最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

体重を減らす効果抜群!お風呂でできるダイエットまとめ

      2017/03/02

体重を減らす効果抜群!お風呂でできるダイエットまとめ

多くの女性がスタイルや体重を気にしてダイエットに励んだことがあると思います。

今回はお風呂でできるダイエットについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

スポンサーリンク


湯船につかることを習慣化する

浴槽にしっかりと浸かると、いつも行っている生活よりもたくさんのカロリーを消費することができます。

浴槽にお湯を溜めるのが煩わしくって、ついついシャワーだけで済ませてしまっている人も多いかもしれませんが、もし、ダイエットを効果的に行いたいと思うのであれば、浴槽にしっかりと浸かることを習慣づける方が良いと思います。

では、どうして浴槽に浸かることがダイエットを効果的に行うことになるのかというと、様々な理由がありますが、ますは血行を促進してくれることです。

血行の血流が良くなると、蓄積されていた脂肪がよく燃えるようになります。

そして老廃物が排出されるデトックス効果にもなります。

他には、ストレス解消も大きな理由の1つともいえます。

ストレスが溜まっている状態の体というのは、とても痩せにくい体になっていますので、浴槽に浸かり、リラックスしてゆっくりとしたバスタイムを過ごすことが、ストレス解消になるのでとても大切なことになります。

ダイエットにオススメの正しい入浴法

ダイエットに適しているおすすめの入浴法を6つ紹介します。

①食後よりは食前に!

食前に入浴することで、胃液の分泌が少なくなり、食事の量が減るでしょう。

反対に、食後に入浴すると胃や腸などに血液が行かなくなり、消化不良を起こすかもしれません。

②水分補給を欠かさずに

1度の入浴で流す汗は200〜400mlといわれています。

脱水症状を防ぐためにも、入浴前と入浴後にコップ1杯位の水を飲みましょう。

入浴中にも水分補給すると、汗がたくさん出てデトックス効果も上昇します。

③浴槽の温度はぬるめに

熱すぎる温度だと心臓に負担をかけてしまうので、長時間の入浴には不向きです。

デトックス効果や冷え性を治すための入浴ならば、ぬるめ(38度〜39度)の温度が良いでしょう。

発汗作用のあるバスソルトを入れると更に良いと思います。

④取り敢えず体を温める

髪や体を洗うより先に、浴槽に5分位浸かり体を温めましょう。

そうすると、汗がかきやすい状態になります。

体の汚れはかけ湯をしてさらっと流しておけば大丈夫です。

そして5分後に、髪や体を洗ってください。

汗をかくのでメイクは入浴前に落としておくと良いと思います。

浴槽に浸かれない場合は、肘から指先を熱め(42度位)のお湯に浸けましょう。

末端が温められることにより汗をかきやすくなります。

⑤20分以上浸かるように

20分間ずっとでなくても、休憩をはさんでも大丈夫です。

全体で20分以上になれば良いからです。

20分以上浸かり体の芯から温まりましょう。

⑥楽しく続ける

ダイエットや体質改善というものは1日でできるものではありません。

毎日の積み重ねで効果がでてきます。

そのため、飽きないように楽しんで継続しましょう。

半身浴で体重を減らす

半身浴を行うことで体重が減るのでとても良いダイエットになります。

浴槽に下半身だけ浸かればいいので、それほど苦労しないで、とても簡単に気軽にすぐに行えますよね。

音楽を聞いたり、読書をしたりしていればあっという間に時間が経過するので、長時間行っても、たいして辛くないですしね。

逆に楽しめてリラックスした時間が過ごせて良いですよね。

汗をかくまで少し時間が掛かるかもしれませんが、汗をかき始めたら中々止まらなくなるので、体重は思っているよりも意外と早く落とすことができてしまいます。

注意点としては、汗をかき始めるまでは体全身で浴槽に浸かり、汗をかき始めたなと思ったら、へそ位まで浸かるようにして半身浴にチェンジすることです。

こうすることにより、始めから半身浴するより楽に続けられて、効果もアップします。

体調や浸かっている時間やお湯の温度などにより個人差はありますが、30分位半身浴をしたら、500g〜1kg位体重が減ったという人がいます。

半身浴の方法と効果

半身浴の方法を紹介します。

①入浴前に熱めのシャワーを出しっぱなしにして、浴室を湯気で満たしておきます。冬の時期は風邪の予防にもなります。

②冷たくなっている足から、かかり湯を行います。

③最初は42度位の熱めの浴槽に首まで1〜2分浸かり、ちゃんと体を温めます。

④お湯を少し抜いて、温度も少し下げます。(38度〜40度位)

みぞおち辺りまで浸かり、1回20分を目安にします。

これで約100calも消費します。

半身浴をまだ継続したい場合は、一度休憩をしてから続けましょう。

入浴中の水分補給を忘れずに行ってください。

次は、半身浴の効果について紹介します。

①血行が良くなるので、血液が全身を循環し、汗をかき老廃物を排出しやすくなります。

②浴槽に浸かるだけで、1トン位の水圧が体にかかるので、首まで全身浸かる場合は心臓にその分負担が掛かってしまいますが、半身浴はその負担が少なくすみ、むくみやすい下半身をほぐすことができます。

③体の芯まで温まるので、皮膚の血管が拡張して胃腸の血管が収縮します。

そうすると、胃の動きが穏やかになり、胃液の分泌が少なくなるので、食欲が減退します。

④ぬるめのお湯にじっくりと浸かることで、自律神経のバランスが調整されます。そのため、心も体も落ち着きます。

ダイエットに効果的な高温反復入浴法とは?

ダイエットに効き目があるといわれている、“高温反復入浴法”とは、水圧と温度の2つの負荷を体にかける入浴法です。

割と疲れる入浴法ですが、血行の血流を良くして新陳代謝を高めるので
ダイエットの効き目も高まるのです。

1度の入浴で消費されるカロリーは300kcal〜400kcal位といわれています。

基本的な高温反復入浴法は次の通りで、42度〜43度の熱めのお湯に短時間、何度かに分けて入浴します。

体調がすぐれない時や疲れている時は避けましょう。

(高温反復入浴法)
①かけ湯を行います。

最初に体をお湯に慣らすためです。

お湯は熱いので、一気にかけてしまわないように気を付けましょう。

②1度目の入浴です。

2〜3分位浸かったら、浴槽から出て5分位休憩しましょう。

この時に、体か髪を洗うと良いでしょう。

③2度目の入浴です。

2〜3分位浸かったら、浴槽から出て5分位休憩しましょう。

この時に、先程洗わなかった方を洗うと良いでしょう。

④そして、最後にゆっくりと5分位浸かって終わりです。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ