最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

クラブに男一人で行って、楽しく遊べるか不安な人へ!

      2017/03/01

クラブに男一人で行って、楽しく遊べるか不安な人へ!

ノリノリの音楽、美味しいお酒、気ままなダンス、カワイイ女の子!

都会の出会いの場、クラブに男一人で行って、大丈夫かな? と不安な初心者さんに。

恐れず遊べる方法、教えます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


クラブ遊びのススメ

クラブと言えば、カラフルなレーザーが四方を照らして、ビリビリと震えるような爆音が響き、照らされているホールには男女がダンスしていて、その周りは暗がりでお酒を飲んだりおしゃべりしたり楽しんでいるというイメージがあると思います。

そしてそのような空間は自分とは一生無縁だと考えている人も多いでしょう。

しかしそれは食わず嫌いだと言えます。

クラブに行かないまま、クラブなんてつまらないとか、馬鹿が多いところとか、犯罪の温床になっているとか、そういうネガティブなことを言いふらしていては食わず嫌いよりもタチが悪いと言えます。

実際には行ってみたら面白いところだったとか、人生最大の趣味になったとか、そういうポジティブなことを思う人もいるくらいクラブは魅力的なところです。

それでもクラブに行くのは怖いとか自分が行って浮いてしまわないかとか不安があるのも分かります。

そこでもっとラフに考えましょう。

クラブは遊びに行くところです。

クラブで踊ってみたい人、見ず知らずの人と盛り上がりたい人、踊ったり飲んだりしないでクラブミージックを楽しみたい人など、色々な楽しみ方をするところだと考えれば参加しやすいと思います。

男一人でもクラブデビューできるかな?

クラブを一人で楽しむというイメージは少ないかもしれませんが、実際にナンパ箱だと一人で行く人はいないでしょう。

音楽箱ならその反対です。

音楽箱に一人で遊びに行く人は多くいます。

しかし初心者がいきなり一人クラブというのはハードルが高いので、やはり友人を誘って一緒に行くのが無難です。

またクラブ遊びに慣れている友人がいるならその人を誘って一緒にクラブに行くと良いです。

どうしてもクラブに行くような友人がいないというのであれば、一人で行ってしまいましょう。

その場合はできるだけ大きなクラブで、人が多いイベントに行くべきです。

小さいクラブだと人数が少なく常連さんばかりです。

そうなると仲間内で楽しんでいる人が多くなり、そこに一人で行っても疎外感を覚えるだけの可能性が高いです。

もちろん常連さんの中にも気の良い人もいるでしょうが、クラブに自意識過剰な人はつきもので、そうなると居心地の悪い思いをすることになるでしょう。

それでも常連さんにはクラブの常連とイベントの常連がいて、クラブの雰囲気が日によって全然異なるということもあるのですが、何にせよ常連が雰囲気を決める小さいイベントに一人で行くことは避けるべきです。

できるだけ大きなイベントに行きましょう。

男一人で行くときのクラブの選び方

クラブは大きく分けて、音楽と踊りのためのクラブである音楽箱、酒とナンパのためのナンパ箱の2つになります。

その2つは本当に大きな違いで、客層も大きく異なるので間違えないようにしましょう。

音楽好きでナンパ箱に行っても全然楽しめないです。

確実に空気に馴染めないでしょう。

それは本当に大きな違いなので、行こうとしているクラブが音楽箱なのかナンパ箱なのか確認することは必須だと言えます。

その見分け方として一番簡単なのはエントランスフィーです。

ナンパ箱だと女性に集まってもらいたいので女性のエントランスフィーが極端に低く設定されていることが多いです。

女性ならナンパ箱に行って安い入場料だけ払ってナンパされてから飲み物をおごってもらえることもあるのでメリットは大きいでしょう。

音楽箱なら良い音楽が一番という考えなので、男女でエントランスフィーを分けるということはまずありません。

また音楽箱は有名DJが週末にやって来ることがあり、エントランスフィーが高く設定されますが、その分レベルの高い音楽を楽しむ場所になっています。

むしろ男一人で行ったほうがいいのか?

ナンパ箱でも一人で行く人はいないが実際です。

それでも音楽箱なら、一人で遊びに行く人は多くいます。

しかしながら初心者がいきなり一人クラブというのはハードルが高いことなので、友人を誘って一緒に行くことが無難だと言えるでしょう。

またクラブ遊びに慣れている友人がいるならその人を誘って一緒にクラブに行くべきです。

どうしてもクラブに行くような友人がいないというのであれば、一人で行ってしまっても構いません。

その場合はできるだけ大きなクラブで、人が多いイベントに行くべきです。

小さいクラブだと人数が少なく常連さんばかりです。

そうなると仲間内で楽しんでいる人が多くなり、そこに一人で行っても疎外感を覚えるだけの可能性が高いです。

もちろん常連さんの中にも気の良い人もいるでしょうが、クラブに自意識過剰な人はつきもので、そうなると居心地の悪い思いをすることになるでしょう。

それでも常連さんにはクラブの常連とイベントの常連がいて、クラブの雰囲気が日によって全然異なるということもあるのですが、何にせよ常連が雰囲気を決める小さいイベントに行くことは避けるべきです。

一人ならできるだけ大きなイベントに行きましょう。

実際にクラブへ一人で行ってるひとのキモチはこんな感じ

クラブに一人で行く人たちも結構色々な心境があるようですが、どれも理解できるものばかりです。

男性の理由としては、一人でよく行くけど友達の作り方が分からないとか、踊ることをメインにしていて友人と一緒に行く必要性がないとか、友人はいるにはいるが女性を目にしただけで緊張して上手くしゃべれないだけでなくネガティブなことを言い出すので仕方なしに一人で行っているとかです。

女性の理由としては、一人でもよく行くけど友人が出演者だったりスタッフとして働いてたりする箱にいくだけとか、音楽とお酒を楽しみにフラッととか、どうしても聞きたいDJが来るということで聞きにいこうと友人を誘っても友人が予定で全滅とかです。

また、一人で行って、一人の人を見つけたときに、それがたとえ同性だったとしても話しかけてウザがられると嫌だなと思ってそのまま一人でいることも多いようです。

また一人でいってお酒を飲みすぎてへべれけになることが楽しいという人もいます。

それと、一人で行くにしても好きな音楽だから一人でも楽しめるという意見がありました。

好きな音楽だからこそジャンジャン参加できるし、一人でアクションしても気持ち良くて素敵だと思えるということでした。

関連記事はこちら

 - 趣味・ホビー

ページ
上部へ