最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

かなりの数がある!日本の宗教一覧まとめ

      2017/02/28

かなりの数がある!日本の宗教一覧まとめ

日本には様々な宗教がありますが、あなたはどれくらい知っていますか?

実はかなりの数の宗教が存在しています。

今回は日本の宗教一覧をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

スポンサーリンク


そもそも宗教って?

宗教と聞くと、なんとなく身構えてしまう言葉ですが、とても平たく大雑把にいうと、人知を越えた存在に対し、畏敬の念と礼儀を中心とした社会を形づくっている集団、といえます。

日本人は宗教という言葉に敏感で、受け入れがたいムードがありますが、お盆や大晦日は宗教行為のひとつです。

人知を越えた存在、地域や宗派によって様々な呼ばれ方をしますが、神、仏、または他の名前で呼ばれる大いなる存在を信じる深度には国や人種、家庭によって大きな差があります。

ですが大きな力を持つ存在をあがめ、拠り所にする行為は、人間独特の行為であり、世界中に見られるものです。

宗教とは英語のreligionを訳したものだといわれていますが、religionの由来を紐解けばラテン語のligio = 結びつく、にたどり着きます。

それに再びを意味するreがつき、再び結びつく、となります。

宗教というものを大きくとらえた場合、人知を越えた存在と再び結びつき、善く生きるということになるでしょう。

そして、生きる筋道や教えとなり。

それが生活に浸透し集団や社会といったものを形成する礎になっています。

日本においての宗教

日本での宗教の扱いは、どちらかというと怪しげなもの、不思議な儀式をする集団、また人によってはかなりの嫌悪感を出す人もいるほど不信感や不安感をあおるものになっています。

ですが海外の一部の国では宗教を持たない人の方が、不信感や不安を持たれることがあります。

日本では神社やお寺など厳密には宗派が違ってもあまり気にしませんし、クリスマスもイベント的な意味合いですが、街は活気づきクリスマスムード一色になります。

そのような日本で憲法では、宗教はどのように明示されているかというと「 第三章 国民の権利及び義務  第二十条」に信教の自由という項目があり、宗教を否定したり軽んじているわけではないといえます。

ですが宗教と国が結びつくことは禁じられており、国が宗教活動に介入することも禁じています。

海外の宗教観で興味深い例では、アメリカの1ドル札には「In God We Trust」(我々は神を信じる)と印刷してあることです。

この印字については異議や討論が続いていますが、日本とアメリカの宗教のとらえ方の違いを感じさせます。

宗教法人とは?

宗教法人とは法律によって法人と認められた宗教団体のことを指します。

このことは宗教法人法によって定められています。

また憲法では憲法第20条第1項に信教の自由が憲法上で保障されています。

ですからたとえ宗教法人として認められていない教団でも、宗教活動などを行うことは自由であり、権利が守られています。

宗教法人として認可された場合、不動産などを所有できる、公共事業を行うことが出来るなどのメリットが生まれます。

また病院や学校等の運営もかのうです。

その際に得た利益は、関連の宗教法人や公共事業のために使うことが、宗教法人法によって定められています。

主教法人になると、以上のようなメリットがありますが法律の制約を受ける場面も当然多くなります。

たとえば宗教法人では、給与にも所得税がかかります。

また活動内容の報告の義務もあり法人としての義務や役割を果たすように定められています。

法人として認められたということは、社会的にも利益をもたらす団体として活動することが求められています。

新宗教と新興宗教は違う

日本人の多くが、宗教という言葉に嫌悪感や不安感を覚える理由のひとつに、新興宗教の存在があるでしょう。

似た言葉に「新宗教」があります。

二つは似ていますが新宗教の方が100年ほど古い時代、明治時代前後に誕生した宗教を指すことが多いです。

アメリカでは新宗教というときは19世紀末以降に誕生した宗教をいう場合が多いようです。

新宗教の多くは既存の宗教から派生しています。

キリスト教、仏教、神道、イスラム教など様々な宗派から派生した宗教が存在します。

明治時代以降に成立した点でいえば、新興宗教も新宗教も同じく歴史が浅い宗教でしょう。

ですがこの二つの言葉にはイメージ、という観点から明確に違った印象を与えます。

宗教の専門家たちが使用する「新興宗教」には伝統的な宗教にはない、否定的な意味合いを多く持つ意味で使われます。

この否定的な意味合いとは社会的に悪影響を与える宗教ということです。

俗にいうカルト教団と呼ばれる集団も新興宗教のひとつです。

一方、新宗教は社会的に問題を起こしていない宗教団体にも使われます。

たくさんあります!日本の宗教一覧

日本は宗教嫌いというのが一般的にいわれますが、不思議なことに宗教団体はたいへんたくさんの宗教がひしめき合っています。

多い順から挙げていくと神道、仏教、キリスト教という順番になります。

そこから神道系、仏教系、キリスト教系とそれぞれ分派が発生し、その分派からさらに派生した宗教もあります。

神道系の皇室神道、伊勢神道、伯家神道、教派神道連合会、玉光神社、ほんみち、仏教系の真言宗、天台宗、浄土宗、曹洞宗、臨済宗円覚寺派、在家日蓮宗浄風会、キリスト教の一派である日本福音ルーテル教会、日本福音ペンテコステ教団、日本基督公会、カルバリキリスト教団、セブンスデー・アドベンチスト教会、新宗教としてはPL教団として有名なパーフェクトリバティー教団、世界救世教、幸福の科学など近代に入って興った宗教や、古くから存在する宗教を含め約180,000団体にも上ります。

ふだんあまり意識することはありませんが、このように数をあげればキリがないほどの宗教団体が、日本に存在しています。

なかには空飛ぶスパゲッティ・モンスター教といったインパクトのある宗教団体も存在します。

宗教というと受け入れられない人も、八百万の神といって様々なものに畏敬の念を表してきた歴史のある日本では、宗教という言葉に抵抗があるだけで、実は宗教のハードルが低いのかもしれません。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ