最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

マッサージの仕事は大変なのか?仕事内容まとめ

      2017/03/01

マッサージの仕事は大変なのか?仕事内容まとめ

マッサージの仕事には興味がある!!でも体力仕事で大変そう・・・

そんなマッサージの仕事の実情を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

スポンサーリンク


マッサージの仕事とは

マッサージの看板を掲げて施術できるのは、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を持っている方だけです。

エステやカイロプラクティクスと混同されがちですが、これらとは別になります。

マッサージとは、腰痛や肩こりなどの症状に対して、あんま、マッサージ、指圧を使って痛みを緩和してコリをほぐすことを言います。

これらの施術には器具を使用しません。

施術を行う前には、問診を行い、検査をして施術方針を決めることが多いです。

エステやカイロプラクティクスに国家資格は無く、民間資格ばかりですが、開業するのに資格はいりません。

それに比べてマッサージは国家資格が必要となります。

そのため、無資格で開業している所に通うよりも、マッサージの方が安心して通うことができます。

あん摩マッサージ指圧師の資格だけでなく、はり師、きゅう師の国家資格も持っている方のことを鍼灸マッサージ師といいます。

マッサージだけでなく、針やお灸を使って痛みやコリを和らげます。

マッサージ師の種類

マッサージ師にも様々な種類があります。

肩こりや腰痛などの症状に対して、あんまやマッサージ、指圧を行うことで症状の軽減を目指すのは同じですが、活躍する場所や対象となる患者さんが違います。

また、施術内容も違ってきます。

一般的なのは、治療院として開業しているケースです。

ここでは、一般のお客様にマッサージをします。

この他、介護施設や病院に勤務して患者さんや入居者の方に施術するというものです。

あまり一般的に知られていないのが、スポーツの現場で活躍するマッサージ師です。

野球やサッカーなどを始め、様々な競技の選手が利用しています。

競技によって使う筋肉も違うので、スポーツの現場で働くマッサージ師には、一般的な知識はもちろん、選手一人一人に特化した知識や気遣いが求められます。

この他、訪問して施術するケースや企業内で施術するマッサージ師もいます。

美容業界では、マッサージというとリンパマッサージが有名です。

血液やリンパの流れを整えることで新陳代謝が良くなります。

そうすることで、老廃物を出しやすくして、栄養が全身に回るようにします。

また、血行も改善するため、免疫力も良くなり、美容効果も高いです。

さらにリラクゼーション効果もあり人気となっています。

マッサージ師に必要なスキル

マッサージ師に必要なスキルは、マッサージ師を養成する学校で学ぶことができます。

マッサージ師を名乗るには、国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」の資格を取得する必要があります。

厚生労働省から認可された特定の学校のみがマッサージ師を養成する教育機関を名乗れます。

そこで3年間勉強して国家試験に合格するとマッサージ師として認められます。

マッサージの学校では、東洋医学だけでなく、現代医学を学びます。

施術方法についても当然学びますし、基本的には東洋医学の考え方で腰痛や肩こりなど症状に対応する術を学びますが、現代医学も同時に学びますので、目の前の患者さんに最適な施術ができるよう、現代医学の考え方も取り入れて柔軟に対応できるようなスキルも学びます。

こうした学校は全国にいくつかありますので、よく調べて後悔のないようにしましょう。

体験入学制度のある学校もありますので、積極的に活用して納得の行く学校を選び、一生もののスキルを身に着けましょう。

マッサージ師の平均年収

マッサージ師の平均年収は300万円〜400万円ほどになります。

月収にすると16万円〜20万円代が多いです。

マッサージ師は、治療院や病院に勤めている場合でも年功序列というよりは、施術内容と施術人数によってある程度の報酬が決まってきます。

そのため、ベテランだからといって大幅に給与が上がることは少ないです。

もちろん、国家資格を持っているということで手当が付いたり、基本給が優遇されることも多いです。

勤める職場によっては、歩合給を取り入れているところもあります。

これは、施術をした分だけ給与が上乗せされるというものです。

マッサージ師としての人気が出て、奥のお客様に施術することができれば、その分稼ぐことができます。

稼ぐ方の中には、月収で50万円を超える方もいます。

勤務する他、独立開業の道もあります。

この場合は、マッサージの腕前も大事ですが、店舗経営が大事になってきます。

開業場所の選定からお金の管理、集客など、多くのお客様に来ていただけるように営業努力をします。

その上で、成功している方では年収1000万円を超える方もいます。

マッサージ師の大変なこと

マッサージ師の大変なことは、体力が必要なことと、コミュニケーションスキルが必要なことです。

あんま、マッサージ、指圧を駆使して施術しますので、マッサージ師は全身を使います。

施術には思いのほか力を使います。

それを一日中行うとなると、その疲れは大変なものです。

マッサージ師にはコミュニケーションスキルも必要となります。

マッサージでは、多くの場合、事前に問診を行います。

その時に、患者さんから痛いところや違和感のある部分を聞き出す能力が必要となります。

また、施術中は患者さんと1対1となりますので、患者さんにはリラックスして施術を受けてもらえるような雰囲気作りも大事になります。

接客業であればどの業界でもあり得ることですが、患者さんの中にも合う人と合わない人はいます。

また、理不尽な要求をしてくる患者さんもいます。

そうした患者さんに対して対処ができるようになることも大事です。

また、その時、マッサージ師自身の気持ちの持ちようも大事です。

このような患者さんに関わって不快な気分になったまま、次の患者さんに接するような事の無いよう、気持ちの切り替えができるようにならなければなりません。

マッサージ師に技術が求められるのは当然ですが、接客のスキルも求められます。

こうしたことがマッサージ師として大変な事になります。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ