最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

   

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。

神経科や精神科、メンタルクリニックなどでなくても、レディースクリニックなどで自身の心の不安について相談したときにも処方されます。診察を受ければ、比較的手に入りやすいお薬と言えるでしょう。

この”デパス”には、依存性があるとされています。どのくらいの依存性があるのでしょうか。また、依存してしまったとき、どのようなやめ方ができるのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク



依存性があるといわれるデパス、どんな薬?やめ方は決まってる?

デパスは不安な気持ちを訴える患者さんに対し広く処方される抗不安薬・精神安定剤です。現在は「向精神薬」として定められています。

しかし、「うつ」が疑われる人だけに処方されるわけではありません。むしろ正確には、「抗うつ剤」には分類されません。

うつの症状にも共通しますが、例えば

  • 不安な気持ちに押しつぶされそうなとき
  • 何もやる気が出ない
  • 動悸が激しくなり治まらない
  • 夜、布団に入ると考え事をしてしまい、眠れない

こんなときにも用いられます。また、筋肉の緊張を緩和してくれる働きもあります。

筆者も、職場で責任者と言う立場にあるとき、プレッシャーやストレスなどで眠れないことがありました。それを主治医に相談したところ、このデパスとマイスリー(睡眠導入薬)をセットで処方してもらいました。

必要なときに服用するよう指示されましたが、もちろん用量は決まっています。この用法・用量をきちんと守っていれば、自分のタイミングでいつでもやめることは出来ます。

しかし、使用方法を誤れば依存に陥ってしまうことがあります。どのくらいの依存性があるのでしょうか。

デパスの依存性はどのくらい?やめ方を探る為に知っておきたい薬の特徴

デパスは、「ベンゾジアゼピン系」に分類されます。この種の薬には依存性が認められており、もちろんデパスも例外ではありません。しかし、飲んだからといって必ず依存するかと言えばそうではありません。

とはいえ、デパスの依存性はベンゾジアゼピン系の薬の中でも〈高め〉とされています。何故でしょうか。

依存性が高くなる原因として、その薬にどんな特徴があるかが関係してきます。

まず、デパスは効き目が早く、効果も実感しやすいお薬です。実感できると、『頼りになる』という気持ちが生まれるので依存が強まります。他には、効き目が約6時間と短めであることも関係します。効き目が切れたことを実感すると、「また不安になることが不安」なので飲みたくなるのです。

服薬期間が長くなればなるほど、依存性も高まります。また、指示された用量を超えて服薬することもちろん適切ではありません。

これらの特徴を頭に入れて置くだけでも、依存の予防になるのではないでしょうか。

デパスに依存してしまったときのやめ方

いつまでも薬に頼った生活をしていくのは、決して健全とは言えませんね。その薬がなければ命が危ぶまれる、というのであれば適切な使用方法で付き合っていくべきで、依存することは決して良いことではありません。

それでも、「不安な毎日に押しつぶされそうで依存してしまった、これではよくないことはわかっているのでやめたい・・」そう思う場合、どんな方法があるでしょうか。

そのためには、先の項目でご紹介した『薬(デパス)の特徴』についておさらいしてみましょう。これらがクリアできることで、少しずつ、デパスを卒業していけるかもしれません。

まず、デパスは効き目が強いが時間が短いという特徴がありました。これをクリアするには、〈効き目がより弱く、効く時間が長いものにシフトする〉という選択が出来ます。一人ひとりの症状に合わせて代替できる薬は違いますので、主治医にこの旨を相談されると良いでしょう。

また、「飲まないと不安になり〈そう〉だから」「習慣だから」といった、漠然とした飲み方をやめることをオススメします。

「今本当に必要なのか」、「いつも普通に1錠服薬しているが、半分に割った量でもいいのではないか」と、〈頭で飲む〉ことを心がけてみましょう。実際に量を自分で調整するのはよくないのですが、そのような『依存に対する不安』も含めて医師に伝えましょう。

不安の種を増やしていかないのがコツ

デパスを飲み始めたきっかけがあったはずなのに、デパスによって別の不安が重なっていってしまっては元も子もありませんね。

例えば、

  • もうデパスなしではまともに暮らせないのではないかと思い辞められない
  • 不安になることが不安だから、予防的にデパスを飲んでしまう
  • 依存が怖くて勝手に服用を中止したら、不安感が倍増。デパスも倍飲んでしまった・・!

など。

これらの不安も含めて、医師に打ち明けることは大切です。デパスは現在「向精神薬」に指定されており、1度の診察につき30日間分のみ処方されます。その分相談する機会が増えるので、その実安心なのです。

デパスは処方箋薬ですので、自分で手に入れることはできません。しかし、もしデパスが切れて不安に押しつぶされそうなときは、自分で入手できる薬にシフトすることも出来ます。例えば「グランダキシン」という抗不安薬は、デパスと同じベンゾジアゼピン系ですが、デパスに比べ効き目が緩やかで依存性も下がるので、安全性が高いと言えます。このお薬は通販でも手に入れることが出来ます。

『やめよう』と思ったときが第一歩!焦らずマイペースで

デパスにせよ他の薬にせよ、1錠飲んだからといって〈症状が治る〉わけではありませんよね。効き目が持続している間だけの付き合いです。

それなら効き目が切れてしまえば、また1錠、と飲み続けてしまうのは当然のこと。そこで「また飲んでしまった」と自分を責めたりせず、「自分には必要だったんだ」という肯定の気持ちも持つようにしましょう。そして、「やめたいな」と思ったその気持ちが第一歩である、ということを忘れないでください。

例えば、他の抗不安薬に頼る以外にも「漢方で代用してみる」「サプリで代用してみる」という手もあります。

不安で眠れないとき、あなたの体には「セロトニン」が不足しているのかもしれません。セロトニンを増やすサプリを検討するのは、減薬・断薬への更なる一歩になるかもしれません。

また、漢方ならツムラ12番が代用できます。『柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)』という漢方で、筆者も、デパスを処方してくれたクリニックで頂いたことがあります。「漢方なんて、飲み続けてやっと体質が改善されるのでは?即効性が無いんじゃ不安だ・・」と思っていましたが、服用してみると、意外にすぐ効いてきた感覚がありましたよ。

兎にも角にも、医師があなたに「必要だ」と判断して処方したデパスであれば、無理にやめるのも逆効果になりかねません。気持ちに負担が掛かりすぎないよう、一進一退しながらゆっくり前進してみましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ