最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

アラフォーの結婚に妥協は必要?大人婚を考える

      2017/03/04

アラフォーの結婚に妥協は必要?大人婚を考える

アラフォー世代でする結婚・結婚式のことを大人婚というのだそうです。

この世代の女性が結婚を考えた時、条件に妥協は必要でしょうか?

今回はアラフォー世代の結婚についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

スポンサーリンク


成長した自分の結婚=大人婚

20代後半は、結婚する仕事を優先させるかの、どちらかを選択する時期かもしれません。

どちらも取る選択もあるでしょう。

しかし、どちらも取った場合は、形の上では結婚も仕事も手に入れている状態ですが、実際にはどちらかが優先になってきたはずです。

恋愛も人生も、人それぞれの速度があります。

人間として成長したり、女性として成長したりする過程で、誰もが通過する地点があります。

20代後半で恋人と別れたり、しばらくは仕事を選んだりした人のほとんどは、30代前半では結婚から遠ざかっていたと思います。

結婚したい気持ちがあってもなくても、恋愛をしていてもしていなくても、自分を成長させることに夢中になっていたのでしょう。

それが落ち着いた30代後半からは、再度結婚の契機がやってきます。

30代後半での結婚は、20代の結婚とは異なるものがあります。

30代後半での結婚は、成長した自分に合う、地に足のついた本物の幸せが感じられる、大人婚になります。

厳しい現実をしっかり踏まえること

アラフォーの婚活の現状について、知っていますか?

アラフォーとは、30代後半から40代前半の年齢の人たちのことです。

この年齢での婚活の現状は、実はとても難しいものになっています。

どうしてかというと、女性は男性と違って、妊娠・出産への問題があるからです。

ただのお付き合いをするなら、妊娠や出産のことを考える必要はありません。

しかし、結婚となると話は変わってきます。

男性は、女性が考えているよりも、ずっと女性の年齢を気にしているのです。

そして、男性が考えている女性の年齢のリミットは、ほとんどの場合が35歳なのです。

つまり、アラフォー世代が婚活をすることは、予想しているよりもかなり大変な状況だと言えるのです。

すなわち、アラフォーが婚活をするときには、それだけ真剣に婚活に取り組まなければいけないということなのです。

若い人たちとは違って、アラフォーの婚活の場合は、相手もかなり真剣に婚活に取り組んでいます。

妥協は確かに必要!

若いときのように、相手に高望みするのは無理です。

ある結婚相談所のデータでは、20歳では結婚相手に年収1000万を求めても良いけど、40歳ではお金を求めてはいけない、というデータもあります。

どんなに仕事ができても、結婚市場では重要視されません。

40代以上になれば、どれだけ妥協できるかがポイントになります。

相手に求めるスペックを下げて、婚活成功率をアップさせてくださいね。

中年からは、無職、派遣、キャリアウーマン、などの差をあまり感じません。

「お金」を愛する人は、本当の幸せを見つけることはできないでしょう。

ただ、求める条件のハードルを下げれば簡単に結婚できることもあります。

つまり、「普通の人でもいい」という男女のペアがになれば、結婚できるので、 妥協さえすれば40代でも結婚相手を見つけて家庭を築けます。

相手は50代でお金持ちかもしれないし、年下で収入も身長も低い不安定な人かもしれませんが、それでも結婚できます。

バツイチ子持ちなども選択肢に入れれば、お見合いの機会が増えるし、真面目で誠実な人とも知り合えるでしょう。

また、日本人は諦めて外国人に手を出してみるのもおすすめです。

日本は豊かな国なので外国人からは引く手あまたです。

大事なのは、最低限の条件の夫や妻でも、幸せを感じれることです。

無口、会話がつまらない、変な趣味がある、口うるさい、などの短所は些細な事です。

孤独よりはずっと良いです。

相手の短所が我慢できそうにないなら、相性重視で相手を選びましょう。

実際、両親に結婚を押されたカップルは、すぐデートをして結ばれるようです。

それは性格や価値観の一致にだけ、焦点を当てているからです。

相手にケチをつけていては、結婚はできないでしょう。

大人婚だからこその幸せがある

あなたは厳しい婚活市場で、辛い思いをしているかもしれません。

しかし、あなたは出会いに苦労する状況である反面、納得できる相手と結婚できることになれば、満足度の高い毎日を送ることができるのです。

どうしてかというと、結婚相談所などで出会う男性は、若さだけを追っているような男性ではないからです。

そして、子供を持つことに焦点を置いている男性ではなく、妻となる女性自身を見つめようとしている男性である可能性が、とても高いからです。

そのような男性が、あなたを選んで結婚するのなら、その男性は、若さというようなそのうち消えてしまうものや、子供というあなたの人格とは関係ないものに左右されることなく、あなたを受け入れているということなのです。

つまり、あなたは若い女性よりも、男性との出会いに苦労したり、辛い思いをすることがあるかもしれませんが、若い女性よりも、あなたの事を真摯に愛してくれる男性と出会えて結婚することができる可能性が高くなる、ということなのです。

急ぎ過ぎは逆に非効率!じっくりアプローチ

女性は、条件の合う男性を見つけると、すぐにアプローチをして、ダメなら次にすぐに行こうとしがちです。

しかし、アラフォーで自分の条件に合う男性と結婚をしたい場合は、これは効率が悪いです。

失敗をかさねてしまい、いつのまにかアラフィフになっていたり、一生結婚できないこともあるかもしれません。

そのようなことにならないように、条件の合う男性に狙いを定めて、焦らずにアプローチをすることが大切です。

結婚を焦ってしまって、相手の心の中に土足で入ってしまわないように、じっくりと関係を深めるように心がけてください。

また、急に強いアプローチをして断られると、次のアプローチをするのが難しくなってしまいます。

小さなアプローチをゆっくりと繰り返して、関係を深めてくださいね。

例えば、連絡先を交換してすぐにデートに誘うと、もし断られてしまったら、次に誘うのが難しくなります。

そのため、まずはメールのやり取りに時間をかけて、相手の男性に「会いたい」と思わせるようにしてから、デートにたどり着くようにしましょう。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ