最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

男性からだってアプローチしよう!逆バレンタインを楽しむ方法

      2017/03/04

男性からだってアプローチしよう!逆バレンタインを楽しむ方法

2/14

バレンタインといえば、女性から男性へチョコレートを渡して告白する日、と認識されていますが、これはほぼ日本のみの話。

さらに近年では、男性から女性へチョコを渡して告白する”逆バレンタイン”、”逆チョコ”も流行しつつあるようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


そもそもバレンタインはカップルの日

恋愛大国のイメージが強いイタリアや、フランス、などのヨーロッパの国々では、女性が男性に愛を告白する日ではありません。

カップルが、2人の愛を確かめ合う日なのです。

男性か女性が、プレゼントをしなくてはならない、という決まりはありません。

ただ、男性が花束を女性に贈ることが多いようです。

また、ロマンチックなディナーを、二人で楽しんだりします。

アメリカも、バラの花束に、「あなたのバレンタインより」とか、「私のバレンタインになって」などと書いたカードを付けるようです。ここで、「バレンタインになるってどういうこと?」と思った人もいるでしょう。

バレンタインとは、ローマの司祭の名前です。

当時の皇帝は、兵士たちの結婚を禁止する命令を出しました。

しかし、それをかわいそうに思った司祭は、たくさんの兵士を結婚させました。

もちろん皇帝は、彼を2月14日に処刑しました。

キリスト教の世界では、2月14日は、祭日となっています。

日本のバレンタインは日本特有だった

女性が男性にチョコレートを渡す、という風習は、日本だけの風習のようです。

日本でのバレンタインの風習が始まったのは、58年に洋菓子商の「メリーチョコレート」が企画したことが、この風習の始まりだと言われています。当時は、女性限定の「愛の告白ツール」だったバレンタインのチョコレートが、次第に「本命チョコ」と「義理チョコ」の二つに別れるようになりました。

それからは、職場や学校での人間関係スムーズにいかせるように、「義理チョコ」を女性が男性に渡すことがメインになっています。

そのため、バレンタインデーは、日本の一大イベントとして、日本国民の間に浸透しています。

最近では、仲の良い友達に贈る、「友チョコ」とか、自分へのごほうびとして自分に贈る「マイチョコ」、それから義理チョコを延長したような、「世話チョコ」というのも出てきています。

このようにして、バレンタインデーの需要の多様化が、どんどんと進んできているのです。

アメリカではチョコレートではなく花が重要

ヨーロッパの国々では、バレンタインデーにカップルの男女がお互いに、カードを贈る習慣がありました。

しかし、そのうち、男性から女性に花を贈る習慣が、イギリスから始まりました。

そして、花にカードを添えて贈るのが、バレンタインのイベントになったのです。

イギリスでは、バレンタインには男性が、ロマンティックなデートを考えます。

レストランを予約して、花束は男性が自分で持って行きます。

そしてこれが、イギリスからアメリカへと伝わりました。

バレンタインデーのベストな贈り物は、花です。

花は、愛のメッセージと一緒に、女性の仕事場に届けられます。

かつては、愛を象徴するバラの花を贈ることが、ほとんどでしたが、最近では、人とは違ったことがしたいということで、バラの花以外を贈る男性が多いようです。

そのため、フラワーショップの店員さんたちは、男性から女性の好みや雰囲気を聞いて、その女性に合うお花のアドバイスを、真剣にしてくれます。

男性にとっての逆バレンタイン・逆チョコのメリット

定番のバレンタインでは、女性が男性にチョコレートを贈るので、男性は受け身な感じですが、逆チョコの場合は、男性が積極的な印象を与えます。

また、トレンドに敏感ということで、好感度も上がるでしょう。

しかし、簡単にトレンドにのっかる人ということで、逆に女性から悪い印象をもたれる可能性もなくはありません。

そのため、女性のタイプに応じて、逆チョコを贈るようにしましょう。

せっかくプレゼントをしても、知らない人からプレゼントをされると、警戒したり、引かれたりすることもあります。

そのあたりをじっくりと考えてから、今年のバレンタインは、トレンドである「逆チョコ」に挑戦してみてはいかかでしょうか。

ある調査では、「チョコレートを贈ってくれた男性に対して、ほとんどの女性がその男性に恋心を抱きはじめる」との結果が出ています。

しかし、そこらへんはあまり期待しすぎないようにしましょう。

女性からの反応はあまり意識しないで、アプローチしてくださいね。

折角だから逆バレンタインを楽しんでみる

逆チョコは、男性にとっては、重い響きかもしれません。

しかし、「俺がチョコを渡したら、ウザいって思われるかな?」と考えすぎるのは男性だけで、女性はそんなに重く受け止めません。

女性は、甘いものをもらうのは、嬉しいものです。

チョコを女性が受け取っても、好意も受け止めてもらえたわけではないのですが、勇気ある行動は評価されるでしょう。

チョコを彼女や奥さんに渡されてすぐに取り上げられて、食べられたことはないですか?

それと、同じことをしてみまそう。

「今日はバレンタインだから俺のおごりだけど、食べたいものは俺が決める!」と自分主導にするのです。

相手もおごってもらえるので、悪い気はしません。

そして、自分は好きなものが食べられます。

女に搾取されなければ、逆バレンタインは憂鬱にはなりませんよね。

逆バレンタインで注意がいるのが、義理チョコです。

「逆なので俺が職場で女性に配るべき?」と考えるのは危険です。

職場で女性たちにチョコを配るのはいいのですが、義理感を匂わせないようにしましょう。

「今日はバレンタインデーなので、チョコを買ってきました、みんなで食べましょう!」と“みんなでチョコ”にしてください。

そうすれば、職場の人間関係は円満です。

逆チョコを渡す相手がいない人は、奮発して高級チョコを買いましょう。

そして、わびしさを甘いチョコで癒しましょう。

店で買うのが嫌なら、ネットで注文して、一人チョコを楽しみましょう。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ