最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

繰り返す鼻の下のニキビ。原因と改善法は?

      2017/03/04

繰り返す鼻の下のニキビ。原因と改善法は?

鼻の下に出来るニキビは、ぷっつり膨れる前から痛かったり、腫れてからは目立つし治りにくい!と嫌な思いをさせられっぱなし。

何故、ここにニキビが出来るのでしょうか?

そして改善方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

スポンサーリンク


鼻の下のニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

どこにニキビができても同じ原因によるものですが、鼻の下のニキビは、偏った栄養バランスやビタミン不足、睡眠不足などの不規則な生活や内臓の不調、免疫の低下による原因が多いです。

口のまわりにできるニキビも原因は同じです、
鼻の下のニキビは、多忙が続いて睡眠時間が短くなったり生活の乱れなども関係しています。

鼻のニキビは目立ちますし、気になって触ると痛い場合があります。

白ニキビは膿をだすと後が残るので、触るのをやめましょう。

また、男性はひげ剃り後に、ニキビができることがあります。

それは、ひげ剃りの時に肌を傷つけてしまい、細菌が入ってしまったことが原因になります。

そのような時は、ひげ剃り時にシェービングクリームを使ったほうがよいかもしれませんね。

妊婦さんの妊娠初期にもニキビはよく見られる症状で、ホルモンの乱れによるものと考えられます。

ホルモンバランスが崩れると、ニキビや吹き出物ができる原因になります。

そして、つわりがひどい時は、食事も取りずらく栄養バランスも偏ってしまい、肌あれやニキビの原因なってしまいます。

鼻の下のニキビの改善法

鼻の下のニキビは、生活習慣を整えましよう。

鼻の下のニキビをニキビケア用品で治しても、生活習慣が整っていないと、また、鼻のニキビができて繰り返します。

なので、体の外側のケアも大事ですが、体の内側のケアもするようにしましょう。

偏りのないバランスのよい食事をするように心がけて、睡眠不足を解消しストレスをためないようにしましょう。

それだけでも、新たな鼻のニキビを防ぐことができるでしょう。

ホルモンバランスの乱れる原因は、極度の疲労や心理的ストレス、偏った食事、睡眠不足、物理的なストレスなどです。

心理的ストレスの場合は、38〜40度のぬるま湯に半身浴をするなどして、心身ともにリラックスできる習慣を作ると効果てきですね。

また、生活リズムの乱れは食事や睡眠を改めることで改善もできます。

ストレスは交換神経優位が続くと、男性ホルモンが過剰になって、リラックスすると副交感神経が優位になり、女性ホルモンが活発化します。

実際にはどんな対策をすればいいのか

鼻のニキビの対策は、まず、洗顔をしましょう。

この時に手で洗わずに、洗顔料をよく泡立てた泡のみで鼻の下のニキビを洗います。

鼻の下に泡をそっと置くだけも洗えます。

その後、よくすすぎましょう。

大事なのは、ニキビを潰したり、膿をだしたりせずに、触らないようするとニキビ跡も残らずに治ります。

ただ、ニキビの炎症がひどい時は、ニキビに触らなくても跡が残る場合があるので、早急に皮膚科の受診をしましょう。

また、甘いものや脂っこいものはできるだけ控えて、野菜を中心に食べましょう。

そのなかでも、ビタミン類は、色々な修復に必要ですし、適度な果物も摂りたいですね。

まだ、鼻の下にニキビができていなければ、ニキビを作らないように、栄養バランスのよい食事と規則正しい生活、よい睡眠を取ることです。

そして、ニキビケア用品も、自分に合うものが見つかると有効に使えます。

ただ、根本的に原因を改善することが大事なので、上記のことを当たり前のことでつまらないと思えても、ちょっとずつでも変えていきましょう。

皮膚科や市販の薬も有効で表面の症状を改善できますが、根本的な治療は生活を改善することです。

いつも同じ部分にニキビ…肌の弱化も原因

ニキビが治ってもすぐにまた、同じところにニキビができてしまうことがありませんか?
それには、原因があります。

同じところにニキビができてしまうのは、肌の弱化によることが一番の原因です。

ニキビを軽く見ている人もいるもしれませんが、ニキビは怪我のようなものなのです。

ニキビができた部分は肌内部で炎症が起こっている状態で、まわりの皮膚組織が破壊されてしまっています。

外傷が治っても傷が残ってしまう場合があるように、ニキビが治った後にも同じようなことがあります。

ニキビができた部分が、見た目は治っているように見えても、肌の中には炎症の跡が残っているので、その周辺の部分がしばらくは弱っています。

また、弱っている肌は少しの刺激でも反応するので、ニキビができやすい状態になっているということですね。

このような肌を改善するためには、濃度の高いビタミンCなどを肌の奥まで届かせて、ターンオーバーを促進して治していきましょう。

ニキビに共通した対策法

ニキビ対策は、食生活で必要な栄養をバランスよく摂りましょう。

まずは、ビタミンB2、ビタミンB6は皮膚の炎症を抑えますし積極的に摂りましょう。

ビタミンB2

うなぎ、レバー、卵、納豆、のり、ヨーグルト、煎茶など

ビタミンB6

レバー、豚肉、まぐろ、カツオ、さけ、抹茶、ピスタチオ、ニンニク、バナナなど

甘いものや脂っこい物、強い刺激のものは控えましょう。

血液の中の老廃物が多くなると粘度が増すことにより、皮膚の抵抗力や栄養の状態が低下してしまいます。

そうすると、細菌に感染しやすくなり、ニキビができやすくなるということです。

水を飲むことも大切で血液の粘度の低下や老廃物も流れやすくなります。

目安は1日に1.5ℓです。

皮膚は清潔にしておくことが大切です。

メイク道具は清潔なものを使いましょう。

スポンジやパフなどはまめに洗って清潔にして使います。

また、過度のピーリングは肌のバリア機能が破壊されてしまうので、よくありません。

顔に触れる髪の毛も刺激になりますので、なるべく顔にかからないように気を付けましょう。

枕も顔が触れるところなので、清潔にしておきましょう。

温度の高いお湯で顔を洗わないことと、お風呂に入って最後にシャンプーすることもやめましょう。

また、携帯電話の画面も顔に付くので、画面は清潔にしておきましょう。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ