最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

お姉さん好き必見!年上女性が年下の男性に恋愛感情を抱く理由

      2017/03/03

お姉さん好き必見!年上女性が年下の男性に恋愛感情を抱く理由

最近は年上の女性に惹かれる男性・逆に年下の男性に惹かれる女性が増えているようです。

歳を感じさせない外見に、年上ならではの落ち着いた雰囲気の女性が好まれるように、

女性から見てどんな年下の男性が恋愛対象に成り得るのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


年下の男性に惹かれている女性は多い!?

憧れの年上女性がいるけど、自分なんか相手にされないのでは、と思っている方!諦めるのはまだ早い!

実は年下男子に惹かれる女性が意外と多いみたいなんです。

年下男子が無邪気にはしゃぐ姿に「キュンとする」「母性本能をくすぐられる」などの意見や、「一生懸命頑張ってくれる」「年関係なく彼女扱いしてくれる」などの年下男子の頑張りを評価してくれる女性は多いようです。

年上や同年代に食事を奢られるよりも年下男子に奢られる方が嬉しいとの声もあり、年下男子の背伸び感にキュンとしつつ喜びを感じているようです。

また、「年下の彼氏といると気持ちも若返る」「彼の肌ツヤがきれいなので負けじとスキンケアしている」などのアンチエイジング効果(!?)も期待出来るとの意見も。

そして中には、「彼氏と同年代の若い子たちがライバル!」と女性自身の女磨きに気合が入る人もいるようです。

年上の男性が好みの女性ももちろんいますが、年下萌えの女性も多くいるので、お姉さん好きな男性はどんどんアタックしていきましょう。

女性が年下の男性と恋愛したい理由は?

では、年上女性が年下男子と付き合う理由は何でしょうか。

「年下の魅力は何?」と質問すると良く帰ってくる答えは「年下は可愛い!」

とにかく母性本能がくすぐられる、キュンキュンする、という女性が多いです。

仕事等ですり減っていくココロの癒しになっているのかもしれませんね。

また、年下男子は甘えることが多く、それが年上女性の母性本能を満たしてくれるのです。

年上の男性は割りと落ち着きがあり余裕があるので全く違う魅力がありますが、母性本能は満たしてくれませんからね。

そして年下男子のもう1つの魅力は「感情表現がストレート」であることです。

歴戦練磨の年上男性と違い、直球ストレートで勝負することの多い年下男子にグッと来る女性が多いです。

そして素直な人が多いからか、女性自身も素直に気を使うことなく過ごせるので楽だという意見もあります。

年上女性が好きな人は素直に感情表現をして適度に甘える事で彼女のハートをゲットすることが出来るかも!?

年上だけど女性。やはり、年下であっても男性に甘えたいもの

年上女性といえども、中身はか弱い(?)女の子。

時には男性に甘えたくなることもあります。

それは年下男子だとしても同じです。

たまには徒手絵女性を甘えさせるスキを作ってあげましょう。

多くの方のイメージは年上の男性の方が頼りがいがあるし、甘えさせてくれるような気がしますよね。

実際甘えさせ上手な方もいますが、意外にもしっかりした大人の男性は自分にも彼女にも厳しいことが多いようです。

甘えるスキを与えないほど厳しいということはないと思いますが、年上男性に頑張って合わせる女性が多く、付き合って「甘えたい」と思う時に年上男性に「弱音がはけない」「気軽に甘えられない」なんていう意見もあります。

逆に年下男子には変に気を使わずに「素直に意見が言える」人が多く、年上男性より気軽に甘えることが出来るとのこと。

頼りがいがあることと甘えやすいかは全く別物のようですね。

意外にも頼れる年上男性より、甘えるには「甘えやすい雰囲気」がある気楽な年下男子に軍配があがりそうです。

我々がそうであるように、彼女も年下男性の”ギャップ”に弱い!

年上女性は年下男子の「ギャップ萌え」にときめいています。

年上男性にはない、一途さ・情熱・若さからの勢いのあるアタックなどにキュンとする女性が多いですが、時折見せる真剣な様子や頼りがいがある姿をみるとさらに「ギャップ萌え」するのです。

年下男子の不器用かつ真っ直ぐなところに母性本能をくすぐられ、たまに知的なしっかり者の一面を見せることで女性のココロをグッと掴むことができそうです。

ですが、年上女性が年下男子の無知な部分に苛立つという意見もあります。

若いがゆえの根拠のない自信で押し切るよりはわからないことや何かを教わった時は「素直に聞き、次に活かす」ことが大事です。

そうすることで、女性にしっかりした一面をみせることが出来るでしょう。

そして年上女性はなんでも一人で出来るというイメージがありますが、やはり女の子扱いしてほしいと心のなかでは思っていることが多く、年下男子のエスコートにキュンキュンするとの声も。

ドアを開けてあげたり、さり気なく車道側をあるいたり、重い荷物を持ってあげるなど、大げさなことはしなくてもこれだけで女性は嬉しいものです。

積極的にエスコートをしてあげましょう。

年下だけど、デートでは男性らしく彼女をリードしよう

自分より恋愛経験の多いであろう年上女性とのデートは緊張しますよね。

とはいえ、恋愛にデートは必須。

相手が年上でも男としてしっかりリードしましょう。

まず、デートのキッカケを見つけることから始めましょう。

みんなで食事に行った時、仕事中の雑談などちょっとした会話の中からデートのキッカケを見つけましょう。

もし、会話があまり出来ない場合には「〇〇に新しいお店が出来たからみんなで一緒に行きませんか?」などで会話のチャンスを作ることも必要です。

デートでは女性が何をしたいのかを優先しましょう。

もちろんデート代をおごってもらうのはNG。

年上女性は自分が年上だから、とお金を多く払ってくれることもありますが、ここは男と女としてキチンと「誘ったのは僕なんで今回は払わせてください」などと言って支払いをしましょう。

そうしてなんとかデートにこぎつけたら、帰りまでに次回のデートを約束するのが大事です。

初めてのデートではまだ気軽に出かける関係になりきれないことが多く、後日誘うよりその場の雰囲気で「今度は〇〇に行きませんか?」と誘うほうが成功度が高いです。

こうしてデートを重ねればLINEやメールで誘っても良い返事をもらえる可能性が高くなります。

ただし、毎回食事や飲みに行く内容だけではマンネリを感じてしまわれるかもしれません。

デート場所のチョイスは食事よりも遊びメインのほうが会話も自然に続くのでうまくいきやすいと言えそうです。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ