最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

これってマナー違反?レストランで恥をかかない為のマナーや服装

      2017/03/02

これってマナー違反?レストランで恥をかかない為のマナーや服装

格式のあるレストランで食事をする場合、マナーや服装についての正しい知識がないと、恥をかくばかりか周りへの迷惑行為になってしまうなんてことも。

そこで今回はレストランで恥をかかない為のマナーや服装についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


レストランでは服装も重要なマナー

洋食店のお店で食事をする際は、和食店と比べ服装・マナーについて恥をかかないか心配される方は多いのではないでしょうか。

洋食店では客の服装などもお店の雰囲気を作る大切な要素にもなり、ランチタイム、ディナータイム、パーティーなど、その都度その都度に合わせた服選びをすることは慣れないことが多く、容易ではないでしょう。

一組一組分かれている個室があるお店であれば、さほど心配する必要はないですが、一つの空間でたくさんの人と食事をするようなお店ではなおさらです。

ましてや、お店の雰囲気に合わないファッションで来店すると、そのお店のオシャレな雰囲気を楽しみに来店してくれている他のお客様に迷惑がかからないように、人目につきにくいお店の奥の薄暗い席に案内をされたり、入店を断られたりすることさえもあります。

そのようなお店に来店する際は男性であればスーツもしくはジャケト着用、女性であればワンピースなどを着用し、シンプルで落ち着いた服装で来店することを勧めます。

レストランのクラスを知る

レストランと一概に言っても、「グランメゾン」「ビストロ」「ブラッスリー」「カフェ」など、さまざまなスタイル・クラスが存在します。

「グランメゾン」は料理のクオリティはもとよりウエイティングスペースやバーコーナーなど設備が揃ったお店で、日本国内には20件程度しかありません。

また、「究極のグランメゾン」・レストランの頂点はフランスのミシュランガイドに代表されるように三ツ星レストランがありますが、フランス国内でも26件しかありません。

ハレの日を楽しむようなグランメゾンともなれば、二人で5万円以上必要にはなりますが、最高のサービス・伝統と独創性に溢れた最高の料理を提供楽しむことができます。

あまり服装やマナーを気にせず気軽に料理を楽しみたい方には、「ビストロ」があり、時間をあまり気にせずに豊富な種類のビールを味わいたい方には、「ブラッスリー」「カフェ」などがあります。

レストランのクラス・スタイルを知ることによって、目的に合わせたお店選びをしましょう。

ドレスコードはレストランの格で決まる

ヨーロッパのレストランで食事をする際、不安要素なのが服装です。

ドレスコードがあるお店では、基本的に男性であればジャケット・ネクタイ・スラックス着用(靴もスニーカーではいけません)、女性はワンピースとなります。

女性の場合、ブラウスとスカートでも大丈夫ですが、その際はショールなどでドレッシーに着飾ることが必須となります。

また、この際に忘れがちなのが靴とバッグです。

女性のドレスコードは靴・バッグがセットとなりますのでここにも注意が必要です。

サンダルでも問題はありませんが石畳に引っかかることがあり危険ですので、ベルト付きのものにすることをお勧めします。

現地に着いてからレストランで食事をしようとしてもドレスコードの服装を持っていなければ入店すらできません。

服装規定はレストランの「格」、ランチタイム・ディナータイムによって決まって来ます
ので、衣類の荷物は多くなりますが、事前に服装規定(ドレスコード)があるのかどうかを調べ、準備をしていく必要があります。

控えた方がいい服装

レストランに来店する際に控えたほうが良い服装は多々あります。

その中でも良く見かけるのがジーンズとスニーカー、ジーンズとサンダルという組み合わせです。

まず、ジーンズは元々はアメリカの労働者階級が着用する『作業着』だったからと言われています。

作業着でレストランに来店するのはあまりにもマッチしませんよね。

スニーカー・サンダルに関してはこれといった理由はないみたいですが、上がシャンと決めているのに足元がいつものヨレヨレスニーカーやサンダルだと、コーディネート的にも見栄えは悪いですよね。

革の紐靴であれば問題なくオシャレになります。

その他避けるべきなのは、ポロシャツ、スリッパ、タンクトップ、ショートパンツ、キャミソール、ベアトップ、ジャージ、パーカetcです。

仮に、避けた方が良い服装でも入店拒否されることは滅多にありませんが、恐らくは恥をかきます。

また、冬の時期はダウンコートを着る人も多いと思いますが、 アウターはダウンよりもコートのほうが無難です。

女性が気を付けるといい服装マナーのチェックポイント

着るもの

ランチタイムは肌の露出を避けたほうが良く、普段友人や家族と出かける際の服装でも問題はありません。

ディナータイムは、ランチタイムと比べ少し服装のレベルをあげましょう。

胸元や背中の多少の露出も問題ありません。

スカートの丈は膝までが上品と言われており、ストッキングは履いていきましょう。

ドレスコードのあるレストランでは足元からしっかりと見られます。

かかと・つま先の見えない綺麗めなパンプスをお勧めします。

アクセサリー

ディナータイムは着飾る必要もあるので、着用していきましょう。

ただし、食事の邪魔になってしまわないように小ぶりなものをお勧めします。

バッグ

A4サイズ以下の小ぶりなバッグが上品に見えます。

あまり物が入らず、役目をはたしませんが・・・

香水

料理は味だけではなく香りも楽しむものです。

ワインを扱っているお店であればなおさら香りを楽しんでいる方は多いです。

お食事の邪魔になりますし、お相手・他のお客様のことも考えてつけないほうがいいです。

髪の毛

食事の際、髪の毛が邪魔になるほどの髪の長さの女性の方はまとめておくことをお勧めします。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ