最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

蕁麻疹の原因は疲れ?蕁麻疹と疲れの関係まとめ

      2017/02/28

蕁麻疹の原因は疲れ?蕁麻疹と疲れの関係まとめ

突然発症する原因不明の蕁麻疹。

それってもしかしたら疲れやストレスが原因かも!?

今回は蕁麻疹と疲れの関係をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


そもそも蕁麻疹って?

蕁麻疹は、蚊に刺されたように皮膚の表面がぷっくりと盛り上がって痒みを伴う膨疹が出来ます。

そして膨疹が、徐々に拡大していき、中心部から平たくなります。

膨疹がたくさんできますが、1個1個の膨疹は2時間位で消えていきます。

後から遅れて出来た膨疹は残ってしまうことがあります。

蕁麻疹は、皮疹が出ていない状態であっても、専門家は判断することができます。

蕁麻疹が出来やすい人は、花粉症にもなりやすく、買い物かごやハンドバッグなどに触れるだけでも簡単に赤く腫れあがることがあります。

このような体質の人は、単独ではかゆみのない「毛嚢炎」や「ニキビ(尋常性ざ瘡)」であってもかゆくなってしまうことがあります。

蕁麻疹の特徴である膨疹は、皮膚の上から2番目の層である真皮の中にあるマスト細胞からヒスタミンやロイコトルエン、SRSなどを放出したり、血管から体液を浸潤させて皮膚を膨張させ、神経を刺激したりして、痒みを引き起こします。

蕁麻疹と湿疹の違い

湿疹と蕁麻疹は、皮膚が赤くなったりかゆくなったりするという症状が一見よく似ているため混同されがちですが、具体的にはどのような点で異なるものなのでしょうか?

ひとつ挙げられる特徴は、症状が消えるまでに要する時間の長さの違いです。

湿疹の場合は、症状がおさまるまでに、短くても数日かかり、長ければ1週間ほどかかることもあるので、比較的長い時間を要するものです。

それに対して蕁麻疹は、数時間程度という比較的短いスパンで皮膚の赤みやかゆみ、膨らみなどが消えます。

また湿疹は、赤いブツブツがかゆみを伴って体の一部に出来るのが特徴です。

それに対して蕁麻疹は、湿疹と同じように皮膚が赤くなりかゆみも伴いますが、「膨らむ」という点が異なる特徴であるといえます。

湿疹は、金属のアクセサリーが長い時間直接肌に触れていたことが刺激になって起きてしまったり、普段服用している内服薬の副作用によっても起こってしまったりすることがあります。

蕁麻疹の原因を特定するのは難しい

じんましんの原因を実際に特定することはとても難しく、血液検査などでアレルギー検査をしても大部分は原因不明とされることはよくあります。

じんましんは、皮膚の下にある「肥満細胞」からなにかしらの刺激によって「ヒスタミン」という物質が出て毛細血管から血液成分の一部がもれて地図のように盛り上がってかゆみが生じます。

この原因は、食べ物や抗生物質や解熱鎮痛剤などの薬品に対するアレルギーや、皮膚の摩擦、急激な温度の変化など物理的な刺激であることがほとんどです。

じんましんが起こりにくい食べ物は、人間に近い性質の豚肉や牛肉です。

鶏や魚類、甲殻類と豚肉や牛肉から遠いものになってくるにつれてじんましんが起きる確率は高くなっていきます。

これは人の体が、これらを異物として認識し、排除しようとしてアレルギー反応が起きやすいからだと言われています。

スギ花粉やハウスダストによるアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などは『Ⅰ型アレルギー』が原因とされています。

一方じんましんは、Ⅰ型アレルギーではないことが多いので、血液検査で陽性になることは少ないでしょう。

とはいえ、例え陽性にならなかったとしても鶏卵を食べると必ずじんましんが出るのであれば、鶏卵が原因と思われるので、しばらく避けた方がよいでしょう。

原因と疑われるものをすべて断ったにも関わらずじんましんがおさまらない時は、アレルギーではなくストレスや疲労からくるものとも考えられます。

疲れが原因で蕁麻疹が出る

じんましんは、食品や薬品、環境などによって引き起こされるものとされていますが、最近は、ストレスや疲れによるじんましんが多くなっている傾向があります。

じんましんは、なぜ出るのでしょうか?

ひとつは、血液中のリンパ球が何らかの刺激を受けてアレルギー抗体が一時的に増加し、その抗体が肥満細胞にくっついてヒスタミンなどかゆみを起こす物質を皮膚に広げるというものです。

もうひとつは、疲れて免疫力が低下して、内臓の働きが弱まるのが原因ともいわれています。

他にも、神経と関係が深い免疫状態が原因になり、リンパ球が強い刺激を受けることが関係しているのではないかという見解もあります。

ストレスは現代の生活では避けられないものですが、たまってくると疲れがたまり、さらにストレスになるという悪循環に陥ってしまいます。

ある時間になると決まってじんましんが出るといった症状は、ストレスが原因である可能性があります。

そのような時は、ひとりで抱え込まずに専門医に相談してください。

疲れを自覚している時は、心や体が危険信号を出しているのです。

それを放置しておくと、それがじんましんとなることがあります。

自分でできる対処法は、まずストレスをためないことです。

バランスのとれた食事をして、睡眠を十分にとって、心身に疲れを溜めないように心がけましょう。

じんましんが一度も出たことがないという人でも、疲れやストレス、体調不良や消化不良などで突然じんましんが起きることがあります。

特に疲労は内臓の疲労にも関わることで、免疫力の低下やあらゆる病気の原因にもなります。

また、魚介類やエビ、カニ、卵類、蕎麦粉、ピーナッツ、タケノコ、栗、そしてアルコールもじんましんを起こす原因になるので、疲れている時は食べない方がよいでしょう。

蕁麻疹が出た時の対処法

今回は、蕁麻疹が出た時の対処法を4つ紹介しましょう。

1.患部を冷やす

蕁麻疹が出ると、耐えられないようなかゆみに襲われ、つい掻いてしまうこともあるでしょう。

しかし、掻いてしまうと余計に症状がひどくなってしまいます。

このような時には、氷やシャワーの冷水を患部にかけたりしてしっかり冷やすとたいていかゆみは治まります。

ただ、中には冷やすことでかゆみが強くなる人もいます。

その時は、冷やすことを止めてください。

2.蕁麻疹の原因ともなるアルコール類の摂取を控える

アルコール類を飲むと蕁麻疹によるかゆみが強まるため、蕁麻疹が出ている間のアルコール摂取はやめておきましょう。

3.しっかりと休養をとる

蕁麻疹の原因は、たくさんあるので特定するのは難しいのですが、ストレスや疲れなども原因になると言われています。

よって、蕁麻疹が出た時は、無理せずゆっくりと体を休めることが大切です。

強いストレスによる蕁麻疹であれば、だいたい30分〜1時間ほどで症状は治まってくるでしょう。

4.病院を受診し適切な治療を受けること

なかなか蕁麻疹が治まらない時は、病院を受診するのをおすすめします。

そのままにしておくと、慢性蕁麻疹になることもあります。

病院での蕁麻疹の治療は投薬が中心になります。

最も多く処方されるのは抗ヒスタミン薬です。

蕁麻疹は、塗り薬では効果が期待できないので、蕁麻疹への対応は、内服薬の処方が中心になります。

アナフィラキシーショックで重症化している時は、入院治療になることもあります。

蕁麻疹は、病院での適切な治療により完治することが可能です。

受診する時は、アレルギー科、内科、皮膚科などにかかるとよいでしょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ