話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

仕事のミスが怖い?事前の対策や心構えでミスを無くそう!

2015.2.4

仕事でのミスが、会社に行こうとする気持ちを引き留めてしまうことってありますよね。

落ち込んでなかなか前向きになれないとき、あなたならどうしますか?

また、周囲からはどうして欲しいですか?

仕事のミスが多い人に共通する3つの特徴

どんな仕事にも言えることですが、大切なのは下準備です。

ちゃんと準備をせずにいきなり仕事に取りかかるとミスを連発することになります。

例えば揃えておくべき資料を揃えておかないと、仕事を始めてから資料を探し回ることになります。

仕事の途中で回り道して余計な時間を使うことになります。

そうするとどうしても焦ってしまって、ミスをしがちになります。

ですからちゃんと仕事の段取りを考えて、スムーズに仕事が出来るように準備をするのです。

神経質すぎる人、または無神経な人もミスをしがちです。

ミスをするのを恐れるあまりかえってミスをしてしまう人と、何をするにもルーズな結果ミスをする人ですね。

性格的なものを直してミスを少なくしましょう。

ミスから学ばない人はミスが減らせません。

ミスをしたら反省は当然ですが、そこからちゃんと教訓を学んで次のミスを防止しましょう。

ミスの根本原因をきちんと分析して、その場限りではない抜本的な解決策を見つけて下さい。

それがミスを繰り返さないために重要なことです。

ここまで何か思い当たることがあるという人は、すぐにでもその対策に取り組んで欲しいと思います。

仕事のミスが多い「曜日」と「時間」があるらしい

憂鬱な休日の翌日、そしてお昼を食べた後に襲ってくる睡魔。

このせいでミスをしてしまったという経験は誰にもあると思います。

ミスが多発する「曜日」と「時間帯」があるのはよく知られていることです。調査によると最もミスが出やすい曜日は「月曜日」その次が「金曜日」となっています。

休み明けはどうしても憂鬱です。

また1週間の疲れがたまる週末も危険日ということでしょか。

また逆に一番ミスが出にくいのは「火曜日」です。

正月休みや夏休みの後などはさらに症状が酷くなるかも知れません。

また休日出勤などで疲労が蓄積しすぎると、ミスもまた多くなると思います。

一方でミスが出やすい「時間帯」としては午後2時から4時が一番多いという結果が出ています。

やはり人間腹がくちると眠くなるのはどうにもなりませんね。

ですから月曜と金曜の午後2時から4時が魔の時間帯と言えるでしょう。

金曜日にミスをして、それが月曜日になって発覚したなんて日には、憂鬱な気分にさらに鞭打たれるような気分でしょうね。

上司必見!仕事でミスしたときに言われるとうれしい言葉

「また次があるさ」
「ここから学ぶことが重要だからね」
「ドンマイ、大丈夫だから」
「みんな同じ経験をしてるから」
「いつまでもくよくよしていても仕方がないから」

ミスをすれば誰でも落ち込むものです。

しかしそんなときにただ慰めるだけではなく、これは無駄にはならないんだと言ってもらえるのが一番嬉しいかも知れませんね。

また男性と女性を比べると、男性の方がミスをしたときに心理的により辛い思いをする傾向があるようです。

どうしていいか分からず、穴があったら入りたいような気持ちに襲われる人もいるようです。

ですからそんなときに周りから白い目で見られたら恐らく耐えがたい気持ちになるはずです。

ちゃんと慰め、力づけるような言葉を掛けるのがいかに大切かということが分かります。

しかしただ慰められるだけでは物足りないという気持ちも一方であります。

ミスをした以上ちゃんとペナルティを科して欲しいという気持ちですね。

責任感のある人ならそう感じるのも当然でしょう。

仕事のミスで落ち込んだ時にすべきこと

ミスをしたときにはその原因を分析し、再発防止策を考えることが重要です。

そしてミスは自分を成長させるものだと前向きに考えることです。

ただネガティブになるだけではまた同じことを繰り返すだけです。

簡単に気分転換出来ないという人は、体を動かしてみるのもいいでしょう。

嫌なことを忘れてよく眠れば気持ちも切り替えやすくなります。

休みの日などに仕事のことは一切頭から追い出して趣味に没頭してみましょう。

そしてリフレッシュすればまた見えてくることもあるはずです。

落ち込みから回復するのに有効なのが仕事以外の趣味やチャレンジです。

日頃からそうしたものを持っていれば、リフレッシュしやすくなります。

ミスをしたら次に同じことをしないと自分で自信を持つことが必要です。

そのためにはミスの原因をよく分析し、どうすればまた同じことをしないのかよく考えることです。

この時は単に人に教えてもらうのではなく、自分でその作業を行うことが自信を持つために重要です。

しかし他の人の助けを借りることも重要です。

上司や先輩と失敗について話し合い、アドバイスをもらうのもいいと思います。

次につなげようと頑張っている姿勢を示せば、周りも応援してくれるはずです。

ミスをしたときにはどうしても周囲からの視線が気になるものです。

しかしいくら気に病んでもどうにかなることではありませんから、ある程度仕方のないことだと開き直るしかありません。

実際誰でもミスはするのですから、本人が思っているほど周りは気にしていないものです。

ミスをしたときに後悔ばかりしていてもしょうがありません。

一旦何が悪かったのか、次にミスをしないためにどうすればいいのか分析を終えたら、ミスのことは出来るだけ早く忘れましょう。

その時のことを思い出して、いつまでも悔やんでばかりいても何もいいことはありません。

ミスばかりして悩んでいるあなたへ

世の中ミスをしない人はいません。

些細なミスから人命に繋がりかねない重大なミスまで、ミスは様々です。

しかし基本的にミスを無くすための心構えは、自分は最初からだめな奴なんだと思い込んだり、ミスを人のせいにしたりしないことです。

まずは自分にはどんなミスが多いのかを整理しましょう。

ミスが多い人には集中力に欠ける、観察力がない、物事を一面的にしか見ない、自分を卑下しすぎたり他人に責任を転嫁するという特徴があります。

例えばメールを書いたときには相手に送る前に自分に送ってみましょう。

本当は別の人にチェックしてもらうのが一番なのですが、なかなかその余裕もないと思います。

自分宛にメールを送ると少しだけ違った目でチェックすることが出来ます。

仕事が多すぎるのもミスの元です。

仕事を多くこなそうとしても能力を超えてしまったら、かえって遅れるだけです。

仕事を減らしてもらうよう上司に掛け合いましょう。

また仕事とは関係の無い日常生活に原因が潜んでいることもあります。

あまり運動をしない、家で靴を揃えない、部屋がいつも散らかっている、深夜までテレビゲームで遊んでいる。

こんな人は生活を少し変えてみるといいかもしれません。

体を動かすのは人間の思考によい影響を与えます。

靴を揃えなかったり部屋が散らかっているのは、頭の中もそうなっている証拠です。

身の回りを整理整頓し、頭の中も整理しましょう。

そして夜中までゲームをしていれば当然脳を十分休めることが出来ません。

それが昼間のミスに繋がるのは誰でもわかりますね。

 - 仕事