最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

結婚のタイミングが合わない時、どうしますか?

      2017/03/24

結婚のタイミングが合わない時、どうしますか?

お互い結婚したいのに仕事の事情やお金、実家の事情なんかで

なかなかタイミングが合わないこと、ありますよね?

そんな時はどう対処すればタイミングを合わせやすくなるんでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

スポンサーリンク


男性と女性では結婚したいと思うタイミングが違うって本当?

男性と女性とでは、結婚したいと思うタイミングが違うと言うのは本当なのでしょうか?

答えはもちろん違います。

性別が違うと考え方も大きく違うので、タイミングが違ってしまうのは当たり前のことです。

大半の女性は、結婚適齢期と言われる30歳くらいまでには結婚したいと考えているので、「今付き合っている彼と結婚したい」と思った時が、結婚したいタイミングとなります。

ですが、男性の場合は、結婚適齢期よりも、自分の仕事の状況などを考慮して結婚を考えることが多いようです。

仕事が落ち着いて、自分自身に余裕ができたら結婚を考えるという人が多いのです。

男性と女性とでは、「結婚」に対する優先順位が大きく異なることがわかりました。

女性は結婚の後に出産も控えているので、それを考慮すると優先順位が高くなるのは当然とも言えますね。

女性はできるだけ早く結婚したいと考え、男性は仕事などを優先させて結婚を先送りにしてしまう傾向があるようです。

結婚のベストなタイミング3つ!

結婚するのにベストなタイミングとは、いつなのでしょうか?

よくあるタイミングを3つあげてみました。

結婚適齢期の年齢

一般的に結婚を後押しするのは年齢だと言われています。

大学卒業後就職をし、周りからも認められてきた20代後半から30代の頃、そろそろ親や周りから「結婚」のプレッシャーが出てきます。

特に女性の場合は、出産年齢も考えなければならないので、このくらいの年齢までに結婚したいと考えると思います。

彼女からの「結婚したい」という気持ちに背中を押される男性も多いのではないでしょうか。

本人同士の年齢だけでなく、親や祖父母の年齢によって結婚を考えることもあるかもしれません。

親が元気なうちに孫を抱かせてあげたい、祖父母に結婚式に出てもらいたい、などの理由で結婚を考えるきっかけになることでしょう。

お金や転職などの経済的な安定

2人で家庭を築くにあたって、心配なのは経済力です。

結婚したいと思っても、特に男性は家族を養っていける自信があるかどうか、その判断が結婚への重要な一歩になります。

非正規労働者の増加が晩婚化の要因とも言われていますが、共働き家庭が増えているとはいえ、女性は子供が産まれれば働けなくなってしまいます。

ですので、男性側が家計を支える自信がない場合、結婚に踏み切れないことも多いのでしょう。

仕事が落ち着き、経済的にも安定した時が結婚のタイミングだと言えます。

周りで結婚する人が増えた時

仲の良かった友人が結婚した、など実は「結婚したい」と思う気持ちを煽るのが、これなのです。

結婚はまだ早いかな、と思っていても友人の結婚式に出席して幸せな姿を見たりすると、自分も結婚を考える人は多いのではないでしょうか。

女性は周りの友人が結婚しだすと「取り残されていく」と焦りを感じてしまいます。

男性はまだ先のことだと思っていた結婚が、現実的なものとして意識するようになるきっかけとなるようです。

結婚ラッシュの後の出産ラッシュも、結婚への意識を高めます。

いつまでも結婚を切り出さない彼氏がいる場合、結婚ラッシュが来るのを待つのも、結婚に近づくひとつの方法かもしれません。

結婚のタイミングを合わせたいなら男性の結婚適齢期を彼女に知ってもらおう!

男性がどんな時に結婚を考えているか、見極めるポイントをいくつかご紹介します。

自分の彼はどうか、チェックしてみてくださいね。

洋服の好みや趣味が変わった人

最新のファッションに身を包み、アクセサリーを身につけていた男性がこだわらなくなった、などが見受けられると結婚に向けて堅実になったと言えるでしょう。

お金がかかる趣味をやめた、なんて男性も将来のことを考え始めたのかもしれません。

身体のために、ゴルフやウォーキングを始めたなんて男性もおすすめですね。

食べ物の好みが変わった人

お肉や揚げ物ばかり食べていたのに、突然魚やヘルシーな食べ物を好むようになったり、コンビニ弁当ばかり食べていたのに和食が好きになったり、ファーストフード店に行くよりも、ゆっくり食事ができるお店を選ぶようになったりすると、精神面が変化していると言えます。

そろそろ自分と一緒に人生を歩んでくれる女性はいないかな?

と考えているはずです。

現実的な人

大人になっても少年のような心を持ち、夢を追い続けている男性も魅力的ですが、結婚には不向きです。

反対に実現可能な目標や夢を持った男性は、地に足がついた堅実な結婚生活を望んでいると思われます。

お金の使い方が変わった人

結婚を考えている人といない人の大きな違いは、金銭感覚でしょう。

結婚を考えていれば、将来のことを考え貯蓄を始めるものです。

そんな彼には結婚への意識をより高めてもらうために、手料理を振舞ってみると結婚へ大きく前進するかもしれません。

結婚だけじゃない!?恋愛には全てタイミングというものがある!

結婚だけでなく、恋愛にも「タイミング」は存在します。

タイミングによって価値は変化するため、非常に重要なことと言えます。

私達が感じている「価値」は、一定で不動のものではなく、タイミングによって様々に変化しています。

例えば、長時間寒い中で作業をしている最中に、差し入れとして出してもらった温かいお味噌汁とおにぎりのおいしさといったら格別です。

身体の芯から温まり、身体中に染み渡るような感覚を得るものだと思います。

ですが、毎日の食卓に出されるお味噌汁にはそこまでの感動はないでしょう。

出されても「今日はいらない」と断ってしまうこともあるぐらいです。

給料日前などでお財布がピンチの時に、安いランチをおごってもらっただけで普段より感謝を覚えたりもしますね。

もてて手が届かないぐらいの男性に魅力を感じていたのに、結婚を意識し始めた途端、まじめな男性ばかりに目が行くようになったり、など価値はその時々で変化します。

人の感覚は一定しているようで、内的欲求により都度変化しているのです。

基本的な好き嫌いや価値観は人それぞれにありますが、自分の状況によって感じる価値はかなり変わっています。

遠距離恋愛で男が結婚を考えるタイミング3つ!

遠距離恋愛の中、男性が結婚を考えるタイミングはどこなのでしょうか。

精神的に支えてほしくなった時

遠距離恋愛から結婚にいたるタイミングで、比較的スムーズに事が運ぶのが、男性が「精神的な支えがほしい」と感じた時と言えます。

離れていて寂しいのは女性ばかりではありません。

男性も同じように考えているのです。

仕事を頑張っている男性であればあるほど、大きなミスをして落ち込んでしまう日もあるでしょう。

そんな時に「彼女が側にいてくれたら」と思う男性は多いようです。

また、体調を崩してしまった時、1人であることの心細さを実感します。

家族という温もりがほしい、奥さんに看病してもらいたい、など結婚を強く意識するきっかけになるようです。

彼女の家庭的な一面を見た時

これまで遠距離恋愛だったのに、結婚したいと思うタイミング、それは彼女に惚れ直したタイミングとイコールだと言えます。

久しぶりに会った彼女が料理がうまくなっていた、掃除や洗濯が手際よくこなせるようになっていた、など家庭的な面を見ることで結婚を意識するようになります。

疲れて帰ってきた自分を優しく笑顔で出迎えてくれた、愚痴を聞いてくれた、など男性にとって彼女が精神面で頼れる存在になっていた時も、同様です。

「きっといい奥さんになってくれる」「このまま遠距離恋愛ではもったいない」と思ってくれたら、結婚が近づいていると言えるでしょう。

経済的な目途が立ったとき

男性が結婚に踏み出さない理由として、経済的に不安定だということがあります。

自分の収入だけで妻子を養う自信がない、貯金が少ないので結婚はまだ考えられないなどの理由で、結婚に対して消極的になってしまうのです。

コミュニケーション不足になりがちな遠距離恋愛で、男性はそれを彼女に伝えるタイミングがありません。

しかもお金がないなんて伝えるのは、沽券にも関わります。

何も伝えないまま時間が過ぎると、女性は結婚を考えてくれているのか不安になってしまうのです。

しかし、昇進や栄転など仕事上で変化があると、男性はたちまち自信をつけます。

お金がないことを彼女に伝えても、共働きで頑張ろう、と提案されたら気持ちも楽になりますね。

遠距離恋愛を卒業して、結婚しようか!と乗り気になってくれるでしょう。

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ