話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

副鼻腔炎からくる頭痛で後頭部まで痛む場合がある!

2015.3.21

副鼻腔炎や蓄膿症など鼻の病気が原因で、後頭部が痛むことがあります。

もし、あなたが原因不明の後頭部の頭痛に悩まされているなら、これらを疑って、耳鼻科の診察を受けるとイイかもしれません。

副鼻腔炎が原因の頭痛とは

風邪を引いたり発熱があることで頭痛があるというのは血管が原因となります。

脳の表面を覆っている脳膜の血管が拡張することで頭痛が起こると考えられており、頭が全体的に痛くなったり重くなったりします。

それに対して副鼻腔炎や蓄膿症が原因となって頭痛が起きるというのは炎症が起きた場所によります。

前頭洞炎なら前頭部が痛み、上顎洞炎なら即頭部や目の下が痛み、篩骨洞炎なら目の奥や目の間が痛み、蝶形洞炎なら後頭部が痛みます。

そのため一概に副鼻腔炎が原因だと言っても、炎症を起こした場所によって痛む部分が異なってきます。

しかしながらどの位置の炎症であってもロキソニンなどの消炎鎮痛剤が有効です。

その名前のとおり炎症を落ち着かせる効果がある薬で、さらに痛みも落ち着かせてくれます。

そのため副鼻腔炎が原因となる頭痛の対処には持ってこいと言えるでしょう。

ただし市販薬というのは応急処置だと考えるべきものです。

長く使うものではありませんし、副鼻腔炎は早期治療が大切なので医療機関の行くのがベストです。

副鼻腔炎からの頭痛を疑う場合は…

鼻炎に対しては簡単に考える人も多いのですが、症状が悪化するというのなら病院に行くべきです。

たとえば、急にひどい鼻炎になったとか、アレルギー性鼻炎がぶり返してきたとか、過去に副鼻腔炎になったことがあり同じ症状が出てきたというのであれば放っておかず病院で受診するようにしましょう。

また、副鼻腔炎で頭痛になることがあります。

頭痛の始まった時期と鼻水・鼻づまりの時期が一致する、起床したときに頭痛が一番ひどい、前屈して頭を下に向けると痛みが悪化する、頬や眉間を軽く叩くと痛みがある、連日の頭痛が続いている、以上のような頭痛であるなら副鼻腔炎が原因となる頭痛である可能性が高いです。

副鼻腔炎を原因とした頭痛は放っておくとひどくなるので早めに治療することが大切です。

また花粉の季節になると鼻の調子が悪くなるので副鼻腔炎が悪化しがちです。

そのような状況でも治療さえすれば副鼻腔炎の症状はすぐに改善されるものなので早く受診するようにしましょう。

副鼻腔炎が原因の頭痛の対処法

副鼻腔炎の治療で大切になるのは膿を出し切ってしまうことです。

膿を出さないと症状は軽くならないと言えます。

そのため病院では抗生剤と膿のようになってしまった鼻水をさらさらにして出すための気道粘液修復薬を処方してくれるはずです。

耳鼻科では診察時に、鼻の奥にある膿を吸引して出してくれるので通院するだけでも症状改善効果を見込めます。

自宅で処置するのだとしたら鼻洗浄が良いでしょう。

そのタイミングとしては入浴後がおすすめです。

浴室の湯気によって鼻の中が加湿されているので膿を出しやすい状況になっています。

重度の副鼻腔炎でないなら、それだけでも副鼻腔炎が原因となる頭痛が緩和できるでしょう。

それらか自宅で薬を服用するのならロキソニンやバファリンなどの痛み止めよりも、蓄膿症の薬を服用するほうが効率的です。

蓄膿症の薬は副鼻腔炎の薬でもあり炎症を抑えて膿を出しやすくしてくれるので痛みの根本を解消することができます。

副鼻腔炎の治療を優先に!

副鼻腔炎や蓄膿症を患うより前に行なうべきことは予防です。

普段の生活から気をつけていきましょう。

食生活が何よりも大切です。

それは耳鼻科に通院してもあまり教えてくれない情報です。

通院することで病気の説明はあるでしょうが食生活を指導までしてくれる病院は少ないものです。

お医者さんからしても何人もの患者を診なければならないので一人一人時間をかけて対応するわけにはいかないのでしょうが、食生活は副鼻腔炎の予防の大切な要素となっています。

不規則な生活や食生活をしていると免疫力が低下してしまいます。

そのため風邪を引いたりアレルギーが悪化したりして、副鼻腔炎は炎症ですので免疫力が低下することで悪化してしまいます。

免疫力を高めるには、適度な運動やストレスを溜めないことも効果はありますが、一番簡単で一番効果があるのは食生活を改めることです。

急に食生活を変えるというのは難しいかもしれませんが、副鼻腔炎の治療を優先して食生活の改善に取り組みましょう。

副鼻腔炎!重症化すると手術が必要?

副鼻腔炎が重症化してしまうと手術が必要になります。

手術は内視鏡手術になると思います。

局所麻酔、もしくは全身麻酔をして、鼻から内視鏡を入れます。

モニター画面に映し出される鼻腔内を確認して、ポリープを発見次第、一つずつ切除する手術をすることになるでしょう。

ポリープが切除されれば副鼻腔と鼻腔の通路が広がるので分泌物を取り出しやすくなりますし、空気がよく通るようになります。

内視鏡手術にはメリットがあり、出血や痛みが少ないのが最大のメリットになります。

また傷が小さいので術後の回復が早いのも特徴です。

また従来の手術のように顔がはれ上がることもありませんし、後遺症として頬がしびれるなんてこともありません。

それから最近では副鼻腔炎の手術にマイクロデブリッターという装置を使うことがあります。

それは膿を吸引しながらポリープを細かく削り取ることができる装置で、従来の除去方法より安全性が向上したものです。

それに手術時間も大幅に減少させることができ、両側の手術でも1時間半程度で、入院期間も少なく1週間程度と短縮できる便利なものです。

 - 健康・病気