最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

たかが蕁麻疹とあなどるなかれ!その原因は肝臓にあるかも?

      2017/02/28

たかが蕁麻疹とあなどるなかれ!その原因は肝臓にあるかも?

突然、かゆみと共に現れる発疹。

特にお酒を飲んだ後に蕁麻疹が現れると、肝臓が悪いのか?っと心配になりますよね。

蕁麻疹の原因と対処法を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


蕁麻疹とは

蕁麻疹とは急性皮膚病の一つで、皮膚にかゆみを伴う発疹が生じ、数分から数時間で消えてなくなりますが、発作的に再発を繰り返すことがあります。

再発が1ヶ月以内に治まる場合は急性蕁麻疹、1ヶ月以上も続く場合は慢性蕁麻疹と呼びます。

軽度の膨らみを持ったみみず腫れが特徴で、医学用語では膨疹(ぼうしん)といいます。

皮膚の浅い層に大小さまざまな浮腫が現れ、強いかゆみを伴いやすく、場合によってはチクチクとした痛みや灼けるような熱さを感じることもあります。

浮腫は部位を問わず全身に現れ、その大きさは1〜2mmから数十㎝と様々で、複数の蕁麻疹が融合して、体のほとんどが覆われることもあります。

気道内にも浮腫をが生じることがあり、この場合は呼吸困難を起こし死に至ることもあります。

アナフィラキシーショックにより蕁麻疹が現れた場合も生命の危険があります。

蕁麻疹という名前は、イラクサ(蕁麻)の葉に触れるとかゆみを伴う発疹が現れることからつけられました。

蕁麻疹の原因は様々

蕁麻疹にはアレルギー性のものと、アレルギー性でないものがあります。

アレルギー性蕁麻疹の原因となるのは、食べ物、食品添加物、動植物などです。

これらに含まれるアレルギー原因物質が、体内で異物として認識されると、ヒスタミンという化学物質が放出され、皮膚の血管を拡張させ、血液中の水分を血管の外に浸み出させるために皮膚が赤く張れます。

また、このヒスタミンがかゆみを感じる神経を刺激することでかゆみが発生します。

アレルギー性の蕁麻疹の原因になるものとしては、魚介類、肉類、乳製品、穀類、野菜などが挙げられます。

特に、小麦、蕎麦、乳製品、卵、落花生は五大アレルギー成分と言われています。

植物では、名前の由来ともなっている蕁麻、他にはゴムがあります。

昆虫では蜂などです。

他にも抗生物質、解熱鎮痛剤、咳止めなどの薬剤が原因で起こることもあります。

一方、アレルギー性でない蕁麻疹の原因としては、摩擦や圧迫、熱さや寒さなどの物理的刺激があります。

血液疾患や膠原病のある人、心身のストレスの強い人は、運動や入浴時の発汗が刺激となって蕁麻疹になることもあります。

蕁麻疹の種類も様々

今までに見てきたアレルギー性蕁麻疹、急性蕁麻疹、慢性蕁麻疹の他にも様々な種類の蕁麻疹があります。

極度なストレスや緊張感が原因となる心因性蕁麻疹。

原因となるストレスを遠ざけると蕁麻疹が出なくなるという特徴があります。

一度蕁麻疹が出ても1時間前後引くこと多く、あまり心配は要りません。

汗をかくことで発生するものをコリン性蕁麻疹といい、小さな子供や20代など若年層に多いです。

強い日差しを浴びた時に出るものを日光蕁麻疹といいます。

4〜9月に出やすく、太陽の光を浴びた部分にのみ蕁麻疹がでるのが特徴です。

冷たいものに触れたことがきっかけででるものを寒冷蕁麻疹といいます。

クーラーや氷を触った時など、体が冷えた時に蕁麻疹が出ます。

これとは逆に、暖房やお風呂などで体が温まり過ぎた時に出やすいのが温熱蕁麻疹です。

他にも下着などの絞めつけで部分的に出る機械的蕁麻疹、風邪などで現れる病巣感染による蕁麻疹など蕁麻疹の種類は様々です。

蕁麻疹の7〜8割は原因が特定できない特発性蕁麻疹に該当します。

蕁麻疹の予防法

蕁麻疹にはたくさんの種類があり、発生原因には個人差があるため、自分の蕁麻疹がどんな原因で発生したのかを知ること最善の予防策となります。

蕁麻疹が発生するまでの1時間の間に、どんなものを食べて、何か薬を飲んだか、どんなことがあったかをよく思い出し、原因の究明に努めてください。

原因となる物質や行動を避ければ蕁麻疹は発生しません。

アレルギー性蕁麻疹の場合は、皮膚科を受診し、数十種類以上あるアレルギー物質の特定を行うことが重要です。

蕁麻疹の原因が分かり、その原因となるものが生活上どうしても必要なものであれば免疫をつける治療を行うことになります。

医師の指示のもと治療にあたってください。

過労やストレス、寝不足なども蕁麻疹を起こしやすくする誘因となりますので、日頃から規則正しい生活、バランスの良い食事を取ることを心がけましょう。

また、お酒や激しい運動、湯船に長く浸かることなどを控える、皮膚を摩擦や圧迫、振動などで刺激しないようにするなども蕁麻疹の予防策となります。

蕁麻疹の治療法と使用する薬

蕁麻疹の治療には、蕁麻疹の原因となる物質を除去したり、行動を回避したりするのが一番です。

予想外に発生した急性蕁麻疹の場合は、何もしなくても再発しないことも多いですが、抗ヒスタミン薬を飲む治療が行われます。

身体の内側からヒスタミンの働きを抑えることで、腫れやかゆみは治まりますが、眠気や集中力の低下などの副作用もあります。

車の運転や機械操作を行うなど、眠気があっては困る場合はあらかじめ医師・薬剤師に相談しましょう。

腫れやかゆみが我慢できないほど強い場合は、ステロイド外用剤も併用します。

アレルギー性蕁麻疹の場合は抗アレルギー薬を使用します。

医療機関に行くほどひどくない場合には、入浴を避け、患部を冷やすとかゆみが治まりやすいです。

ただし、寒冷蕁麻疹の場合はこの限りではありません。

衣類などで摩擦や圧迫のないように注意し、ゆったりと安静に過ごしてください。

蕁麻疹でけでなく、まぶたや唇の腫れ、呼吸困難を伴う場合はすぐに医療機関を受診してください。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ