話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

2017.9.12

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思っている人は少なくないと思います。

でも、あえて子供を作らない事を選択する夫婦が増えているようです。
昔であれば、跡継ぎや孫の顔が早く見たいなどと周りから言われ、結婚=夫婦=子供というのが当たり前の時代でした。

しかし、それは昔の話しであり、今では子供を作らない事を選択する夫婦はめずらしくありません。

何故子供を作らないのか、作らないという選択をした理由はちゃんとあるんです。
子供がいないから、仲が悪いのではありません。いなくても、楽しいし幸せなんです。

子供を作らない理由を見たら、そういう選択もあるかもと思ってもらえるのではないでしょうか。

夫婦で子供を作らないとを選択したタイミングは色々です!

結婚し夫婦となるときから子供は作らないと決めていた夫婦と、子供は欲しいけどなかなか授からないので不妊治療を経験してから決めた夫婦と色々あると思います。
最初から決めていた夫婦も、二人で話して合意したからこそ結婚して夫婦となったのだと思います。

不妊治療を経験した夫婦は、結婚した当初は子供が早く欲しいと思っていたからこそ、不妊治療に踏み切ったのではないでしょうか。
しかし、不妊治療を経験し、辛い選択となりましたが子供を諦め作らないと決めたのではとないかと思います。

周りからしてみたら、結婚して夫婦になったのにまだ子供は出来ないのなどと言ってしまったりすることがあるかもしれません。
でも、それは最初から作らないと決めていたのかもしれないし、もしかしたら、不妊治療の結果作らないと選択したのかもしれません。

いずれにせよ、夫婦二人で子供を作らないと選択したのですから、周りから色々と聞いたり言ったりするときに気を付けなければいけないと思います。
今でも子供は作るのが当たり前と思っている風潮はありますが、必ずしも作らないといけないという考えは時代とともに変化しているのではないでしょうか。

子供を作らない夫婦が増えているのには晩婚化が背景にある!

ここ近年、女性が仕事をバリバリして社会進出しているのは当然のようになっています。
それに伴い、結婚年齢も30代から40代と晩婚化傾向にあります。
そのため、子供を作らないという選択をする夫婦が増えているようです。

晩婚化であることから、子供を作り出産するとなると30代後半になってしまったりすると思います。
そうなると、遺伝子異常の子供が産まれるリスクや、妊娠中も妊娠中毒などの発症リスクが高くなります。

また、出産も35才以上で初産は、高齢出産となるため、出産時のリスクも高くなります。
全てにおいてリスクを背負うことがわかっているなら、夫婦で話し合い子供を作らないという選択をするのではないでしょうか。

また、仕事に関しても同じです。
近年、女性の社会進出が目覚ましいということは、晩婚化であれば結婚までバリバリと仕事をこなしていてある程度の地位を築いているのではないでしょうか。

そうなると、子供を作るということは妊娠中や出産後に今までと同じように仕事をしていくのは大変だと思いま す。

そんな、晩婚化と仕事という背景があり、敢えて子供を作らないと選択する夫婦が増えていると思います。

金銭的な不安があるから子供を作らない夫婦もいます!

仕事をしていても正社員ではなく、派遣社員だったりすると、結婚して夫婦二人だけなら生活していくのに不足はありませんが、子供が増えるとお金がかかってしまい生活苦になってしまうのではと考える人もいるでしょう。

近年、正社員で雇用されるのより、派遣社員で雇用されている人が多いように感じます。
大学を出て就活がうまくいかず、とりあえず派遣社員で働きながら正社員での就活をしていてもまた上手くいかない。

結婚し夫婦になったが、二人で生活していくのが精一杯でこれ以上出費が増えたら生活が苦しくなってしまう。
子供は欲しいけど今作ったとしても充分に育てられないから、子供を作らないと選択する夫婦もいると思います。

せっかく授かったのだから、子供には必要以上の我慢などはさせたくないと思うのは当たり前だと思います。
やはり、子供が1人増えるということは想像よりもかなりの出費がありますし、学費にしてもそうです。
今の生活水準を変えたくないと思っているのなら、やむを得ず選択をしたのかもしれません。

いずれにせよ、先々の事を考えて、子供を作らないという選択をする夫婦もいるということを知っておいてください。

子供がいるのといないのでは幸福感は違うのでしょうか!

子供がいるから幸せ、子供がいないから不幸せなどと幸福感は決められるものではありません。

子供がいるから幸せと思うのは、考えが今までの風潮だからではないでしょうか。
あなたの周りにも結婚しているのに子供がいない人がいると思います。
だからといって、不幸せに見える人はいないのではないでしょうか。
子供がいる人が幸せかと言えば、そうでもなかったりするかもしれません。

周りから見るだけでは、その人たちが幸せか不幸せかなどはわかりません。
人によって、幸せの感じかた違うと思います。

子供を作らないと選択した夫婦でもペットを飼って暮らしていたり、夫婦二人の時間を大事にし旅行に行ったりお互いに趣味を楽しんでいるのではないでしょうか。

幸せか不幸せなのかは周りが決めるものではなく、その夫婦が幸せだと感じているのであればそれでよいと思います。
子供がいるかいないかで幸福感が得られるのではなく、その夫婦が今の生活に満足し、幸せだと感じていることが大切ではないでしょうか。

子供を作らない選択をしたのには夫婦により色々な理由がある!

子供を作らないことを選択したと言ってしまえば、そうなんだと済んでしまいます。
しかし、その言葉の中には、その夫婦しかわからない理由があるのではないでしょうか。
もしかしたら、誰にも言えないような理由があるのかもしれません。
最初から作らないと決めていたのかもしれませんし、不妊治療をした結果の選択かもしれません。
元々子供が苦手なのでという方もいるかもしれないし、欲しいけど今はまだ収入に不安があるのでという、さまざまな理由があるのでしょう。

周りからしたら、結婚して夫婦になったんだから早く子供を作らないとと思っている方のほうが多いように感じます。
しかし、それは今までの風潮であるのです。

子供=幸せ、結婚=子供という考えはいまでも根強く残っていますが、子供を作るか作らないかは人生の中の選択肢の1つとして考える人が増えているように思います。
どのような人生をこれから過ごしていくかは、自分たちで決めることであり、周りから何か言われて決めるものでもありません。

自分たちで決めた人生です、きっと後悔はないと思います。
そして、何よりも幸せを感じているのだと思います。

 - 結婚・結婚生活