最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

そうだったのか!スクワットの効果的なやり方と回数

      2017/02/28

そうだったのか!スクワットの効果的なやり方と回数

みなさんは、スクワットで下半身の筋肉量を増やすことが太りにくい身体を作る為の近道だということは知っていましたか?

しかし、ただ闇雲に回数をこなすだけだと、筋肉量が増えるどころか怪我の原因にもなりかねません。

そこで今回はスクワットの効果的なやり方と回数についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


スクワットはダイエットに効果あり!

ダイエットと言えば皆さん連想するのが運動や食事制限ですよね。

特に女性は食事制限に偏りがちで運動不足になっている方が多いと思います。

疎かにしがちな運動、その中でも「スクワット」が実はダイエットにとても効果的なんです。

まずダイエットするにあたって大事なのがカロリーの収支。

食事などで摂取するカロリーと運動などで消費するカロリーがありますが、単純に消費カロリーを多くすることができればダイエットが成功すると言っても過言ではありません。

スクワットが役立つのは消費カロリーの多くを占める基礎代謝の部分です。

スクワットをすることで筋肉が増加し、基礎代謝が上がります。

大抵の女性は筋肉量が足りていないため、肥満になったり、ダイエットしてもリバウンドしたりしているのです。

数ある筋トレの中で、なぜスクワットが効果的なの?
と疑問に思う方もいると思いますが、体の中で一番大きい筋肉を動かし、筋肉の増量が一番臨めるのがスクワットだからです。

スクワット15回で得られる筋肉量を、腹筋をした場合は500回もしなければなりません。

たった15回で腹筋500回の効果があるスクワット。

ダイエットにこれほど効果的な筋トレは他にありませんね。

スクワットによる効果

ではスクワットによる効果にはどんなものがあるのでしょうか。

まず大切なことは、【継続】することです。

これはダイエットの全てに共通して言えることです。

スクワットも継続することで効果を発揮します。

スクワットは「下半身のシェイプアップ」にとても有効で、ヒップアップや浮腫の予防、血行の促進や脂肪を溜め込みにくい体質へと改善、など色々な効果が期待できます。

スクワットをすることで下半身の筋肉が上がり、垂れ下がったお尻をキュッと引き締めてくれます。

そして運動した筋肉の周りは血行促進され、浮腫を改善。

引き締まった脚を手に入れるのにも役立ちます。

スクワットを続け筋肉量が上がるだけで基礎代謝も上がるのでいつもと同じ食生活でもいつもより多く脂肪を燃焼してくれます。

もちろん食事制限も取り入れればお腹の脂肪ともサヨナラできるかも。

お尻、脚、お腹のシェイプアップ。

スクワットするだけでこれほどの効果を得られるなんて、一石二鳥どころか一石三鳥ですよね。

スクワットのメリット

数ある筋トレの中でも一番オススメ出来るスクワット。

なぜここまでオススメ出来るのかというと、スクワットにはメリットがたくさんあるからなのです。

まず、スクワットで使う筋肉はお尻や大腿などで大きな筋肉を使っています。

ですので、効率的に筋肉の増加が期待でき、引き締めることが出来ます。

そして自宅で簡単に行うことが出来ます。

立ってしゃがむことの出来るスペースがあればスクワットすることが出来ますのでお部屋が狭くても問題なし!
もちろん器具なども一切必要ないのでお金もかかりません。

自宅なら周囲の目を気にせずに出来ますし、気が向いた時にできるので手軽で楽チンですよね。

実はスクワットは無酸素運動で長時間行うことが出来ないので、消費カロリー自体は少ないです。

デメリットのように思えますが、手が空いた少しの時間でも効果を得ることが出来るので問題ないですよね。

スクワットという運動自体も簡単で誰でも出来ますし、男女関係なくおすすめできます。

回数も少なく、かかる時間も少ないのに効果はたくさんのスクワットは自宅でいつでも手軽に出来るダイエットの強い味方ですね。

スクワットの正しいやり方

手軽に出来るスクワットですが、正しいやり方を覚えることで更に効果が上がります。

どうせやるならばキチンとしたやり方でスクワットをしましょう。

まずは脚を肩幅に広げます。

または肩幅より少し広めでもOKです。

つま先は真正面か少し外に向けても大丈夫です。

脚にしっかりと力が入っていることを確認したら上半身を下げ腰を落としていきます。

この際、両手や肩に力が入らないように注意します。

力を入れなければどうしていてもOKなので、両手はそのままでも頭の後ろで組んでもお好きなようにしてください。

腰を落とす時は真下に向かって垂直に落とすイメージで、膝が地面と並行になるくらいまでしっかりと落とします。

顔は真正面を向いたまま、足に力を入れたまま垂直に腰を上げ元の位置に戻ります。

上がりきったらお尻と脚の筋肉をギュッと引き締まるように力を入れ、繰り返します。

常に筋肉に力を入れていることを意識して、腰を垂直に落とすイメージでやると良いでしょう。

最初どうしてもきつい時は回数を減らして、徐々に増やしていくようにしましょう。

効果的な回数の目安

では、ダイエットのためのスクワットはどのくらいすればよいのでしょうか。

目安の回数が知りたいですよね。

スクワットをダイエットで行う場合、一日で大腿50回くらいが適していると言われています。

きついからと言って回数をあまり少なくしては思うようにダイエットの効果が出ませんので、回数をこまめに分けるなどして50回を目標にしましょう。

もちろん、朝・昼・晩に15回ずつでもOK。

一日に50回程度を目安に頑張りましょう。

慣れてくると、これ以上も出来そうだと感じてくる人もいると思いますが、あまり回数を増やすのはおすすめしません。

なぜなら、スクワットは筋肉を鍛えて増量するので、あまり鍛えすぎるとゴツゴツと筋肉質になりかねません。

細い足を目指していたのに、筋肉をつけすぎて太くなってしまっては本末転倒ですし、筋肉は脂肪と違って落とすのも時間がかかります。

適度に効果があり、無理なく出来る回数が50回くらいなので、目標にして、継続しましょう。

すべてのダイエットは継続をすることが一番難しく大切なことです。

継続したスクワットでキレイなボディを手に入れましょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ