最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

日本人は宗教に無関心?現代の日本人の宗教観についてのまとめ

      2017/03/05

日本人は宗教に無関心?現代の日本人の宗教観についてのまとめ

日本人は宗教に対して無関心で無宗教だったり、むしろ宗教が嫌いだったりする人が多く存在します。

なぜ日本人はこんなに宗教に無関心なのか?

そこで今回は現代の日本人の宗教観についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


日本人の宗教に対する意識

アメリカの世論調査機関の調査によると、日本では57%の人が無宗教、36%が仏教徒で、世界で4番目に無宗教の人の割合が多い国です。

無神論、唯物論国家である中国の方が数は多いのですが、割合からいうと52%で日本よりも少なくなっています。

無宗教とは決まった宗教に属さない、または信仰そのものを持たないことを指します。

無宗教と無神論はよく混同されがちですが、この2つは違うものです。

無神論は神の存在そのものを否定しますが、無宗教は宗教的主張が無いことで、神の存在を否定するわけではありません。

一般的な神の存在を信じている人もいます。

日本では「八百万の神」という神道を起源とする思想があります。

これはキリスト教やイスラム教のような一神教と違い、あらゆるものに神が宿るという多神教の考え方です。

無宗教が成立するにはいくつか条件があります。

まずは国家が、宗教を持たないことを含め信教の自由を保証していなければなりません。

また地域社会においてもある宗教が強制されたり、また信仰を拒否しても制裁を加えられないことが必要です。

また自分で自分の信教を決めることが出来るようにする教育も必要です。

日本で宗教が警戒される理由

戦後日本では国家神道を危険視するGHQにより政府が国家神道に対する保証や支援をすることを禁じる神道指令が出されました。

そして今でも戦前戦中のことは全て否定的に見る自虐史観が社会で大きな力を持ち、それが警戒感に繋がっています。

また1995年に東京の地下鉄でオウム真理教がサリンをまくという事件が起き、それもカルト宗教のみならず、宗教全体に対して国民に警戒感を持たせることになりました。

こうしたことが日本人の宗教観に大きな影響を及ぼしていると言えます。

戦後すぐのことはもう記憶している人も少ないでしょうが、地下鉄サリン事件は今でもまだ生々しく記憶している人も多いでしょう。

しかしもちろん戦後のGHQの指令やその後の日本社会のあり方そのものが日本人の宗教観と無縁でないのも間違いありません。

ですから宗教の勧誘などを受けた時、それが危険なカルトなのかそうでないのかにかかわらず、「危険かも知れない、関わらない方がいい」と反射的に感じてしまう人が多いのです。

自称「無宗教」でも宗教行為には関わる人が多い

今日本で自分は特定の宗教を信仰していると意識している人は2、3割しかいません。

大学生となるとその割合は数%にまで減ります。

西欧でも教会離れの傾向はありますが、それでも宗教に関心が無いというわけではありません。

一方で多くの日本人は実際に宗教に無関心であり、中には宗教にネガティブな感覚を持つ人たちもいます。

その一方で日本人は世俗化した宗教行為にはなじみがあります。

お正月などに神社仏閣を参拝したり、占いやおみくじを引いたり、またクリスマスやハロウィーンという西洋の宗教を祝ったりもします。

また自然には八百万の神が宿っているという自然を崇拝する感覚は多くの日本人に共通したものです。

ですからその意味で日本人も信仰心を持っていると言えます。

しかし日本人は自分を無宗教だと考えています。

それはなぜでしょうか?

それは宗教の質が違うからです。

西洋における宗教とはイスラム教のムハンマドのように創始者がいる宗教を指します。

それは日本の自然宗教とは違うものです。

そうした宗教に属していないという意味で無宗教だと言っているのです。

日本人は独特な宗教観を持っている

日本人はクリスマスやハロウィーンを祝い、除夜の鐘を聞きにお寺に行き、初詣に神社に行きます。

実際のところそれを宗教行事と意識してやっている人は少ないのではないでしょうか。

このように日本人は良く言えば非常に宗教に対して寛容、悪く言えば節操がないと言えるような独特の宗教観を持っています。

これは日本人が他者を尊重する性質を持っていることからくる部分もあると思います。

こうした感覚は日本の食にも表れているのではないでしょうか。

洋食のコース料理にはメインディッシュというものがあります。

一方日本の懐石料理を取ってみると、洋食のメインディッシュに相当するものはありません。

どの料理も同じに扱われます。

こうした考え方が宗教観にも表れているのだと思います。

1つの宗教を特別に信仰するのではなく、どの宗教にもある共通の哲学を尊重しているのです。

要するに何かを信じるというよりも、他者を尊重する、それが日本人の宗教観なのです。

ですからどの宗教も同じように尊重しているのです。

宗教の正しい理解が必要

現代人は共同体意識が希薄になっていると言われます。

家や先祖とのつながりも同じです。

家庭に仏壇はなく、お盆に実家に帰省しても、形ばかりの行事をこなすだけです。

それが社会の不安定要素になり、凶悪な犯罪や学校でのいじめ、不登校など原因になっているのではないでしょうか。

共同体の一員として自分の居場所、守るべき規範を失ってしまったことで、現代人は言い知れぬ不安感を抱えるようになってしまったと思います。

逆に言えば自分の立ち位置や生活の規範を自ら確立しなければならないのです。

そこでそうした共同体を宗教に求めたいと思っても、宗教に対する警戒感が邪魔をします。

宗教についてきちんとした情報も手に入らず、暗闇の中で手探りするしかないような状況です。

その結果馬車馬のように働いて、心も体も疲れ切った人がたくさんいるのです。

学校教育にも問題があります。

戦後政教分離が導入されましたが、まるで宗教を一切教えてはならないかのような誤解も存在します。

それが宗教に対する無知に繋がっていると思います。

現状ではとても難しいことですが、これからは宗教に対する健全な判断力を育てるのも教育の重要な役割になっていくと思います。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ