最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

30代の女性必見!劣化したと言われないためにすべきこと

      2017/03/01

30代の女性必見!劣化したと言われないためにすべきこと

最近女性芸能人に対して「劣化した」と手厳しいコメントをよく耳にするようになりました。
ひいてはアラサーの女性に対しても、同様な言葉が使われることも多くなっています。
人は皆年を重ねるのだから、老化していくのは当たり前。
でも、劣化したと言われると、心穏やかではありませんね。
劣化したなんて言われないために、どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


女性が自分の変化に気付くのは30代前後

女性の老化が始まるのはいつ頃からでしょうか?実は女性の成長が止まるのは18歳から20代前半と言われています。

その後、女性ホルモンが安定的に増加していき、女性としての成熟期を迎えます。

そして、その時点から実は気づかないうちに非常にゆっくりと老化がスタートしています。

このような体の変化には、20代半ばから30代前半にかけて気づく人が多いようです。

多くのアラサー女性が、例えば30歳を越えた頃からダイエットをしても体重が落ちにくくなってきたり、夜中までお酒を飲むとすぐにお肌に疲れが出てなかなか回復しなかったり、昔ほどたくさん寝ることができなくなったり、といった老化に伴う体の変化を感じています。

「ちょっと前まではこんな感じではなかったのに、自分はもう若くはないんだ」と、自分の変化を感じて戸惑い、過ぎ去ってしまった「あの頃」を懐かしく恋しく思っています。

しかし、自分の変化に気づいた時こそが変われるチャンスなのです。

周囲から劣化したと思われているのはこんな女性

自分が老けて見られていないか気になりますよね?あるアンケートでは「年齢より老けて見える人が周りにいますか?」という質問に53.8%の人がYESと答えています。

では、どのような点が実年齢より老けて見られてしまうのでしょうか?
まずはなんといっても「顔」です。

例えば、ほうれい線がくっきりしている、厚化粧で若づくりをしている、目じりや顔のシワがひどい、首のシワが深い、肌のキメが荒いなどです。

やはりシミ・シワ・たるみが老け顔の原因となるのはもちろん、それを隠そうとするメイクの濃さも逆効果になってしまいます。

次は「髪の毛」です。

白髪染めをしないと一気に老けた印象になる、ヘアスタイルが古臭いなど、白髪は一発で老けて見られてしまいますし、ケアをしていない=だらしないという印象まで持たれるので要注意ポイントです。

最後に「ファッション」です。

ファッションは若づくりしすぎてもおばさん臭すぎても老けて見られてしまいますので、客観的に年齢相応な恰好を意識するようにしましょう。

年齢相応のファッションが若々しさに繋がる

大切なことは、若々しさと若づくりの違いをきちんと抑えることです。

アラサー・アラフォー女性はどんなに美容に気を使っていても20代のままというわけにはいきません。

若々しいファッションを心がけるのはいいことですが、10代や20代前半をターゲットにしたブランドの服は要注意です。

そのようなブランドには、リボンやフリルなど若さゆえに似合ってしまうデザインが多く、大人の女性が多用すると「痛い」ことになってしまいます
しかし、地味を意識しすぎると、肌のくすみを強調して実年齢より老けてみえることになるので、年相応だけれども自然と自分の魅力がアップするコーディネートを意識しましょう。

また、古い洋服を思い切って捨てることも大切です。

5年前や10年前に買った服は、どんなに気に入っていてもトレンドの形とは違うため老けて見える可能性があります。

流行は10年周期などと言われますが、ほとんどのトレンドアイテムはシルエットやカラーに変化を持たせてリバイバルしているのです。

昔流行ったものをそのまま着るのではなく、思い切って処分した後に今のトレンドのものにアップデートしましょう。

変化した髪質に合わせたヘアスタイルを

年齢と重ねるとともに、髪のボリュームは変化してきます。

髪の毛をつくる働きは年齢と共に衰えていき、1本1本が弱くなり、本数が減少していきます。

若々しく見せるにはボリューム感がポイントです。

手っ取り早くカットでボリュームを出しましょう。

具体的には、長さは短く、髪のボリュームは高めに集めることでリフトアップ効果を狙いましょう。

また、ツヤ感も若々しさを出すためには重要です。

ツヤというのは、光が壁の表面にあたって反射し生まれる輝きのことです。

髪が細くなることでもツヤは失われますが、真の原因は光を乱反射させるクセです。

年齢と共にクセは強くなるため、ツヤ感を出すためにはカラーリングよりもストレートパーマやブローに力をいれましょう。

そして、白髪は一番の老け顔の原因です。

最近ではファッションカラーのようにグレイカラーの種類も充実しているので、気になる方は早めの対策としてグレイカラーをすることをお勧めします。

こんな洗顔方法はかえって劣化する?!

良かれと思ってやっていることが実は劣化の原因になっているかもしれません。

NGな洗顔のポイントをご紹介します。

1.美容成分入りの洗顔料にこだわりすぎること。

洗顔の最大の目的はきちんと汚れを落とすこと。

なるべくシンプルな処方のものを選び、汚れを落とすことに専念しましょう。

2.クレンジング時にマッサージを行うこと。

クレンジングの界面活性剤は、肌に良いものではないため、できるだけ早く洗い流すのが鉄則です。

そしてすすぎをしっかりするのもポイントです。

3.石鹸パックで毛穴の汚れが落ちると思っていること。

石鹸や洗顔料の泡だけでは、毛穴の奥の汚れまで落とすことは不可能です。

洗顔ブラシを使い音波振動で毛穴の奥の汚れを浮かす洗顔器は海外セレブの必須アイテムだそうです。

4.朝は水だけ(お湯だけ)洗顔をしないこと。

朝起きて洗顔をしなかったり、お湯のみで洗顔をするだけでは、顔の表面にあるほこりや雑菌は落ちません。

朝の洗顔時には必ず洗顔フォームなどを使うことを習慣にしましょう。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ