最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

超簡単!ひらがなで名前を書くだけでよくない運気を追い払おう!

      2017/03/24

超簡単!ひらがなで名前を書くだけでよくない運気を追い払おう!

目次1 名前とは2 名前が持つ秘められた力とは?3 ひらがな名が可愛い!?4 ひ …

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

スポンサーリンク


名前とは

名前とは、物や人物に与えられた言葉のことで、対象を呼んだりする際に使われます。

名前をつけることで、個別のものとして把握されてその存在が認識されます。

名称、あるいは単に名というような言い方をすることもあります。

多くの場合、名前とは人名のことで、人名のうち、家族を表す姓(名字)でない方、個人を識別する名を指すことも多いです。

ただし、名ではなく姓を指して「名前」と呼ぶこともあります。名前をつけることは「名付ける」「命名する」と言われます。

人は名前を与えられた時点で、社会の一員として正式に仲間入りを果たすと捉えられています。

「個々を指す呼び方」というのが一般的な名前の捉え方だと思いますが、名前という存在がそんな単純な捉え方では説明できないということも、私たちはよく知っています。

人類は、学問が発達していない太古の時代から、名前には神秘的な力が秘められていると、感じ取っていました。

1人の人間に名前が与えられるということは、その肉体に霊的な実態が与えられるということであって、名前は他と区別されるための記号ではなくて、その人自身であるという強い思いが根底にあるのです。

このような名前には霊力があるという信仰は世界各地に広く存在しています。

名前が持つ秘められた力とは?

音として耳に届くものは不思議な力があります。

これは音の正体が振動であり、脳や心を揺さぶっているからでしょう。

日本人はそんな音の持つ力に古くから気づき、言葉を発音すると霊的な力が宿るという「言霊」思想を生み出しました。

この言霊思想では、ひらがな50音にはそれぞれ特有の意味と力を持っているということになります。

生まれた時から何度も呼ばれる名前は、それだけ言霊の力が強く働くというわけで、性格にも影響を与えるとされています。

特に名前の1文字目は、言霊の作用をまともに受けるため、音の意味がそのまま本人の性質に表れるそうです。

古代では、名前はそのものの正体であり本質であると捉えられていたため、誰かがその人の本名を知って、それを発音すると、その言葉の力でその名の持ち主は相手の思うままにされてしまうというような考えもごく普通に見られるものでした。

本名を明かすということは、自分をさらけ出すのと同義だったのです。

現代はそこまで名前に対して神秘的な力を見い出すことは一般的ではありません。

そもそも姓名とは、生まれてから最初に誰かからプレゼントされたものです。

名字は先祖代々から受け継ぐものですし、名前は親が付けます。

ですから、名前には親の思いや願いが一方的ではありますが強く入っていますよね。

自分が選んだわけではなく、親が勝手に付けたのですから、名前なんて人生にとっては、単なる偶然だと思うかも知れません。

しかし、そうではなくて名前には秘められた力があるという考えもあるのです。

それは、どんな理由で付けられた名前であっても、すべての名前は、自身の天命を表しているという考え方です。

自分の天命が名前に隠されているならば、読み解いてみたい気がしますね。

ひらがな名が可愛い!?

名前をつける時に、音の響きを重視したり、漢字が表す意味を考えたりと、色々と悩むポイントはあると思いますが、ひらがなの名前を選ぶという選択もありますよね。

ひらがなの名前の最大の特徴は何と言っても見た目の柔らかさが挙げられるでしょう。

音の響きが柔らかい名前や古風な名前との相性がぴったりです。

名前の音は決まったけれど、漢字の候補が絞れなくて全部の意味を込めたいからひらがなの名前にしたというようなケースもあるようです。

その昔、ひらがなは「女手」と呼ばれ、女が使う文字とされていました。

そういう経緯もあり、女の子の名前には、ひらがなが好まれてきたのです。

ですから、ひらがなは男の子に使うのはあまり良しとされません。

先ほど述べたように、女の子用の字であるという事と、行動に思慮が足らないといった子どもっぽさが抜けないという特徴が出てくると言われているからです。

しかし、顔がいつまでも若々しく、年齢を若く保つというメリットもあります。

女の子の場合はメリットもありますし、柔らかいイメージは女の子に相応しいと受け入れやすいのですが、 男の子に用いると、分かりやすく言えば、「幼名」の意味になり、とても幼いイメージになります。

そして、男の子のひらがな名はまだ珍しいので、目立ったり、女の子と間違えられたりする可能性は高いです。

ひらがなでも姓名鑑定できるの?

ひらがなでも姓名鑑定はできます。

ひらがな姓名判断という従来の画数を使った姓名判断ではなく、姓名の音韻から鑑定をする占いがあります。

一般の姓名判断は名前の漢字で判断していますが、この姓名判断では名前の読みの方、つまり自分の呼ばれ方から生じる可能性を導き出しているのです。

特に、名前の最初の音を重視し、運気や相性等を占います。

誰でも簡単にすぐできるのが魅力です。

例えば有名どころの四柱推命や西洋占星術などの占いは、相手の生年月日の情報がなければ占えないという弱点があります。

さらに、細かいものでは、出生時間まで必要であったりして、これは本人ですら覚えていない場合も多く、なかなかすぐに占う事が難しいのは不便です。

それに対して、ひらがな姓名判断だと、名前の読みさえ分かっていれば容易に占えるので、とても便利です。

また、漢字だけでなく、ひらがなやカタカナを使った名前もありますが、そのような名前であっても、字画姓名判断は可能です。

ただ、字画の数え方に少し注意を払う必要があります。

カタカナの場合は、普段の画数そのままとなるので大丈夫なのですが、ひらがなに関しては、結びのところで区切って数えるというあまり知られていない決まりがあるので、気をつけましょう。

思っている画数と違うことが多いです。

実は、ひらがなに限らず、そもそも文字には画数という概念は無いのです。

画数は人間が便宜上、使いやすくするために色々な決め方をしているだけで、文字自体が不変の画数を有しているわけではないということです。

辞典に漢字の画数が載っているのにどうしてと思うでしょうが、辞典を作るために画数が決められたのであって、漢字に決まった画数があるから辞典に載せたというわけではないんです。

名前の画数を吉数に整え運気UP

生まれ持った名前は固有の運命が込められている大切なものですが、自分の名前をひらがなやカタカナで書くだけで、運勢が開けるとしたら試してみたくなりませんか。

名前の字画数による姓名判断で、自分の名前が凶数だった場合には、名前の画数を吉数に整えると、仕事が順調に進んだり、職場内の雰囲気が良好になることもあるそうです。

最近話題になっている「プチ改名術」は手軽に実践できるのでおすすめです。

その方法は簡単です。

凶数となる文字を他の表記に変換して吉数に変えるというものです。

まず、漢字では凶数だけれど、ひらがなやカタカナ、あるいはアルファベットを用いると、吉数になる場合があります。

また、★や♪などの記号を名前の前後に付けることで、吉数に整えることも可能です。

こうして吉数に整えた名前は、仕事のメールやメモ書きの際の署名を入れる機会に使用してみましょう。

ブログのハンドルネームを決める時にも使用をおすすめします。

漢字の名前をひらがなに変えたり、二文字の名前にもう一文字足して補うといったプチ改名で、成功している有名人も多くいます。

例えば、大リーガーのイチローや歌手の浜崎あゆみ、音楽プロデューサーのつんく♂など、プチ改名が功を奏して運勢が良くなり脚光を浴びた人たちですよね。

戸籍を変えるのは大変でも、職場での通称やプライベートの名刺に使う程度ならば問題にならないそうです。

プチ改名を活用して、名前の持つパワーを引き出し、運気をコントロールして、欲しい運勢に近づけましょう。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ