最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

体重を減らす効果抜群!お風呂でできるダイエットまとめ

      2017/03/02

体重を減らす効果抜群!お風呂でできるダイエットまとめ

多くの女性がスタイルや体重を気にしてダイエットに励んだことがあると思います。

今回はお風呂でできるダイエットについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


湯船につかることを習慣化する

浴槽にしっかりと浸かると、いつも行っている生活よりもたくさんのカロリーを消費することができます。

浴槽にお湯を溜めるのが煩わしくって、ついついシャワーだけで済ませてしまっている人も多いかもしれませんが、もし、ダイエットを効果的に行いたいと思うのであれば、浴槽にしっかりと浸かることを習慣づける方が良いと思います。

では、どうして浴槽に浸かることがダイエットを効果的に行うことになるのかというと、様々な理由がありますが、ますは血行を促進してくれることです。

血行の血流が良くなると、蓄積されていた脂肪がよく燃えるようになります。

そして老廃物が排出されるデトックス効果にもなります。

他には、ストレス解消も大きな理由の1つともいえます。

ストレスが溜まっている状態の体というのは、とても痩せにくい体になっていますので、浴槽に浸かり、リラックスしてゆっくりとしたバスタイムを過ごすことが、ストレス解消になるのでとても大切なことになります。

ダイエットにオススメの正しい入浴法

ダイエットに適しているおすすめの入浴法を6つ紹介します。

①食後よりは食前に!

食前に入浴することで、胃液の分泌が少なくなり、食事の量が減るでしょう。

反対に、食後に入浴すると胃や腸などに血液が行かなくなり、消化不良を起こすかもしれません。

②水分補給を欠かさずに

1度の入浴で流す汗は200〜400mlといわれています。

脱水症状を防ぐためにも、入浴前と入浴後にコップ1杯位の水を飲みましょう。

入浴中にも水分補給すると、汗がたくさん出てデトックス効果も上昇します。

③浴槽の温度はぬるめに

熱すぎる温度だと心臓に負担をかけてしまうので、長時間の入浴には不向きです。

デトックス効果や冷え性を治すための入浴ならば、ぬるめ(38度〜39度)の温度が良いでしょう。

発汗作用のあるバスソルトを入れると更に良いと思います。

④取り敢えず体を温める

髪や体を洗うより先に、浴槽に5分位浸かり体を温めましょう。

そうすると、汗がかきやすい状態になります。

体の汚れはかけ湯をしてさらっと流しておけば大丈夫です。

そして5分後に、髪や体を洗ってください。

汗をかくのでメイクは入浴前に落としておくと良いと思います。

浴槽に浸かれない場合は、肘から指先を熱め(42度位)のお湯に浸けましょう。

末端が温められることにより汗をかきやすくなります。

⑤20分以上浸かるように

20分間ずっとでなくても、休憩をはさんでも大丈夫です。

全体で20分以上になれば良いからです。

20分以上浸かり体の芯から温まりましょう。

⑥楽しく続ける

ダイエットや体質改善というものは1日でできるものではありません。

毎日の積み重ねで効果がでてきます。

そのため、飽きないように楽しんで継続しましょう。

半身浴で体重を減らす

半身浴を行うことで体重が減るのでとても良いダイエットになります。

浴槽に下半身だけ浸かればいいので、それほど苦労しないで、とても簡単に気軽にすぐに行えますよね。

音楽を聞いたり、読書をしたりしていればあっという間に時間が経過するので、長時間行っても、たいして辛くないですしね。

逆に楽しめてリラックスした時間が過ごせて良いですよね。

汗をかくまで少し時間が掛かるかもしれませんが、汗をかき始めたら中々止まらなくなるので、体重は思っているよりも意外と早く落とすことができてしまいます。

注意点としては、汗をかき始めるまでは体全身で浴槽に浸かり、汗をかき始めたなと思ったら、へそ位まで浸かるようにして半身浴にチェンジすることです。

こうすることにより、始めから半身浴するより楽に続けられて、効果もアップします。

体調や浸かっている時間やお湯の温度などにより個人差はありますが、30分位半身浴をしたら、500g〜1kg位体重が減ったという人がいます。

半身浴の方法と効果

半身浴の方法を紹介します。

①入浴前に熱めのシャワーを出しっぱなしにして、浴室を湯気で満たしておきます。冬の時期は風邪の予防にもなります。

②冷たくなっている足から、かかり湯を行います。

③最初は42度位の熱めの浴槽に首まで1〜2分浸かり、ちゃんと体を温めます。

④お湯を少し抜いて、温度も少し下げます。(38度〜40度位)

みぞおち辺りまで浸かり、1回20分を目安にします。

これで約100calも消費します。

半身浴をまだ継続したい場合は、一度休憩をしてから続けましょう。

入浴中の水分補給を忘れずに行ってください。

次は、半身浴の効果について紹介します。

①血行が良くなるので、血液が全身を循環し、汗をかき老廃物を排出しやすくなります。

②浴槽に浸かるだけで、1トン位の水圧が体にかかるので、首まで全身浸かる場合は心臓にその分負担が掛かってしまいますが、半身浴はその負担が少なくすみ、むくみやすい下半身をほぐすことができます。

③体の芯まで温まるので、皮膚の血管が拡張して胃腸の血管が収縮します。

そうすると、胃の動きが穏やかになり、胃液の分泌が少なくなるので、食欲が減退します。

④ぬるめのお湯にじっくりと浸かることで、自律神経のバランスが調整されます。そのため、心も体も落ち着きます。

ダイエットに効果的な高温反復入浴法とは?

ダイエットに効き目があるといわれている、“高温反復入浴法”とは、水圧と温度の2つの負荷を体にかける入浴法です。

割と疲れる入浴法ですが、血行の血流を良くして新陳代謝を高めるので
ダイエットの効き目も高まるのです。

1度の入浴で消費されるカロリーは300kcal〜400kcal位といわれています。

基本的な高温反復入浴法は次の通りで、42度〜43度の熱めのお湯に短時間、何度かに分けて入浴します。

体調がすぐれない時や疲れている時は避けましょう。

(高温反復入浴法)
①かけ湯を行います。

最初に体をお湯に慣らすためです。

お湯は熱いので、一気にかけてしまわないように気を付けましょう。

②1度目の入浴です。

2〜3分位浸かったら、浴槽から出て5分位休憩しましょう。

この時に、体か髪を洗うと良いでしょう。

③2度目の入浴です。

2〜3分位浸かったら、浴槽から出て5分位休憩しましょう。

この時に、先程洗わなかった方を洗うと良いでしょう。

④そして、最後にゆっくりと5分位浸かって終わりです。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ