話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

彼女が結婚したいと言い出した!あなたはどう反応する?

2015.5.31

彼女もそろそろ適齢期!

あなたとの結婚を意識しているのにいつまで待ってもプロポーズしないあなた!

しびれを切らした彼女があなたと結婚したいと言い出したらあなたはどう反応しますか?

目次

男性が結婚したいと思える彼女(女性)の特徴ベスト3!

男性が結婚したいと思える女性の特徴を3つご紹介します。

1.言葉遣いや一般常識的なマナーをきちんと知っている女性

面と向かって注意する男性はあまりいないと思いますが、この部分を重視している人はかなり多いようです。

結婚となると、結婚式だけでなくその後も会社の人や親族と顔を合わせる機会も増えるでしょう。

その時に、言葉遣いやマナーができていないと、自分が恥ずかしい思いをすることになってしまうので、重視する男性が多いのです。

特に言葉遣いは知っていないと、とっさに言葉が出てこないものです。

敬語をきちんと使えるのは当然で、できない女性は「人に胸を張って紹介できない」と結婚相手としては敬遠されてしまいます。

マナーも同じで、冠婚葬祭のマナーなど一般常識は知っておかないと、男性としては困ってしまいます。

2.お金の管理がしっかりできる女性

独身時代どれだけ自由にお金を使っていたとしても、結婚後は子供が産まれた時のことや、将来の生活のためにもお金のやりくりは必要になってきます。

よく「財布を握る」と言いますが、男性が財布を握っていても、やはり女性がお金を管理することも大切です。日常生活でどのくらいのお金が必要か、給料の振り分けをしっかり管理してくれる女性だと「任せられる」と男性は思うようです。

お金の管理と一言で言っても、無駄なお金を使わないというのも含まれます。

欲しい物は我慢せず買ってしまう女性は、お金の管理ができていないと見なされ、結婚に踏み切れないこともあるようです。

3.料理や家事が上手な女性

仕事から疲れて帰ってきても、食事もできていない、部屋も散らかっているのでは、せっかくの家庭が癒される場とは程遠くなってしまいます。

全ての家事をこなして欲しいわけではなく、最低限のことはできていて欲しいと思う男性が多いようです。

特に料理が上手な女性だと、仕事で外食が多い男性にとっては「家でご飯を食べよう」という気にさせるそうです。

最近は夫婦で家事を分担するべき、と謳われていますが、仕事がある時は奥さんにやってもらいたいと思っている男性が多数を占めました。

彼女があなたと結婚したいと言い出した時に素直にプロポーズしたくなる彼女の言動とは?

彼女から「結婚したい」と言われた時、素直にプロポーズしたくなる言動とはどのようなものなのでしょうか?

1.サプライズ手作り弁当を渡す

「同じ会社で働いている彼女から、急にお弁当を渡された。ビックリしたのと同時に早く結婚したいと思った」(27歳 公務員)

「彼女と公園を散歩していたら、お弁当作ったんだけど食べない?と言われ、嬉しかった。そろそろプロポーズしようかと思っています」(24歳 アパレル)

手作りのお弁当は、彼の心を動かすのにかなり効果があるようです。

自分の得意料理を入れて、アピールしてみましょう。

2.服装を直してあげる

「会社で会議の前に会ったら、ほこり付いてるよ、と服をきれいにしてくれた。そのおかげで会議で堂々と発言ができた。彼女と一緒にいれば、もっと自分が成長できる気がするので結婚したい」(25歳 ライター)

「何も言わずにネクタイが曲がっていたのを直してくれた。毎朝やって欲しいので本気で結婚を考えています」(22歳 営業)

女性は自分の服装のことで精一杯になりがちです。

彼のこともしっかり見てあげるといいですね。

3.自分の新たな一面も好きだと言ってくれる

「何もないところで転びそうになった時、どんな姿のあなたも好きだから安心して、と言ってくれた。そこまで言ってくれる人はいないと思うので、彼女を逃したら一生結婚できないと思う」(23歳 銀行員)

愛情さえあれば、どんな姿を見せても受け止めてもらえることでしょう。

4.帰り際に同じ家に帰りたいと言う

「彼女が同じ家に帰りたいね、とデートが終わった帰り際に言ってくれた」(25歳 不動産)

図々しいと思われそうですが、男性にとったら嬉しい言葉のようです。

5.けんかをして仲直りした後「向き合えてよかった」と言う

「彼女と大ゲンカをした後、色々話し合って仲直りをした時に彼女が、きちんと向き合えてよかったと言ってくれました。この子を幸せにしたいと心底思った」(29歳 塾講師)

価値観が違うのは当たり前のことです。

きちんと話し合って向き合えば、お互いに最良のパートナーとなるでしょう。

彼女があなたと結婚したくても出来ない…と考える理由とは?

彼女があなたと結婚したくても、できないと考えている理由はなんなのでしょうか?

1.彼女の家庭に問題がある

結婚は双方の合意だけでもできますが、お互いの家にも報告するのは礼儀として当たり前です。

その礼儀を彼氏が重んじる場合、彼女の家庭に問題があると彼女は家族に会わせたいと思わないでしょう。

例えば、両親が離婚寸前である、や引きこもりの兄弟がいる、など彼に会わせたくないと思ってしまうと、結婚を躊躇するきっかけになりかねません。

家族は関係ないと彼氏が言ったところで、彼女が納得しない限りはこの問題の解決は難しいと言えます。

たとえ結婚を約束しあった関係であっても、家族問題に彼女の了承を得ず深く介入するのは避けたほうがいいでしょう。

2.彼女に借金がある

結婚をすると、多くの夫婦は同じ家で暮らし始めます。

そこでポストに借金の催促状が入っていたり、催促の電話が来たり、直接訪問されたり、などがあるとどうでしょうか?

彼氏に内緒だった借金がばれてしまいます。

結婚すると隠し通すのも困難ですが、かと言って借金の話を彼氏にすれば別れるリスクにもなりかねません。

こういったジレンマに陥り、結婚に踏み出せないのです。

3.浮気をしている

現在進行形で彼女が浮気をしている場合、いくら彼氏からプロポーズをされても素直に喜べないかもしれません。

彼氏彼女の間柄であれば、他の男性と付き合っていても浮気で済みますが、結婚後は不倫となるため法で裁かれる場合もあります。

そうなると彼女にとっては都合が悪くなるので、結婚できないと考えているのです。

浮気相手と別れればいいだけの話ですが、浮気相手にも独身と嘘をついて付き合っていた場合、簡単に別れることもできないでしょう。

身から出たさびですから仕方ありませんが、これは自分で解決するしかありません。

4.実はバツイチ

最近ではバツイチのイメージも悪くありませんが、こだわる人はこだわります。

バツイチであることを伝えないまま付き合い続け、結婚の話になってしまうと、とても言いにくいでしょう。

しかし、いつかはわかってしまうことですし、黙ったまま結婚するのは得策ではありません。

バツイチを告白して振られるのは怖いと考え、言い出しにくいのも事実です。

彼氏と結婚を考えているなら、早めにバツイチであることを伝えましょう。

あなたと結婚したい彼女にあなたの前でとって欲しい行動とは?

あなたと結婚したい彼女に、あなたの前で取って欲しい行動を聞いてみました。

1.家庭的な面をアピールする

やはり女性は、料理や家事といった家庭的な部分ができることが大きなアピールポイントと言えます。

女性は休みの日に家に行って手作り料理を振る舞ったり、何気なく部屋を整理整頓したりして、家事ができるところを見せてみましょう。

2.子供の名前を一緒に考える

将来子供が産まれたら、男の子だったらこんな名前がいい、女の子だったらこんな名前がいいと言うように、一緒に名前を考えてみましょう。

家族3人で公園で遊んでいる姿などを想像して、早く結婚したくなるかもしれませんね。

3.なるべく同棲はしないようにする

いくら一緒にいたくても、なるべく同棲はしないようにしましょう。

一緒に住んでいれば結婚しているのと同じ、と思われてしまうこともありますし、厳しいご両親の場合納得してもらえないかもしれません。

4.まったく結婚を考えていないふりはしない

あまり相手に結婚を焦らせても、という気持ちから「結婚なんてまだまだ先」などといった態度を取ると、自分との結婚を考えていないのかな?

と思われてしまうかもしれません。

5.彼に依存しすぎない

付き合っているとは言え、適度な距離感を保つことは重要です。

彼に依存しすぎると重たいと感じられてしまうので、気をつけましょう。

6.両親に会う

両親と会ってもらうことで、結婚がより現実的に感じられるようになります。

両親から結婚に関する質問などをしてもらうと、効果は倍増するかもしれません。

結婚したい彼女に突然「結婚しよう!」と言い出したくなる5つの男性心理!

男性が女性に「結婚しよう!」と言い出したくなる男性心理をいくつかご紹介します。

1.彼女と結婚したがっている他の男性の存在を知った時

男性の独占欲や嫉妬心により、結婚したいという気持ちを勢いづけてくれるでしょう。

一緒にいて当たり前の存在である彼女が、他の男性と結婚するぐらいなら「自分と結婚してほしい」と思うはずです。

ただ、伝え方によっては彼女の浮気を疑われてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

2.仕事に自信が持てるようになった時

仕事で成功したり、昇進が決まったりなど、結婚して自分でも家族を養っていける、という自信がついた時に、結婚を決心するパターンです。

計画性のある男性であればあるほど、結婚するためには経済力が必須と考えている可能性が高いです。

3.目標にしていた貯金額を達成した時

将来のことを考えて、結婚資金と結婚後の生活資金をコツコツと貯金していた場合、目標金額を達成すればプロポーズが近いかもしれません。

金銭面で彼女に苦労させないように、結婚に向けて計画的に貯金をしていた可能性があります。

4.仕事で転勤が決まった時

「一緒に来て欲しい」とプロポーズするパターンです。

引越ししないといけないくらい遠い場所へ転勤が決まった場合、結婚を決意する方も多いようです。

ただし、転職のタイミングで別れを告げられる可能性もあるので、心の準備が必要です。

5.家の契約更新の時

家が賃貸の場合、何年かに1度契約を更新しなければなりません。

その際、高い更新料を払わなければならないので、そのタイミングで引越しや家を購入するなど、ライフスタイルの変化を考える場合もあるようです。

結婚について意識するいいきっかけになりますね。

契約更新のタイミングで、将来の2人のことを相談し、結婚を意識させてはどうでしょうか。

 - 恋愛