最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ぽっこりお腹の原因は男性必見です!年末年始は要注意

      2017/03/05

ぽっこりお腹の原因は男性必見です!年末年始は要注意

ポッコリお腹は暴飲暴食が原因?

ウェスト周りを気にしている男性は多いものです。

ぽっこりお腹にならない為にその原因を探ってみましたよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


ぽっこりお腹は肥満だけじゃなく、いろんな病気の原因にもなる!?

最近お腹が出てきていませんか?

ポッコリお腹は、様々な病気の原因になってしまいます。

男性の肥満は、そのままにしておくと、脳梗塞や心筋梗塞、生活習慣病になる可能性があります。

普通の肥満の人と比較して、早死にする確率が50%と高くなります。

原因と改善策を紹介します。

ポッコリお腹は内臓肥満型肥満といわれ男性に多く見られます。

内臓肥満型肥満はお腹の内臓周りに脂肪がついてしまう肥満です。

脂肪が上半身につくので、リンゴ型肥満とも呼ばれて、中年以降の男性に多いです、そして、内臓肥満型肥満は生活習慣病を引き起こす怖い肥満です。

原因

暴飲暴食、運動不足、アルコール過剰摂取、カロリーの摂りすぎ、筋肉の衰え、過剰なストレスなどです。

病気や症状

脂肪がお腹にたまると、血液中の中性脂肪やコレステロールが増えると高脂血症や高血圧、糖尿病などを引き起こし、そのことにより、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化になります。

その他には、心臓病、脳卒中、肥満症、腰痛、便秘、肩こり、膝痛、疲労、冷え性、肌荒れなどです。

ポッコリお腹になると、病気のリスクが高くなります。

ぽっこりお腹を解消する方法は?

お腹周りをダイエットするためには、運動することが大切で、腹筋を鍛えましょう。

ただ単に、腹筋運動をしても効果がなかったり、腰を痛める可能性もあります。

大事なのは、インナーマッスルという体の深層部にある筋肉を鍛えることです。

インナーマッスルを鍛えることで、姿勢もよくなり下腹も引き締まります。

また、筋肉量が増えて基礎代謝も上がり、脂肪が燃えやすい体になります。

これにプラスして、通勤時間を利用して、ウォーキングなどの有機酸素運動も取り入れて行うと、脂肪燃焼する効果がさらにアップします。

メタボは代謝が下がることで、糖や脂肪など効率的な消費ができずに体にため込んでしまいます。

メタボを予防するためには、しっかりと筋肉を鍛えて代謝を上げることが大切になります。

激しい運動よりも、毎日簡単な運動を続けるほうがお腹の脂肪を減らす効果があります。

食事は1日3食です。

痩せやすくなる黄金比率は、朝食3、昼食4、夕食3、というものです。

代謝がアップしやすい昼食にボリュームがある食事にして、代謝が落ちる夜は食事を軽くして消化のよいものにします。

会社の付き合いやストレスで過食ぎみになるので、付き合いなど外食をしなければいけない時は、アルコールの量を控えたり、おつまみに低カロリーで高たんぱくのメニューを選ぶようにしましょう。

湯豆腐とか赤身肉などがよいですね。

食生活の改善とインナーマッスルを鍛えポッコリお腹が引き締まってくると、見た目も若返ります。

このように日頃の工夫や積み重ねで、ポッコリお腹を健康的に引き締めましょう。

ぽっこりお腹の中でも下腹ぽっこりには悪玉菌が関係している?

腸の機能が低下したことによる腫れや衰えが原因で、ポッコリお腹になる場合は、腸内で善玉菌が減って悪玉菌が増えている状態なので、腸内バランスに問題があると思われます。

なので、摂取カロリーを抑えたり、お腹の筋肉を鍛えるだけではダイエット効果があらわれずらいこともあります。

まずは腸内の環境を整えましょう。

腸内の健康状態は腸内細菌により左右しますが、腸の機能が低下していることで起こるポッコリした下腹は、悪玉菌が増えている可能性があります。

そのようなことを改善するには、善玉菌が増える発酵食品の納豆やヨーグルトなどがよいといわれます。

色々なヨーグルトがありますが、その中でも、すぐき漬けから発見された強い乳酸菌のラブレ菌は、生きたまま腸に到達できるので、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内の環境改善に役立ちます。

また、ラブレ菌は、コレステロールを下げたり、免疫力が上がったり、アレルギーの抑制、などの健康効果もあります。

痩せているのにぽっこりお腹?そんな人は必見!!

痩せていても下腹が、ポッコリと出ている場合があります。

下腹がでるのは、加齢のせいと片付けていませんか?
見た目は痩せている場合でも、メタボになります。

痩せている人が下腹がポッコリになる理由は、例えば、「大好きなものは揚げ物で、何にでもマヨネーズをかけ、ビールを飲んだり、ご飯もたべて、ラーメンの汁も残さず完食する」、このような食生活をしていた場合は、お腹がポッコリとしていても不思議ではありませんね。

また、「朝食はミルクとシリアル、またはパンと野菜ジュースかコーヒーで、昼食は会社近くでランチを食べて、夕食はその時次第で、お酒はそんなに飲まない」、という場合、痩せ型で下腹だけポッコリと出ているのは、加齢のせいではなく、こちらもまた、食べ方に原因があります。

原因は、朝食がパターン化していて、調理をしないで食べれる料理ばかりなので、要注意ですね。

1日の始まりに、体を温めないままのスタートは代謝も落ちますし、寒くて体が縮こまるような日にも、冷たい物ばかりを食べると内臓の働きも悪くなります。

ぽっこりお腹3タイプの原因と対処法

ポッコリお腹を解消するには、大きく3つに分けて考えます。

1.腹筋が弱い場合

身体を支えることができなくなり、猫背になったり、前かがみになり姿勢も悪くなります。

そして、きれいな姿勢を維持できないので、ポッコリとしたお腹になってしまいます。

また、姿勢が悪いことで、内臓の働きも悪くなります。

腹筋を鍛えると姿勢もよくなるのでポッコリお腹も改善されます。

2.ももの表側は張っているのに、裏側がたるんでいる場合

脂肪が下腹にたまってポッコリお腹の原因になります。

なので、もも裏の筋肉とお尻の筋肉を鍛えて、ももの表をほぐしましょう。

3.内臓下垂が原因で下腹がポッコリとする場合

この場合は、内臓を元の正しい位置に整えましょう。

内臓下垂とは、内臓が本来ある位置より下に下がってしまうため、内臓の働きが悪くなり、肥満の原因になります。

改善するには、お腹周りの筋肉を体幹トレーニングで鍛えて、内臓の位置を正しく整えることが大切になります。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ