最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

黒糖&生姜で体を温めよう!相性抜群の組み合わせで効果アップ

      2017/02/28

黒糖&生姜で体を温めよう!相性抜群の組み合わせで効果アップ

生姜には体にいい効能がたくさんあることが知られていますが、その中でも特にこの季節に有り難いのは体を温める効果です。
この生姜の効果を何倍にも引き出すには、黒糖と一緒に摂取するといいそうです。
今回は黒糖、生姜の利点やレシピ、摂取する時の注意点等をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

スポンサーリンク


黒糖と生姜、それぞれの効能とは?

黒糖と生姜の栄養などについて紹介したいと思います。

黒糖の栄養

・ミネラル … 歯や骨を強化し、骨粗鬆症を防ぐ作用がある、カルシウム・リン・マグネシウムがたくさん入っています。

血圧を下降したり、むくみを和らげたりするカリウム、亜鉛も入っています。

カリウムは上白糖より約550倍も入っています。

他に、鉄分・銅も入っています。

・ビタミン(B1・B2・B6) … 疲労回復や皮膚、粘膜を守る作用があります。

・フェニルグルコシド … 糖分の吸収を和らげたり、体に必要ない糖分を腸から出したり、血糖値の上昇を和らげる作用があります。

・ラフィノース … ビフィズス菌を増量させ、腸内環境を調整する作用があり、便秘解消の手助けもします。

・オフタコサノール … 疲労回復や悪玉コレステロールや中性脂肪の吸収を和らげる作用があり、肥満など気になる方に適しています。

生姜の栄養など
生姜はショウガ科の多年草で、食材以外に生薬として日本でも昔から使用されていました。

・ジンゲロール … 免疫力を上昇させる他、殺菌作用、吐き気や痛みを抑える作用があります。

・ショウガオール … 体を温め、血行を促進する作用があります。

・ジンゲロン … 代謝を高め、脂肪を分解します。

生姜の基本的な効き目として、冷え性を和らげる、免疫力の上昇、風邪の引き初めの症状を和らげる、むくみを防ぐ、などこの他にも色々、効き目はあります。

生姜は1日10g位を目安に摂取すると良いと言われています。

黒糖と生姜は友達

黒糖と生姜は相性が良く、互いの長所を高めあってくれます。

それぞれを摂取するよりも、一緒に摂取した方が効き目は何倍にもなります。

例えば、紅茶に生姜を入れ甘みとしてハチミツか黒糖を入れて飲むと、生姜の効き目は上昇しています。

ですが、入れるほどに効き目が上昇するというわけではないので、気を付けてください。

適量は1日10g位です。

生姜と黒糖の効き目は、ほとんど違っていますが、1つだけ同じなのは“ダイエット効果”です。

なので、紅茶などに入れて飲むと効き目は数倍にも上昇し代謝も高まり、ダイエット効果も上昇しますので、チャレンジしてみてください。

生姜は昔から使用されていて、薬が生まれる前からも使用されています。

生姜が色々なものに混ぜられて使用されるのは、生姜は色々なものと混ぜると、効き目がとても上昇するからです。

生姜と色々なものを混ぜたものを中国では“漢方”と呼ばれ、冷え性の改善や風邪の薬として使用されてきました。

誰でもすぐに使用できる黒糖生姜も現代版の漢方と言えるかもしれません。

殺菌効果には生の生姜、冷え対策には乾燥生姜を

生の生姜と乾燥生姜のおすすめポイントです。

生の生姜

1番手軽に摂取できるのが生の生姜です。

スーパーに行けばチューブなどに入っているものが売られているので、簡単にすぐに使用できます。

生の生姜は薬味として使用されることが多数で、そんなにたくさんの量は摂取できません。

近頃では、紅茶に入れて飲む人も増えているそうです。

生の生姜の長所は、ジンゲロールという成分が含まれているところです。

このジンゲロールは殺菌作用に長けていて、
生ものを食べる時に殺菌すると共に、生臭さも消してくれる作用があります。

そのうえ、体がポカポカと温かくなることがあります。

なぜかというと、ジンゲロールが血中に侵入し血液中を巡ることにより、
体がポカポカとしてくるそうです。

ですが、これは体の表面が温かくなっているだけで、
体の芯から温かくなっているわけではないようです。

乾燥生姜

乾燥して、パリッとしている生姜が乾燥生姜です。

乾燥生姜を販売しているお店は少なく、たまに粉末状の生姜を売っているお店はあります。

乾燥生姜の長所は、ショウガオールとジンゲロールという成分が含まれているところです。

冷え性を予防するために生姜を摂取している人には、乾燥生姜が1番適しています。

ショウガオールは胃腸を刺激して体を温めるそうです。

なので、生姜紅茶に乾燥生姜を入れて飲むと体の芯からポカポカします。

あとは、就寝前に牛乳にハチミツと乾燥生姜を入れて温めて飲むと、
体がポカポカしてきて、ぐっすり眠れるでしょう。

自分で作れる乾燥生姜

中々、お店で売っていない乾燥生姜なので、自分で作ってみてはいかがでしょうか。

割と簡単なのでおすすめです。

(作り方)
1.生姜を洗います。

洗っても汚れている部分はそこだけ包丁で切り取ります。

気にしなければ、切り取らなくても大丈夫です。

皮の付近に成分が多いので、皮はできるだけ少なくむきましょう。

2.スライサーや包丁などで薄くスライスしていきます。

厚さは1mm前後位を目安にしましょう。

3.ザルや大きい容器などに、生姜を並べてください。

この時、生姜同士がくっつかないように並べましょう。

ザルや大きい容器などの下にはキッチンペーパーを引いておいてください。

4.カラカラになるまで日干ししましょう。

ですが、雨の日は外に置かず部屋に置いてください。

手でも砕けるくらいになるまで乾燥させます。

約1日から1週間かかります。

5.乾燥したら、フードプロセッサー、ミキサー、すり鉢などを使用し、
粉末状にしてください。

6.完成した粉末は密閉容器に入れて、冷暗所に保存しましょう。

おすすめレシピ:黒糖ジンジャーシロップ

黒糖と生姜を使用したおすすめのレシピ(黒糖ジンジャーシロップ)を紹介したいと思います。

ぜひ、作って飲んでみてください。

黒糖と生姜の効き目が何倍にもなっていて、体にもきっと良いはずです。

材料(完成の目安は約340ml)

生姜…300g  黒糖…300g  水…180ml  唐辛子1〜2本
※お好きなようでしたら、シナモン、クローブ、カルダモン等のスパイスを入れても
美味しくなります。

※砂糖をキビ砂糖やグラニュー糖に変えると、軽めの味わいになります。

作り方

1.生姜をしっかりと洗います。

皮の汚れが気になる場合は、その部分を包丁で切落してください。

そして、皮までまるごと千切りにします。

2.鍋に、生姜・黒糖・水・唐辛子(種は取り除いておいてください)を入れて
火を付けます。

3.沸騰したら、鍋の中がフツフツするような弱火にして、20分くらいそのまま煮ましょう。

4.20分経過したら、鍋の中身をザルでこして完成です。

完成したら、瓶などに入れて保存しましょう。

保存期間の目安は、冷蔵庫で1週間くらいです。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ