最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

実は優秀なおつまみだったナッツ。カロリーや脂質は大丈夫?

      2017/03/04

実は優秀なおつまみだったナッツ。カロリーや脂質は大丈夫?

年末になり、お酒を飲む機会が増えてきました。

体調と同じく気をつけたいのがカロリーですね。

ついつい高カロリーだからと避けがちだったナッツが、実は優秀なおつまみだということがわかってきています。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


そもそもナッツとは

ナッツとは、難しい言い方をすると種実類(しゅじつるい)のこと。

種実類とは、かたい皮や殻に包まれた食用の果実や種子のことを言い、ナッツはこのうちの「木の実」のことを一般的に言います。

そのままや、あるいは炒るなどの簡単な加工で食べられるので、ナッツの多くは種皮や殻を取り除いて乾燥させただけものに、塩や砂糖、油脂を使って調味加工されたものが多いです。

もちろん、乾燥させただけのシンプルなナッツもあります。

お菓子やおつまみとして食べられるほか、チョコレートやケーキなど、お菓子の材料として、またはサラダのトッピングとしても食べられることも多いです。

特に脂肪を多く含んでいるヒマワリやココナッツ、ピーナッツといったナッツは、植物油の原料になることもあります。

脂肪を含んでいるものとは別に、炭水化物を多く含んでいるアーモンドやくるみといったナッツは先述のように、お菓子やおつまみとして食べられることが多いです。

栄養価が注目されているナッツ

ナッツは古来より人間に利用され、食されています。

というのも、ナッツは人類が誕生した頃からあることが分かっており、古くから食べられてきたと言われているのです。

アーモンド、くるみ、ヒマワリなど種類も豊富で、世界中で今も親しまれています。

日本も例外ではなく、多くのナッツが食べられていますが、先ほど書いたように炭水化物や脂肪が豊富で高カロリーなのも事実です。

「太ってしまいそう」「ニキビができてしまうのでは?」というイメージをもたれやすいため、食べるのを避けている人もいるかもしれません。

しかし、そうではないのです。

ナッツが持つ脂肪分こそが、健康や美容にとって非常に有用であるということが近年の研究でわかってきています。

そのほかにも、身体に必要不可欠な栄養素がたっぷり含まれていて、研究によって色々な働きがあることが判明してきています。

このように、近年はナッツに含まれている栄養価が注目を浴びているのです。

量さえ加減すれば大変優秀

ナッツは炭水化物や脂質を多く含み、カロリーが高いのは周知の事実です。

しかし、その脂質が美容や健康にいいと聞いて、どちらを信じたらいいのか混乱してしまう方もいらっしゃるかと思います。

ナッツを食べるときには、その2つの点をしっかりと把握しておく必要があります。

ナッツが美容や健康にいい、すなわちダイエット等に適している理由は、含んでいる栄養にあります。

まず、必須アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

また、オレイン酸やリノール酸といった、これ打てロールを抑制する作用をする不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。

しかし、健康にいいからと摂りすぎツィ舞うと、今度はナッツが持つ高カロリーな点が問題になってしまいます。

健康になろうと思って食べたのに、逆に肥満の元となってしまっては本末転倒ですよね。

従って、美容や健康を目的としてナッツを食べる場合、一日に数粒と食べる分量を決めておくことが重要となります。

何故ナッツはお酒のおつまみにいいのか

アルコールを摂取すると肝機能が働くというのは皆さんも知っていますよね。

そこで、お酒を飲むときに肝機能を強くする成分の入ったおつまみを一緒に食べると、肝臓を保護しながらお酒を楽しめるようになるというわけです。

そんなおつまみにぴったりなのがナッツなんです。

ナッツのどんなところがよいのかを紹介します。

まず、ナッツにはビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEは、細胞を劣化させて老化や病気の原因になる過酸化脂質の生成を防ぐ効果があります。

また、過酸化脂質は生活習慣病やガンの原因であるとも言われているので、ビタミンEは積極的に摂りたい栄養のひとつです。

次に、ナッツは良質なタンパク質でもあるという点です。

タンパク質はアルコールの吸収を緩やかにし、悪酔いを防ぐ効果があります。

さらに、アミノ酸も豊富です。

アミノ酸には、アルコールの分解を促したり、アルコールで傷ついた胃粘膜の再生を早める効果があります。

また、ナッツの豊富な脂質にもアルコールの吸収を抑える働きがあります。

ナッツはお酒のお供に最適なおつまみだったのです。

ナッツの1日の摂取目安

身体の美容と健康、さらにはアルコールのお供にも良いナッツ。

そんなナッツですが、一日にどのくらい食べたら良いのでしょうか?

以下に代表的なナッツの摂取量の目安や栄養素を紹介します。

アーモンド

ビタミンEをはじめ、ミネラル類も豊富です。

食物繊維も豊富なので、便秘解消にも役立ちます。

また、その7割が善玉オレイン酸で、悪玉コレステロールを減らす効果があります。

22〜25粒(33グラム)ほどが目安です。

カシューナッツ

亜鉛や鉄といったミネラルが豊富に含まれています。

また鉄分も多く、女性におすすめのナッツです。

6割ほどがオレイン酸で、悪玉コレステロールを減らす効果があります。

22〜24粒(36グラム)が目安です。

クルミ

αリノレン酸が多く含まれており、血管を柔らかくしたり動脈硬化の予防ができるなど、生活習慣病に対して効果的です。

10〜15粒(30グラム)が目安です。

ピスタチオ

食物繊維とカリウムが豊富に含まれています。

カリウムには、体内の余分な塩分や水分を排出する効果があるため、高血圧の予防やむくみに効果があります。

47〜55粒(33グラム)が目安です。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ