毒素が弱い蜂の場合には初めて刺された時は患部も腫れないことが多いです。

患部の腫れに関しては毒素が弱ければ、毒だと認識せずにそのまま腫れないこともあります。

もちろん毒素の強い蜂の場合には激しい痛みを伴うので、すぐにでも病院に行って診察を受けなければなりません。

本来ならば毒素の弱い蜂でも刺されたら診察を受けた方がいいのですが、多くの人は放置しておくでしょう。

2回目以降は蜂に刺されることで体の防衛機能が反応し、患部が腫れるので心配になります。

3回目、4回目ともなると人によっては想像以上に腫れることもあるので、早めに病院に行って治療を受けましょう。

体の免疫機能の影響による反応によって腫れ方も変わりますが、蜂に刺されたショックで意識を失ってしまうこともあるので、刺されないように気をつけましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ