最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

女子の会話って男にとって面白くないもの?

      2017/03/24

女子の会話って男にとって面白くないもの?

男にとって女子の会話ってあまり面白いものとは言えない場合が多いですよね?

そんな話がどうしてそんなに面白いの?

どうしてそんなに盛り上がれるの?

そういう男女の違い、調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


男にとって話がつまらない女性の会話の特徴トップ5!

女性の会話は男性にはつまらないと言われますが、話がつまらない女性には特徴があります。

1.人の話を聞かない

話がつまらない女性の最大の特徴であり、人の話を聞くのが苦手で、話すことも下手です。

話し上手聞き上手という言葉があるのですが、その両方できていないというわけです。

2.話の内容がまとまっていない

頭の中で話を整理していれば自然と余裕が生まれて、その余裕から話に緩急を付けられるのですが、整理しないまま話されると聞いているほうは疲れてしまいます。

3.話がつまらないことにさえ気づいていない

人から話がつまらないと指摘されることではじめて自分の話がつまらないのだと気づくものです。

そのため指摘されなかった女性は話が上達することはありません。

4.一方的な話

女性が自分の興味だけで話しているので聞いているほうはつまらないのです。

内輪ネタや女性自身しか知らないようなネタで勝手に盛り上がられても男性は困るだけです。

5.話題が飛ぶ

思いついたことをベラベラと話してしまう女性がいますが、聞いているほうからすると何の話をしているのか分からないものです。

そうなると話についていけなくなるので話がつまらないと感じるようになります。

男がつまらない、面白くないと感じる女子の言動

話がつまらない女子は特定のつまならい発言をしています。

自分で定義付けしていないでしょうか。

「わたしってB型だから」とか「わたしって天然だから」とか、そのように「わたしてっ何々だから」が口癖になっていると男はつまらないと思う傾向があります。

中にはドン引きしてしまう男もいるほどです。

リアクションを強要も良くありません。

「もっと笑ってよ」と女性から言われても男は愛想笑いが苦手なので上手く笑えません。

そのため笑いどころが違うのに笑顔を作れるほうが稀で、多くの男性はなかなか興味を示せません。

また「すごく面白いことがあってね」というような前置きも好まれない傾向が強く、面白いか面白くないかは聞いている人に任せるべきだと言えます。

あとは催促のも良くありません。

「ここは何々って言うところでしょー」というように合いの手を求めるのは良くないです。

お笑いネタやパロディをしているつもりでも、男がそれをしたいとは限りません。

リアクションを強要されることで疲れてしまい男はうんざりしてしまいます。

男も気を付けたい、女子の言動から見る「面白くない」と思われないポイント3つ!

男女共に話がつまらないと思われてしまう話し方が3つあります。

1.知識の披露

会話をしていて知識をひけらかす人がいますが、それを聞いて面白いと思う人は少ないです。

自慢話に聞こえて不快だと捉えられているかもしれません。

相手が笑顔でいたとしても内心では白けていることもあるでしょう。

2.人の話を聞かない

あなたは周りの話に耳を傾けているでしょうか。

また、「そういえば」というように話を切り出していないでしょうか。

そのような切り出しからの話は自己主張が多いもので、自分しか見えていないのでは聞いている相手は面白いと思ってはくれないでしょう。

3.愚痴・悪口を言う

会社や上司の不満などで悪口大会を行っていませんか。

誰かの悪口を聞いて盛り上がれない人もいて、相槌を打つことも気が引ける人だっています。

基本的に人の悪口では気分は良くなりません。

悪口の相手も、悪口を言う自分もマイナスのイメージがくっついてしまうだけです。

女子(彼女)との会話が面白くない(つまらない)時の対処法!

女子や彼女の会話がつまらない。

しかしそれを顔や態度に出したくないというのなら、まず気をつけるべきは口元です。

軽く歯を閉じて唇は少し開けるようにすると、無表情だったとしても柔らかい印象になります。

また軽く口角を挙げることも効果的です。

そして自然な愛想笑いを練習しておきましょう。

練習しておこないと自然な愛想笑いはできないものです。

嘘笑いが自然な顔になるように意識して練習してください。

それができればいざというときにも役に立ちます。

また相槌も大切です。

「ふんふん」と相槌を打つだけで、リアクションが返ってきたことに相手は安心しますし、少なくとも不満を覚えることはないしょう。

むしろ、話を聞いていると意思表示しているのであなたの評価は上がると思います。

まとめると無理に表情を作って相槌を打つということです。

そのようなことで彼女の機嫌は悪くなりませんし、義理の付き合いで大人の対応ができるようになるので、愛想笑いの練習をして損はありません。

これも女性の話し方の特徴?夫婦の会話に見る男がついていけない話法とは?

夫婦になって妻のことがよく分かっていると思っていても、話についていけるかは別問題です。

話題があちこちに飛ぶというのは女性の会話の基本でもありますが、話題があちこちに飛ぶことで男性は何の話だか分からなくなります。

主語が省かれるだけでも男性は何の話だか分かりません。

たとえば「今日、怪我したの」と妻が言えば、夫は妻が怪我したのだと思いますが、実は子どもの怪我だったりペットの怪我だったりということが珍しくありません。話をはっきりさせようと夫は「誰が?」と聞くことになるのですが、それを面倒に思っていることでしょう。

同じ理由でアレ・コレ・ソレなどの指示語も話についていけない原因になります。

主語が分からないように、何を指しているのか分からないのです。

そしてもう一つ、不意な話の切り出しに男性は対応できません。

女性が「ティッシュペーパーがない」とか「疲れたー」とか言っても、男性はその意図を汲み取れずそうなんだと思うだけです。

そのような不意な話の切り出しには結論がないとも言えます。

いつまでも続きそう長い話を聞いて男性は「だから何が言いたいのか」と思うだけです。

妻からすればもう少し話に付き合ってもらいたいと思っても、主語や結論がないことで、男性はちゃんと付き合えているのかさえ分からないのです。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ