最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

男性必見!女性が結婚を意識するのはいつ頃から?

      2017/03/07

男性必見!女性が結婚を意識するのはいつ頃から?

女性にとっての結婚は男性以上に大切なイベントです。

そんな女性が彼氏との結婚を意識し始めるのはいったいいつ頃からなのでしょうか。

今回は個性が結婚を意識するのはいつ頃からかについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


3年付き合って結婚したい人がトップ

彼氏とお付き合いしてどれくらい結婚したいか?

【質問】彼氏と付き合ってどれくらい結婚したい?

【回答数】

  • 半年:11
  • 1年:21
  • 2年:22
  • 3年:29
  • それ以上:17

3年一緒にいたら相手のことが分かるか?

アンケート結果では彼氏と付き合って3年たつと自然と結婚を考えるようです。

「3年もたてばお互いの良い点、悪い点も一通り分かるような気がします。付き合いが長くなると結婚という形にこだわらなくていいような気になりそうで怖い…。逆に述べると、気持ちだけ突っ走ってしまいそうなのです。3年は程よい期間だと思います。」

「ずるずる長く付き合うのはイヤだけど、相手のことをきちんと知ったうえで結婚したいから1年付き合ってもその人のことはちゃんと分からなかったから、3年くらいであれば分かるかな、という理由で選びました」

「長すぎるのも短すぎるのもイヤ、。長いとずるずる引きずって結婚しなくてもこのままでいいような気がするし、短いと相手の本性が分からないから」

この質問で特に目立ったキーワードが「3年たてばお互いのことが分かるのではないか」という回答でした。

信頼関係を築きながら結婚を意識する

結婚を意識するということは、お互いの信頼関係を築くことが前提条件となります。

お付き合いを始めたばかりの熱烈な気持ちでは結婚はうまくいきません。

お付き合いを始めて何年かたって、お互いの価値観や金銭感覚などがうまく一致していること、色々な意味でお互いが信頼しあえるようになってから

・お付き合いを始めて1年くらい
・周囲を含めて結婚するのは半年から1年くらいかと思われます。

1年くらい付き合うと、お互いのことがよく分かるようになり、徐々に信頼関係を築くことができるようになってきます。

逆に1年たっても信頼関係がないカップルは結婚には向いていません。

結婚は自分たちだけの問題ではなく、両親や親戚、友人にも信頼されなければ成り立ちません。

結婚すればこの先30年、40年ともに生活をし、苦楽を共にしていかなければなりません。

30年後、40年後の二人が想像できるようになって始めて、具体的に結婚をイメージするようになる人が多いようです。

結婚を意識し始めるのは付き合って1年未満

まず始めに結婚前のお付き合いとプロポーズまでについて質問してみました。

結婚相手になった彼、または彼女は今までお付き合いした中で何人目ですか?

という質問に対して4.7人目が平均でした。

「付き合い始めて1年未満」で70パーセントの人が相手との結婚を意識するようになっています。

それに対して実際のプロポーズの時期は1年未満が36%、1年から2年未満が25%という結果となり、結婚を意識してからプロポーズまである程度の時間をかけていることが判明しました。

パートナーが理想のタイプかどうかという質問については100%理想と同じという人が3割、半数の人が妥協していると答えています。

妥協できるポイントとしては、容姿が41パーセント、経済力が39パーセントと上位になりました。

やはり結婚となると容姿にはこだわらない、経済力が多少なくても安心感を求める人が多いようです。

逆に新しい家庭のイメージ、人生観、結婚観に妥協した人は少ないという結果となりました。

また家族との関係ですが、相手の家族との相性は気になるけど、自分の家族と相手の相性はあまり気にしないといった傾向も見えました。

女性が結婚を意識し始める3つのきっかけ

1:結婚意識し始めるきっかけとして、喧嘩をしても突き放されず、きちんと向き合ってくれた。

喧嘩をした後、もう付き合うのが嫌になった。

別れたいと伝えたにも関わらず理解しあいたいする場を作ってくれて、このまま交際を続けるために前向きに構想してくれたとき、このパートナーとなら本気で向き合えると思いました。

恋人でも夫婦でも喧嘩はつきものです。

お互い逃げ出さずい必死で向き合おうと努力してくれる人なら、どんな場面でもお互い歩み寄っていけそうですね。

結婚しても長続きするためにはお互いのことを理解して歩み寄るって本当に大切です。

2:初めて共感してくれた人だったから

昔、新婚旅行は月に行きたいと言ったら友人に馬鹿にされたんだよ、と彼に話した時、自分も宇宙に行ってみたいと思っていたから月に行ってみるのもいいね、と共感してくれたとき。

好きなことや価値観が一緒だというのは外せないポイントです。

何気ない会話でも考え方が一緒だと思ったらうれしくなりますよね。

同じものを見て同じように感動する、それが理想の夫婦でないでしょうか。

また自分からではなく彼からの誘導で結婚を意識したケースもあります。

3、彼の口から結婚を連想させる言葉を聞いたから

付き合い始めてから「次に付き合う女性と結婚するつもりだ」と言われていて、それを聞いたとき、自分も何となく最初から「この人と結婚するんだなあ」という気持ちだった。

何か不思議な縁を感じた。

相手が結婚を考えていると分かれば自分も同じように意識するのは自然なことではないでしょうか。

結婚にしり込みする男性が多いこのご時世で、いつの間にか結婚を意識させられていたなんてとても幸せなことかもしれませんよね。

女性が結婚を意識する瞬間

第1位:二人で何気なく話していたのに、自然と将来の話で盛り上がった時 25.2%
第2位:友達のハッピーな結婚生活の話を聞いたとき
第3位自分の年齢を意識して結婚適齢期だと自覚したとき 14.8%
第4位:出会った時の直観で、なんだかビビット来るものがあった
第5位:彼が自分のことを両親に話して紹介してくれて両親に会うことになったとき
第6位 彼が落ち込んでいるとき、体調が悪い時など彼には自分が必要なんだなあと感じた時 9.0%、
第7位:彼からプロポーズされたとき8.8%、
第8位:結婚資金や結婚後の生活のために一緒に貯金を始めることを決意した時
第9位:妊娠した時 1.8%
第10位:体力の低下を感じて結婚するなら若いうちがいい、子育てするなら若いうちがいいと思ったとき 1.0% 

第1位の二人の将来の話で盛り上がった時というのは具体的に、彼から将来は君と一緒にこんな家庭を築きたいなあ、子供は●人欲しいなあ、なと二人の将来設計にかかわる話が出てきたことでお互い結婚を意識しているということを感じたそうです。

そして第2位には15.2%の割合で友達の幸せストーリーを聞いたとき。がランクイン。

結婚適齢期になると周りはラッシュで結婚式に招待されることもきっと多いのではないでしょうか。

そんな時には必ずと言っていいほど自分も早くあんな風に幸せになりたいと憧れてしまうものです。

またいつかは自分も…と考えることは自然なことです。

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ