最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

お姉さん好き必見!年上女性が年下の男性に恋愛感情を抱く理由

      2017/03/03

お姉さん好き必見!年上女性が年下の男性に恋愛感情を抱く理由

最近は年上の女性に惹かれる男性・逆に年下の男性に惹かれる女性が増えているようです。

歳を感じさせない外見に、年上ならではの落ち着いた雰囲気の女性が好まれるように、

女性から見てどんな年下の男性が恋愛対象に成り得るのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


年下の男性に惹かれている女性は多い!?

憧れの年上女性がいるけど、自分なんか相手にされないのでは、と思っている方!諦めるのはまだ早い!

実は年下男子に惹かれる女性が意外と多いみたいなんです。

年下男子が無邪気にはしゃぐ姿に「キュンとする」「母性本能をくすぐられる」などの意見や、「一生懸命頑張ってくれる」「年関係なく彼女扱いしてくれる」などの年下男子の頑張りを評価してくれる女性は多いようです。

年上や同年代に食事を奢られるよりも年下男子に奢られる方が嬉しいとの声もあり、年下男子の背伸び感にキュンとしつつ喜びを感じているようです。

また、「年下の彼氏といると気持ちも若返る」「彼の肌ツヤがきれいなので負けじとスキンケアしている」などのアンチエイジング効果(!?)も期待出来るとの意見も。

そして中には、「彼氏と同年代の若い子たちがライバル!」と女性自身の女磨きに気合が入る人もいるようです。

年上の男性が好みの女性ももちろんいますが、年下萌えの女性も多くいるので、お姉さん好きな男性はどんどんアタックしていきましょう。

女性が年下の男性と恋愛したい理由は?

では、年上女性が年下男子と付き合う理由は何でしょうか。

「年下の魅力は何?」と質問すると良く帰ってくる答えは「年下は可愛い!」

とにかく母性本能がくすぐられる、キュンキュンする、という女性が多いです。

仕事等ですり減っていくココロの癒しになっているのかもしれませんね。

また、年下男子は甘えることが多く、それが年上女性の母性本能を満たしてくれるのです。

年上の男性は割りと落ち着きがあり余裕があるので全く違う魅力がありますが、母性本能は満たしてくれませんからね。

そして年下男子のもう1つの魅力は「感情表現がストレート」であることです。

歴戦練磨の年上男性と違い、直球ストレートで勝負することの多い年下男子にグッと来る女性が多いです。

そして素直な人が多いからか、女性自身も素直に気を使うことなく過ごせるので楽だという意見もあります。

年上女性が好きな人は素直に感情表現をして適度に甘える事で彼女のハートをゲットすることが出来るかも!?

年上だけど女性。やはり、年下であっても男性に甘えたいもの

年上女性といえども、中身はか弱い(?)女の子。

時には男性に甘えたくなることもあります。

それは年下男子だとしても同じです。

たまには徒手絵女性を甘えさせるスキを作ってあげましょう。

多くの方のイメージは年上の男性の方が頼りがいがあるし、甘えさせてくれるような気がしますよね。

実際甘えさせ上手な方もいますが、意外にもしっかりした大人の男性は自分にも彼女にも厳しいことが多いようです。

甘えるスキを与えないほど厳しいということはないと思いますが、年上男性に頑張って合わせる女性が多く、付き合って「甘えたい」と思う時に年上男性に「弱音がはけない」「気軽に甘えられない」なんていう意見もあります。

逆に年下男子には変に気を使わずに「素直に意見が言える」人が多く、年上男性より気軽に甘えることが出来るとのこと。

頼りがいがあることと甘えやすいかは全く別物のようですね。

意外にも頼れる年上男性より、甘えるには「甘えやすい雰囲気」がある気楽な年下男子に軍配があがりそうです。

我々がそうであるように、彼女も年下男性の”ギャップ”に弱い!

年上女性は年下男子の「ギャップ萌え」にときめいています。

年上男性にはない、一途さ・情熱・若さからの勢いのあるアタックなどにキュンとする女性が多いですが、時折見せる真剣な様子や頼りがいがある姿をみるとさらに「ギャップ萌え」するのです。

年下男子の不器用かつ真っ直ぐなところに母性本能をくすぐられ、たまに知的なしっかり者の一面を見せることで女性のココロをグッと掴むことができそうです。

ですが、年上女性が年下男子の無知な部分に苛立つという意見もあります。

若いがゆえの根拠のない自信で押し切るよりはわからないことや何かを教わった時は「素直に聞き、次に活かす」ことが大事です。

そうすることで、女性にしっかりした一面をみせることが出来るでしょう。

そして年上女性はなんでも一人で出来るというイメージがありますが、やはり女の子扱いしてほしいと心のなかでは思っていることが多く、年下男子のエスコートにキュンキュンするとの声も。

ドアを開けてあげたり、さり気なく車道側をあるいたり、重い荷物を持ってあげるなど、大げさなことはしなくてもこれだけで女性は嬉しいものです。

積極的にエスコートをしてあげましょう。

年下だけど、デートでは男性らしく彼女をリードしよう

自分より恋愛経験の多いであろう年上女性とのデートは緊張しますよね。

とはいえ、恋愛にデートは必須。

相手が年上でも男としてしっかりリードしましょう。

まず、デートのキッカケを見つけることから始めましょう。

みんなで食事に行った時、仕事中の雑談などちょっとした会話の中からデートのキッカケを見つけましょう。

もし、会話があまり出来ない場合には「〇〇に新しいお店が出来たからみんなで一緒に行きませんか?」などで会話のチャンスを作ることも必要です。

デートでは女性が何をしたいのかを優先しましょう。

もちろんデート代をおごってもらうのはNG。

年上女性は自分が年上だから、とお金を多く払ってくれることもありますが、ここは男と女としてキチンと「誘ったのは僕なんで今回は払わせてください」などと言って支払いをしましょう。

そうしてなんとかデートにこぎつけたら、帰りまでに次回のデートを約束するのが大事です。

初めてのデートではまだ気軽に出かける関係になりきれないことが多く、後日誘うよりその場の雰囲気で「今度は〇〇に行きませんか?」と誘うほうが成功度が高いです。

こうしてデートを重ねればLINEやメールで誘っても良い返事をもらえる可能性が高くなります。

ただし、毎回食事や飲みに行く内容だけではマンネリを感じてしまわれるかもしれません。

デート場所のチョイスは食事よりも遊びメインのほうが会話も自然に続くのでうまくいきやすいと言えそうです。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ