最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

そうだったのか!スクワットの効果的なやり方と回数

      2017/02/28

そうだったのか!スクワットの効果的なやり方と回数

みなさんは、スクワットで下半身の筋肉量を増やすことが太りにくい身体を作る為の近道だということは知っていましたか?

しかし、ただ闇雲に回数をこなすだけだと、筋肉量が増えるどころか怪我の原因にもなりかねません。

そこで今回はスクワットの効果的なやり方と回数についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


スクワットはダイエットに効果あり!

ダイエットと言えば皆さん連想するのが運動や食事制限ですよね。

特に女性は食事制限に偏りがちで運動不足になっている方が多いと思います。

疎かにしがちな運動、その中でも「スクワット」が実はダイエットにとても効果的なんです。

まずダイエットするにあたって大事なのがカロリーの収支。

食事などで摂取するカロリーと運動などで消費するカロリーがありますが、単純に消費カロリーを多くすることができればダイエットが成功すると言っても過言ではありません。

スクワットが役立つのは消費カロリーの多くを占める基礎代謝の部分です。

スクワットをすることで筋肉が増加し、基礎代謝が上がります。

大抵の女性は筋肉量が足りていないため、肥満になったり、ダイエットしてもリバウンドしたりしているのです。

数ある筋トレの中で、なぜスクワットが効果的なの?
と疑問に思う方もいると思いますが、体の中で一番大きい筋肉を動かし、筋肉の増量が一番臨めるのがスクワットだからです。

スクワット15回で得られる筋肉量を、腹筋をした場合は500回もしなければなりません。

たった15回で腹筋500回の効果があるスクワット。

ダイエットにこれほど効果的な筋トレは他にありませんね。

スクワットによる効果

ではスクワットによる効果にはどんなものがあるのでしょうか。

まず大切なことは、【継続】することです。

これはダイエットの全てに共通して言えることです。

スクワットも継続することで効果を発揮します。

スクワットは「下半身のシェイプアップ」にとても有効で、ヒップアップや浮腫の予防、血行の促進や脂肪を溜め込みにくい体質へと改善、など色々な効果が期待できます。

スクワットをすることで下半身の筋肉が上がり、垂れ下がったお尻をキュッと引き締めてくれます。

そして運動した筋肉の周りは血行促進され、浮腫を改善。

引き締まった脚を手に入れるのにも役立ちます。

スクワットを続け筋肉量が上がるだけで基礎代謝も上がるのでいつもと同じ食生活でもいつもより多く脂肪を燃焼してくれます。

もちろん食事制限も取り入れればお腹の脂肪ともサヨナラできるかも。

お尻、脚、お腹のシェイプアップ。

スクワットするだけでこれほどの効果を得られるなんて、一石二鳥どころか一石三鳥ですよね。

スクワットのメリット

数ある筋トレの中でも一番オススメ出来るスクワット。

なぜここまでオススメ出来るのかというと、スクワットにはメリットがたくさんあるからなのです。

まず、スクワットで使う筋肉はお尻や大腿などで大きな筋肉を使っています。

ですので、効率的に筋肉の増加が期待でき、引き締めることが出来ます。

そして自宅で簡単に行うことが出来ます。

立ってしゃがむことの出来るスペースがあればスクワットすることが出来ますのでお部屋が狭くても問題なし!
もちろん器具なども一切必要ないのでお金もかかりません。

自宅なら周囲の目を気にせずに出来ますし、気が向いた時にできるので手軽で楽チンですよね。

実はスクワットは無酸素運動で長時間行うことが出来ないので、消費カロリー自体は少ないです。

デメリットのように思えますが、手が空いた少しの時間でも効果を得ることが出来るので問題ないですよね。

スクワットという運動自体も簡単で誰でも出来ますし、男女関係なくおすすめできます。

回数も少なく、かかる時間も少ないのに効果はたくさんのスクワットは自宅でいつでも手軽に出来るダイエットの強い味方ですね。

スクワットの正しいやり方

手軽に出来るスクワットですが、正しいやり方を覚えることで更に効果が上がります。

どうせやるならばキチンとしたやり方でスクワットをしましょう。

まずは脚を肩幅に広げます。

または肩幅より少し広めでもOKです。

つま先は真正面か少し外に向けても大丈夫です。

脚にしっかりと力が入っていることを確認したら上半身を下げ腰を落としていきます。

この際、両手や肩に力が入らないように注意します。

力を入れなければどうしていてもOKなので、両手はそのままでも頭の後ろで組んでもお好きなようにしてください。

腰を落とす時は真下に向かって垂直に落とすイメージで、膝が地面と並行になるくらいまでしっかりと落とします。

顔は真正面を向いたまま、足に力を入れたまま垂直に腰を上げ元の位置に戻ります。

上がりきったらお尻と脚の筋肉をギュッと引き締まるように力を入れ、繰り返します。

常に筋肉に力を入れていることを意識して、腰を垂直に落とすイメージでやると良いでしょう。

最初どうしてもきつい時は回数を減らして、徐々に増やしていくようにしましょう。

効果的な回数の目安

では、ダイエットのためのスクワットはどのくらいすればよいのでしょうか。

目安の回数が知りたいですよね。

スクワットをダイエットで行う場合、一日で大腿50回くらいが適していると言われています。

きついからと言って回数をあまり少なくしては思うようにダイエットの効果が出ませんので、回数をこまめに分けるなどして50回を目標にしましょう。

もちろん、朝・昼・晩に15回ずつでもOK。

一日に50回程度を目安に頑張りましょう。

慣れてくると、これ以上も出来そうだと感じてくる人もいると思いますが、あまり回数を増やすのはおすすめしません。

なぜなら、スクワットは筋肉を鍛えて増量するので、あまり鍛えすぎるとゴツゴツと筋肉質になりかねません。

細い足を目指していたのに、筋肉をつけすぎて太くなってしまっては本末転倒ですし、筋肉は脂肪と違って落とすのも時間がかかります。

適度に効果があり、無理なく出来る回数が50回くらいなので、目標にして、継続しましょう。

すべてのダイエットは継続をすることが一番難しく大切なことです。

継続したスクワットでキレイなボディを手に入れましょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ