話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

2017.9.12

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとした時に暑くてなかなか眠れない。
もしくは寝ている途中で暑くて目覚めてしまう。
これは何かの病気のサインなのでしょうか?

目をつぶっても寝付くことが出来ず時間がだけが過ぎていくという経験、誰しも一度はあるのではないでしょうか。
寝る時に体が暑いといった症状の原因と改善策についてまとめました。


寝る時体が異常に暑い。その病気の可能性とは

まず始めに。眠りにつく時の体のメカニズムとはいったいどのようなものなのでしょうか。

人は眠くなると体が少し火照ったように暑くなる時がありますよね。
それは眠る時に体の体温を下げようとして、体外に熱を放出するからなのです。

そして眠っている時は脳や体は休息状態にありますので、体の芯部は体温が下がった状態にあるのが通常です。

しかしその熱が体に滞留し、異常に暑いままで眠れないといった症状や暑くて起きてしまうというといったことがあります。
これは自律神経の乱れや冷え症によって、上手く神経が睡眠スイッチに切り替わらず、脳が睡眠状態に入る準備ができていないという状態にあります。

そのためこの症状は決して病気ではありませんが、疲れやストレスによって自律神経の乱れによって体温調節機能が低下して起こっている可能性が高いようです。

病気では無いが何かのサイン?寝る時に暑い不眠症

自律神経の乱れは不眠症にも繋がる恐れがあり、異変を感じたらすぐ改善策を取りましょう。

脳の興奮状態によって、眠る時の神経の交換スイッチが上手く働いていないことによる症状となります。
これは眠る直前までスマホをいじっていたり、仕事のことが頭から離れずリラックスできていない為、無意識に興奮状態になってしまっていることが原因です。

眠りたいのに眠れない。
そう考え始めると余計に眠れなくなってしまった経験が誰しもあるのではないでしょうか。

そんな時はゆっくり深呼吸をしてみましょう。

不安や緊張状態にある時、人は無意識に呼吸が荒くなったり浅くなったりしています。
なので意識的にゆっくり深く呼吸をしながらストレッチや軽く体を伸ばすことで、リラックス状態を作り出すことが出来ます。

寝付けが悪い人は、夜布団に入る前の習慣にしてみてください。

寝る時暑いのは病気ではなくストレスが原因である

自律神経の乱れとは、具体的にどのような事なのでしょうか。

自律神経とは、朝から日中にかけて活発な時間帯に活動する交感神経と、夜に活動する副交感神経があります。
それぞれのバランスが崩れてしまい循環器、消化器、呼吸器などの活動に不調が現れる事を自律神経の乱れと呼びます。

不規則な生活や、極度の緊張、ストレスによって働きが乱れることで夜眠る前に、交感神経から副交感神経にうまく切り替えることができない為、体が暑くて寝付けないという状態になってしまうのです。

日常の疲れやストレスだけでなく、運動不足や昼夜逆転の生活なども原因となる可能性があります。

体の血の巡りが悪くなり頭痛、便秘や下痢になったり、生理不順にも繋がります。

体の不調を感じたら早期に、簡単に出来るセルフチェックなどをしてみることをおすすめします。

夜眠れないと感じた時にオススメの方法

ベッドに入ってもなかなか眠ることが出来ず、時間だけが過ぎていく。
そんな時に眠りにつく秘訣は、呼吸にあります。

ヨガの応用で編み出された呼吸法で、4-7-8呼吸法というものがあります。
4秒かけて息を吸い、7秒そのまま息を止める、そして8秒かけて息を吐きます。

これを3回行う、1分で出来る眠くなる呼吸法として有名人も多く行っている睡眠導入法のようです。

リラックス効果のあるBGMなどを聞こえるか聞こえないかくらいで流しながら行うと、より効果的ですよ。

お風呂に入るのは寝る2時間前ほどまでに済ませ、その後は眠る準備をしホットミルクなどで体をリラックスさせながらスマホやテレビでは無く、活字の本を読むなど、眠る為に準備をすることでより良い睡眠状態に繋げましょう。

睡眠は人が生きていく上で、最も大切な行動です。
良い眠りで1日の疲れをしっかり取りましょう。

1日が変わる、睡眠が大切である理由とは

理想的な睡眠時間は、平均7〜8時間と言われています。

睡眠の質を良くするには、眠る前のカフェインやアルコールを控えることであったり食事の時間にも気を使うことが必要です。

寝不足が続くことによって、心身ともに不調が出ます。
物忘れがひどくなったり注意力が散漫になることや、疲れが取れず1日中眠気が襲ってくることに加えて、夜中に甘いものが食べたくなって太りやすい体になってしまいます。

イライラし怒りっぽい性格になったと感じたり、精神的に不安定な状態になってしまうこともあります。

人間が生きていく上で、心と体を支える土台となるのは食事の前にまず睡眠です。
睡眠をしっかり良い状態で取ることが、他の欲求を生み出し生きる活力となります。

睡眠不足はうつ病や自律神経の乱れであったり、心の状態に悪影響を与えます。

気持ちの良い朝の目覚めに向けて、眠る準備忘れずに行いましょう。

 - 健康・病気