最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

男性必見!女性が結婚に焦りや迷いを感じる時期と理由

      2017/03/24

男性必見!女性が結婚に焦りや迷いを感じる時期と理由

男性の中には

付き合ってる彼女がいてもなかなか結婚に踏み切らずに

ダラダラと付き合いを引き延ばしてしまう人もいると思います。

そんな男性の煮え切らない態度に

女性は結婚に対して焦りや迷いを感じているかもしれません。

今回は女性が結婚に焦りや迷いを感じる時期と理由をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


未婚30代女子が結婚に焦りを感じた時期と理由

「今まで1人が好きで気ままに来たのですが、27歳くらいの時にそれに飽きて。家族を作ったほうが、新しい刺激がありそうと思い結婚を考え始めました。」既婚・女性・36歳・編集

ずっと一人もなぁ…と20代後半の女性は思うみたいです。

「31歳くらいの時に焦っていた。ですが、結婚というより、なんとなく安定が欲しかっただけに思う。」未婚・女性・34歳・経営

このまま一人という漠然とした心配から、結婚を意識する人もたくさんいるそう。

「27歳の時。27歳は自身の人生の分岐点な感じ。仕事に生きるのは一人でもできるけど、結婚は一人でできないなと思った。でもいい人が見つかるまで仕事頑張ろうと思っていたら忘れていた…。」未婚・女性・32歳・情報IT

一人ではできないことをしたくなるのが27歳くらいみたいです。

「30歳の時。交際してた彼氏にほのめかされたはいいけど、死ぬまで一緒に生活すると思うと難しいと感じ別れた。そしたら、そろそろ自身の女性としての市場価値が終わりそうで、現在焦ってます…。」未婚・女性・35歳・マスコミ

恋愛なら今さえよければいいところもあるけど、結婚だと死ぬまでの関係。

結婚したいなら、考えたうえで交際したほうが良いかもしれません。

「未だに焦りがないです。兄弟が全員結婚に失敗しているので、結婚をうらやましく思いづらいのかも。」未婚・女性・30歳・専門職

周りが上手くいってないのを見ると、結婚願望を持ちにくいという声もありました。

大事なのは結婚という形よりも愛の深さ

本当に大切なのは「結婚という制度によって形式上、夫婦の関係になるのか?」ではありません。

「二人の愛の大きさ・深さ」のほうではないでしょうか。

二人の関係を、形だけ結婚という制度で固めたとしても、そこに愛情ががなくなってしまえば意味がないでしょう。

男の人も女の人も、その結婚という制度のせいで、反対に大変な思いをすることになってしまうかもしれません。

1度結婚という制度をとってしまったら、安易には「別れる」という選択をすることができないからです。離婚をするとなると、男の人も女の人も、とても大変な思いをして心が傷つき、「お金、時間、エネルギー」が奪われることになるようです。

そんなことには誰だってなりたくないよね。

大切なことは、形式上の形(結婚という制度)ではなく、「心」ですよね。そして、「心」で大切なことは、「感謝、尊敬、信頼、絆」などのようです。感謝、尊敬、信頼、絆」などによって、夫妻の「愛情」は育てられていくからでしょう。

結婚に迷いを感じている女性の気持ち

彼との結婚に迷っています。

長くなります。

私29歳、彼29歳、普通結婚は幸せな印象ですが、現在の私は迷いと心配ばかりです。

マリッジブルーなのかもしれませんが、味わたことがないので…

お付き合いにはいい人ですが、結婚となると躊躇してしまう自分がいます。

まだ2人で結婚に向けて話している状態で、両親や友達には話していません。

初めに彼から結婚について聞かれたとき、気分が上がり、いつ入籍する?

、会社への報告はどうする?

などポジティブに考えていましたが、最近3カ月くらいは迷いや心配でネガティブです。

結婚は、一緒に暮らしていくことで、基本的には死ぬまで添い遂げますよね。

たぶん私は理想が高いみたいです。

考えると、結婚=私の生まれ育った家庭や親せきや友達環境がベースになっていました。

・母親は専業主婦
・大きくなくても戸建てマイホーム
・子供の時からいろんな習い事
・姉妹で私立大学、大学院に行かせてもらった

結婚への1番の心配は、彼の収入です。

正社員ですが、年収200万ちょっと(毎月の手取りとボーナス)で、昇級などこれから高くなる見込みがあまりないようです。

高くなっても、年に2万〜3万が良いほうとか。

定年まで働いても年収300万行くかどうか…
残業も、サービス残業ではなく行身的に全くないみたいです。

女性が結婚に迷いを感じた理由

「結婚を決める前に、この人と結婚して大丈夫?

と悩んだり迷ったことはありますか?」と質問してみました。

57パーセントが、あると答えました。

やはり皆さん1回は迷うものなんですね。

そこで更に深く質問してみました。

「どんな問題があった時に結婚を迷いましたか?」
こちらには、「金銭面」がだんとつで、「性格や価値観の違い」、「相手の両親や親せきと合わない」が続きました。〇「どんな問題があった時に結婚を迷いましたか?」

トップ10(回答した人数→138人、複数回答)

第1位→金銭面
第2位→性格、価値観の違い
第3位→相手の両親や親せきと合わない
第4位→部屋も見た目も不潔
第5位→食べ方が汚い
第6位→浮気、女癖の悪さ
第7位→ギャンブルが好き
第8位→彼の友人と会わない
第9位→食事の好みが合わない
第10位→その他

「そのほかの答え」
性生活の相性が最悪…33歳
頼りにならない…32歳
37歳で独身だったから何かありそうと思った…28歳
自分の家柄と釣り合わなそう…35歳

など。

お金のことってシビアですよね。

現実的な女の人なら迷って当然かもしれませんね

焦りは禁物! 結婚に迷いがある時に読みたい名言や格言

「いっぱい旅をして、見聞をひろめるようにしましょう。結婚は焦ってはだめですよ。そう、みんなに言っているんです。」マムズ・マブリー(アメリカの女性コメディアン・1894から1975年)

「結婚にはたくさんの辛いこともありますが、独身には喜びしかありません。」サミュエル・ジョンソン(イギリスの詩人、批評家、文献学者・1828から1910年)

「結婚は自身と同じくらいの相手とするべきなんです。自身よりも勝っている相手は伴侶にあらず。主人を得ることになります。」クレオブロス(古代ギリシャの七賢人の1人・紀元前6世紀くらい)

「美しさや愛欲によって一緒になった結婚ほど、早く紛争を起こしてダメにするものはないです。結婚には、一定して変化することのないしっかりとしたベースと、まじめで慎重な動きが大切です。沸き立つような歓喜は、何の役にも立たないのです。」モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト・1533年から1592年)

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ