話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

2017.11.17

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な軽自動車を使用することが多いですよね。

そんな使い勝手の良い軽自動車も、売買や譲渡を行った時にはきちんと名義変更をすることが必要となります。

面倒な名義変更はなるべく早めに済ませてしまいたいものです。
そこで今回は、法人から個人への名義変更の仕方をまとめました。


軽自動車の名義変更!法人から個人に変更する為に必要なもの

まずは名義変更に必要な書類や道具を揃えましょう。

個人の売買や譲渡ではなく、法人から個人への名義変更の場合は、旧所有者である法人代表の捺印が必要となります。

その他に車検証、自動車検査証記入申請書、自動車所得税申告書、県外ナンバーからの管轄変更には軽自動車変更申請書もプラスで必要となります。

実際に手続きの際に、会社の大事なゴム印を拝借して外に持ち出すことはなかなか難しいことが多く、インターネットで委任状を印刷し、捺印と署名だけをもらってから所定の手続きに向かうことが良いでしょう。

何度も車屋さんに足を運ぶ羽目にならないように、必要書類などはきちんと揃えて、電話などで確認をしてから向かうことをおすすめします。

個人同士の譲渡でも、名義変更は以外と面倒な作業であり、所得税証明書などが抜けていると役所に確認をとったりとなにかと面倒なことになり兼ねませんので、お気を付け下さい。

軽自動車の名義変更で法人から個人に変更する時に面倒なこと

必要書類は分かったが、難しい言葉が並んでいて自分ではよく分からないそんな時。

車のことにはそんなに詳しくない、会社の車で思い入れもないなんて時には、なるべく簡単に済ませたいものです。

まず、法人から個人への名義変更には、個人同士の売買や譲渡に比べて特別な手続きは特にありません。
全く同じ方法で名義変更することが出来ます。

特に軽自動車の場合は印鑑証明が必要ではなくなるので、印鑑さえ準備できれば大丈夫なのです。
公共料金の明細書などがあれば、それで法人の照明をすることが出来ます。

その為100円均一などで同じ名前の印鑑があればまず困ることはありません。

しかし珍しい名前や会社名である場合は、本人もしくは法人から拝借してこなくてはならないのが少し面倒ではありますが、それさえ確保できればスムーズに変更手続きが踏めるといったところになります。

あとは必要書類と車屋さんに出向く時間があれば、手続きが簡単に行えるということになります。

軽自動車の名義変更を法人から個人にする時の期限はいつまでなのか

基本的に自動車の登録変更や名義変更は、売買、譲渡から15日以内と定められています。
15日を経過しても変更が行われない場合には、違法となり50万円以下の罰金となります。

特に個人ではなく法人が絡むとなれば、なるべく早めに期日は守って名義変更を必ず行うようにしましょう。

以外と期日が短いということから、名義変更を行わずに車を使用している人も少なくはないようですが、車に乗る時には任意の保険や自賠責などの保険が大変重要となってきます。

もしものことが起こった時の為に、事故や怪我をした時に自分に降りかかってくるであろう災難を想像すると、手続きはきちんと行っておこうという気持ちになりますよね。

面倒な手続きではありますが、なるべく早めに15日以内という期日をきちんと守り、譲る側も受け取る側も協力をしあって名義変更を行うようにしましょう。

平成28年度からの軽自動車の税金引き上げ率とは

軽自動車を法人名義から譲り受けて個人名義に変更をするにあたって、平成28年度から軽自動車の税金が高くなったことを知っておきましょう。

毎年4月に課税される軽自動車税ですが、普通の5人乗り車に比べてとても税率が低いのが嬉しい特徴でした。

そこまでの大幅な変化はないものの、20%ほど上乗せされるなど、乗っている車や家庭用、業務用に応じて課税率に変化はありますが、新規検査を対象に全ての軽自動車が対象となります。

これは、環境に対する負荷を軽減させることが目的となり、グリーン化を進める動きの一環となっております。

その為、電気自動車等の天然ガス使用者には低減した税率が課せられるといった、エコ化を意識した動きの為、新しく車の乗り換えなどをお考えの場合は慎重に見極めると良いでしょう。

その他税金が安くなる対象のエコカーはたくさんあります。
しっかりと購入前に下調べをすることをお勧めします。

普通車と軽自動車の維持費比較

税金が引き上げになるとは言っても、軽自動車と普通車では年間維持費を比較して一体どのくらい差が出るのでしょうか。

まずは自動車税、軽自動車が新税率で10,800円のところ普通車が39,500円。
次に重量税、軽自動車が3,300円、普通車は16,400円。
ガゾリン代は軽自動車が約90,000円、普通車は約120,000円。

その他車検代や駐車場代、保険料は様々な為同じ額としもろもろ計算を進めていくと結果が出ました。

年間維持費、軽自動車は約327,000円に比べて普通車は約392,000円という数字になったのです。

いかがでしょうか。
年間7万円の差が出るという結果にもったいなさを感じている人もいるのではないでしょうか。

これからどんどん環境に対する問題や、増税などで財布の紐は固くなる一方ですよね。
通勤に使用するのであれば、原付など維持費が破格に安い乗り物も検討してみてはいかがでしょうか。

 - 雑学