最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

クラブに男一人で行って、楽しく遊べるか不安な人へ!

      2017/03/01

クラブに男一人で行って、楽しく遊べるか不安な人へ!

ノリノリの音楽、美味しいお酒、気ままなダンス、カワイイ女の子!

都会の出会いの場、クラブに男一人で行って、大丈夫かな? と不安な初心者さんに。

恐れず遊べる方法、教えます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

スポンサーリンク


クラブ遊びのススメ

クラブと言えば、カラフルなレーザーが四方を照らして、ビリビリと震えるような爆音が響き、照らされているホールには男女がダンスしていて、その周りは暗がりでお酒を飲んだりおしゃべりしたり楽しんでいるというイメージがあると思います。

そしてそのような空間は自分とは一生無縁だと考えている人も多いでしょう。

しかしそれは食わず嫌いだと言えます。

クラブに行かないまま、クラブなんてつまらないとか、馬鹿が多いところとか、犯罪の温床になっているとか、そういうネガティブなことを言いふらしていては食わず嫌いよりもタチが悪いと言えます。

実際には行ってみたら面白いところだったとか、人生最大の趣味になったとか、そういうポジティブなことを思う人もいるくらいクラブは魅力的なところです。

それでもクラブに行くのは怖いとか自分が行って浮いてしまわないかとか不安があるのも分かります。

そこでもっとラフに考えましょう。

クラブは遊びに行くところです。

クラブで踊ってみたい人、見ず知らずの人と盛り上がりたい人、踊ったり飲んだりしないでクラブミージックを楽しみたい人など、色々な楽しみ方をするところだと考えれば参加しやすいと思います。

男一人でもクラブデビューできるかな?

クラブを一人で楽しむというイメージは少ないかもしれませんが、実際にナンパ箱だと一人で行く人はいないでしょう。

音楽箱ならその反対です。

音楽箱に一人で遊びに行く人は多くいます。

しかし初心者がいきなり一人クラブというのはハードルが高いので、やはり友人を誘って一緒に行くのが無難です。

またクラブ遊びに慣れている友人がいるならその人を誘って一緒にクラブに行くと良いです。

どうしてもクラブに行くような友人がいないというのであれば、一人で行ってしまいましょう。

その場合はできるだけ大きなクラブで、人が多いイベントに行くべきです。

小さいクラブだと人数が少なく常連さんばかりです。

そうなると仲間内で楽しんでいる人が多くなり、そこに一人で行っても疎外感を覚えるだけの可能性が高いです。

もちろん常連さんの中にも気の良い人もいるでしょうが、クラブに自意識過剰な人はつきもので、そうなると居心地の悪い思いをすることになるでしょう。

それでも常連さんにはクラブの常連とイベントの常連がいて、クラブの雰囲気が日によって全然異なるということもあるのですが、何にせよ常連が雰囲気を決める小さいイベントに一人で行くことは避けるべきです。

できるだけ大きなイベントに行きましょう。

男一人で行くときのクラブの選び方

クラブは大きく分けて、音楽と踊りのためのクラブである音楽箱、酒とナンパのためのナンパ箱の2つになります。

その2つは本当に大きな違いで、客層も大きく異なるので間違えないようにしましょう。

音楽好きでナンパ箱に行っても全然楽しめないです。

確実に空気に馴染めないでしょう。

それは本当に大きな違いなので、行こうとしているクラブが音楽箱なのかナンパ箱なのか確認することは必須だと言えます。

その見分け方として一番簡単なのはエントランスフィーです。

ナンパ箱だと女性に集まってもらいたいので女性のエントランスフィーが極端に低く設定されていることが多いです。

女性ならナンパ箱に行って安い入場料だけ払ってナンパされてから飲み物をおごってもらえることもあるのでメリットは大きいでしょう。

音楽箱なら良い音楽が一番という考えなので、男女でエントランスフィーを分けるということはまずありません。

また音楽箱は有名DJが週末にやって来ることがあり、エントランスフィーが高く設定されますが、その分レベルの高い音楽を楽しむ場所になっています。

むしろ男一人で行ったほうがいいのか?

ナンパ箱でも一人で行く人はいないが実際です。

それでも音楽箱なら、一人で遊びに行く人は多くいます。

しかしながら初心者がいきなり一人クラブというのはハードルが高いことなので、友人を誘って一緒に行くことが無難だと言えるでしょう。

またクラブ遊びに慣れている友人がいるならその人を誘って一緒にクラブに行くべきです。

どうしてもクラブに行くような友人がいないというのであれば、一人で行ってしまっても構いません。

その場合はできるだけ大きなクラブで、人が多いイベントに行くべきです。

小さいクラブだと人数が少なく常連さんばかりです。

そうなると仲間内で楽しんでいる人が多くなり、そこに一人で行っても疎外感を覚えるだけの可能性が高いです。

もちろん常連さんの中にも気の良い人もいるでしょうが、クラブに自意識過剰な人はつきもので、そうなると居心地の悪い思いをすることになるでしょう。

それでも常連さんにはクラブの常連とイベントの常連がいて、クラブの雰囲気が日によって全然異なるということもあるのですが、何にせよ常連が雰囲気を決める小さいイベントに行くことは避けるべきです。

一人ならできるだけ大きなイベントに行きましょう。

実際にクラブへ一人で行ってるひとのキモチはこんな感じ

クラブに一人で行く人たちも結構色々な心境があるようですが、どれも理解できるものばかりです。

男性の理由としては、一人でよく行くけど友達の作り方が分からないとか、踊ることをメインにしていて友人と一緒に行く必要性がないとか、友人はいるにはいるが女性を目にしただけで緊張して上手くしゃべれないだけでなくネガティブなことを言い出すので仕方なしに一人で行っているとかです。

女性の理由としては、一人でもよく行くけど友人が出演者だったりスタッフとして働いてたりする箱にいくだけとか、音楽とお酒を楽しみにフラッととか、どうしても聞きたいDJが来るということで聞きにいこうと友人を誘っても友人が予定で全滅とかです。

また、一人で行って、一人の人を見つけたときに、それがたとえ同性だったとしても話しかけてウザがられると嫌だなと思ってそのまま一人でいることも多いようです。

また一人でいってお酒を飲みすぎてへべれけになることが楽しいという人もいます。

それと、一人で行くにしても好きな音楽だから一人でも楽しめるという意見がありました。

好きな音楽だからこそジャンジャン参加できるし、一人でアクションしても気持ち良くて素敵だと思えるということでした。

関連記事はこちら

 - 趣味・ホビー

ページ
上部へ