最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ノロウィルスの感染経路の一つ、唾液の問題について

      2017/03/03

ノロウィルスの感染経路の一つ、唾液の問題について

ノロウィルスが猛威を振るうこの季節

あらゆる感染経路の中でもっとも身近な唾液による感染について調べてみました。

どのように感染し、どのようなことに気を付けるべきかも合わせてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


さまざまなノロウィルスの感染経路

ノロウイルス感染症の感染経路とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

実は、ノロウイルスの感染経路はほとんどが食べ物や食器などからの経口感染です。

感染経路として考えられるものは以下のものがあります。

まず、食べ物や飲み物からの感染です。

ウイルスを持っている食材、カキやアサリ、シジミなどの二枚貝にはウイルスが表面についています。

そのため、ちゃんと加熱してウイルスをなくすことが大切です。

また、食器についているウイルスによって感染することもあります。

井戸水によって感染することもあります。

最近では、井戸水を料理に使う事はほとんどないと思います。

こだわって井戸水を使っている飲食店は衛生管理を徹底する必要があります。

次は、患者からの感染です。

感染者の、排泄物や嘔吐物にはノロウイルスが大量に含まれています。

それらを処理した手の消毒が不十分だった場合、調理した食べ物を摂取することでノロウイルスに感染します。

一般的には、飲食物からの感染よりも人から人への感染の方が多いといわれています。

どこから感染するか分からない危険性があることを認識しておく!

食品によってノロウイルスに感染するのは、基本的には経口感染のみです。

いわゆる食中毒です。

一般的には、カキのイメージがあると思います。

厚生労働省の調べによると、2012年に発生した食中毒の原因の約65パーセントがノロウイルスによるものだそうです。

そして、経口感染以外にもノロウィルスに感染することがあります。

とある学校のたくさんの生徒が食中毒になりました。

その原因はノロウイルスだったのですが、それがどこから感染したかと言うと食パンでした。

そして、なぜ食パンにノロウイルスがついてしまったかと言うと、製造工場のトイレのドアノブにノロウィルスがついていたからなのです。

ノロウィルスは生命力が強く、体内でなくても生き残ります。

もし、食中毒の人の嘔吐物や排泄物の処理をする場合、その後の手洗いを十分に行ってください。

そして、飛沫によって感染することもあります。

ノロウィルスは水滴に含まれていたり空気中に漂っていたりします。

嘔吐物や排泄物を見かけた場合はできるだけ近づかないようにしましょう。

また、お風呂で感染することもあります。

ノロウィルスは腸内にいるので、感染者の肛門にもついています。

お風呂位の温度では生き残るため、十分感染する可能性はあります。

もし、感染者がお風呂に入る場合は最後にしましょう。

ノロウィルスは非常に感染力の強いウィルスです。

流行っている時期には、できるだけ人混みを避け手洗いうがいを徹底するようにしましょう。

ノロウィルスのもっとも危険な感染経路は口から口

ノロウィルスの感染は、接触感染が多いですがウィルスを持っている人から人への感染がほとんどです。

飲食業界や食品メーカーは夏の食中毒以上にノロウィルスに対して気をつかっています。

その理由は、ノロウイルスは生命力が強いからです。

実は、ノロウィルスを発症していなくても、ウイルスを持っている人もいます。

ウイルスを持っているとわからないその人の、唾液や便などから他の人へ感染と言うケースもあります。

集団でノロウィルスを発症した場合は、保健所への報告が義務付けられています。

ウィルスの感染は空気感染の多いですが、ノロウィルスは経口感染がほとんどです。

せきやくしゃみなどのツバによる飛沫感染や、唾液による感染です。

また、嘔吐物の処理が不十分だった場合ウィルスがチリやホコリとして部屋中に漂っています。

それによって、ノロウィルスに感染してしまうということもあります。

流行っている時期の人混みや病院では、必ずマスクをしましょう。

ノロウィルス感染を未然に防ぐことを第一に心掛ける

それでは、ノロウィルスの予防方法をご紹介します。

手洗い・うがいを徹底しよう

まず、手洗いうがいの徹底です。

ノロウィルスは、手や指に付着しそれから口に入って感染することが多いです。

そのため、手洗いうがいをしっかり行う必要があります。

調理をする前や食事をする前、外から帰ってきた時も手洗いうがいを必ずしましょう。

手洗いをするときは、爪を短く切ってアクセサリーを外しましょう。

特に汚れの残りやすい爪の間、指先、手の指、手首を意識して、石鹸やハンドソープを使って洗いましょう。

手を拭くときは、共用のタオルを使わずペーパータオルや個人のハンカチを使いましょう。

これは、物から感染しないようにするためです。

マスクで飛沫感染を防ごう

次は、マスクの着用です。

ノロウィルスは感染者の咳やくしゃみで飛ぶ飛沫によっても感染します。

外に出かける時はマスクの着用を心がけましょう。

調理は十分に加熱して

3つ目は貝を調理するときに十分加熱することです。

貝は体内にノロウィルスをため込む性質を持っています。

加熱しないで食べるのは非常に危険です。

85度以上で1分間以上加熱しましょう。

最後は規則正しい生活をすることです。

乱れた生活をしていると体の抵抗が弱くなります。

当たり前の事ですが、意外とできてない人は多いです。

もしも感染が疑われる、あるいは感染してしまったら??

実は、ノロウィルスを完全に死滅させる薬はありません。

自分の体の回復力に任せることになります。

そのため、症状に対する対症療法になります。

ここで気を付けてほしいのが、下痢止めです。

その理由を説明します。

ノロウイルスに感染すると、体はノロウィルスを排出しようとして、下痢を起こします。

これは体の防衛本能ですので、慌てる必要はありません。

ここで、下痢止めを飲んで止めてしまう事はノロウィルスの排出を妨げることになります。

しかし、下痢が続くと脱水症状起こす可能性があります。

その時は水やお茶ではなく、体に吸収されやすい経口補水液やスポーツ飲料を飲んでください。

下痢は辛いかもしれませんが、何とか耐えましょう。

また、水分を摂取することは脱水症状を防ぐのと同時に、胃腸のウィルスを洗い流すと言う効果もあります。

できれば、冷たい飲み物はやめましょう。

体を冷やしてしまうと、内臓の血行が悪くなったり働きを弱めたりすることになります。

ノロウィルスは2日ぐらい経てば自然に回復するので、それまで何とかがんばりましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ