最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

大学での勉強の仕方がわからない!効率の良い勉強の仕方

      2017/02/28

大学での勉強の仕方がわからない!効率の良い勉強の仕方

必死に受験勉強をして入った念願の大学。

でも、いざ入ってみたら今までと全然違って勉強の仕方が全然わからない!!

そこで今回は効率の良い勉強の仕方を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

スポンサーリンク


大学の勉強がわからない時はどうしたらいいの?

大学生の皆さんは、勉強に行き詰まった経験はありませんか?

小学校や中学校、高校での授業では先生の話を聞いて黒板に書いてあることをノートに写すなり、問題集を解いていれば授業にはついて行けたと思います。

しかし大学生となるとそうはいきません。

ただ受動的に教授の話を聞いているだけでは身になりません。

講義中につい寝てしまっても、わざわざ起こしてくれるような教授のほうが稀です。

また分野もかなり広くより専門的になるので、絶対の答えがあるというわけではないということもしばしば。

レジュメやプレゼン資料を作成したりディベートをするといった場では、自分自身の頭で考えることが求められるのです。

テストの回数は少なくても範囲は広いため、「そんなにたくさん頭に入らない!」と思う方もいるのではないでしょうか。

塾のように授業を補修してくれるところもありません。

わからないことが出て来てしまった時は更に厄介です。

時には教授に質問しても納得の行く答えが貰えなかったり、教授との相性が悪く中々声をかけ辛い…といったこともあるかもしれません。

かといって聞ける友人もいなかったり、いてもわからなかったり。

真面目に頑張ってるつもりなのに全然わからない

かといって、勉強という行為にあまり力を入れすぎてしまうと逆効果になってしまうことがないとはいえません。

問題集などがない科目も多いため、予習・復習をするときはまず教科書に頼ることと思います。

そうすると”ただ読んでいるだけ”の状態になってしまうことがあるのです。

集中して読んでいるつもりでも、読み終わったらどんな内容をだったか殆ど覚えていない…なんていうことはありませんか?理解しながら読んでいるのではなく、文字を追っているだけの状態になってしまっているのです。

講義に対しても同じことが言えます。

教授の話をしっかり聞いてノートに写す。

ボードに書かれていない、教授が口にするちょっとしたポイントも書き留める。

しかし講義が終わった後、教授が何を言っていてそれにはどういう意味があったのか…と改めて考えた時、全く理解できていないことに気づいてしまう。

真面目にやっているつもりでも、頭に入っているかはまた別の話なのです。

勿論教科書をしっかり理解しながら読み進められている人、理解しながら講義を聞けている人も多いでしょう。

ただ時折人間は、作業だけに集中しすぎると本来の意味や目的が作業と完全に分離してしまい、本質的な理解を見失ってしまうことがあるのです。

中学や高校での定期試験で、直前にテスト範囲を詰め込んで勉強すると、点数は取れても終わった後に何も身についていなかった…なんて経験がある方も少なくないと思います。

大学生の基本的な勉強の仕方

そういった事態に陥らないためには、ただ作業のみに集中するのではなく、自分が理解しているかどうかを意識しながら丁寧に学習を進める必要があります。

まずは教科書、講義で配られたプリントなど学習の基準となるものをざっと読んでみましょう。

わからない所があればチェックしておきます。

そして次からはわからなかったところを重点的に読み込み、理解できるまで繰り返し読み込む。

どうしてもわからない箇所があれば書籍、インターネットを利用して調べてみても良いでしょう。

大抵のことはネットで解決できるとは思いますが、情報の信憑性を考えると専門書などで調べてみるのが一番です。

とにかく繰り返し教本を読み込み、わからないところをなくしていくことが重要です。

何より大切なのは、闇雲に勉強するのではなく自分で目標を設定すること。

自分がどの教科でどれだけの評価が欲しいかによって勉強する時間、スケジュールを設定すると無理なく学習ができます。

勿論どの教科もしっかり勉強するに越したことはないのですが、自分に負担を掛けすぎるのもよくありません。

適度に手を抜くことも大切です。

勉強する際には水分を補給しましょう。

勉強中に喉が渇くと集中力が途切れてしまいます。

机の上にお茶や水などを置いておくと、サッと補給できるのでより効率よく学習が進められるのでお勧めです。

過度でない糖分摂取は脳の働きを促進する効果があるとも言われています。

体質にもよりますが、眠いときや集中したい時にカフェインを摂るのも良いでしょう。

勉強の効率を上げるには時間を細分化する

定期試験などで勉強量を多くしなければならなくなる時もあるかと思います。

そういった場合は一気に勉強せず、何度か休憩を挟みながら勉強することをお勧めします。

たとえば数時間勉強しようと決めたとすると、10分程度の休憩と30分の勉強を交互に繰り返す…といった具合です。

あまり長く勉強を続けすぎると集中力が低下し、気も滅入ってきてしまうためです。

あまり集中せずに嫌々勉強をしていても頭には入りません。

休憩の間に軽く間食をしたり水分を摂ったり、トイレに行くなどして一度体を休めてリフレッシュするのです。

ここで大切なのは、勉強中は他事を一切せずに目の前の課題に集中すること。

ほんの少し漫画に手を伸ばしたり、ちょっと友達とLINEをやったりするといったこともしてはいけません。

ただの一度でも作業を中断してしまうと、すぐ勉強から気持ちが離れてしまいます。

このように休憩と濃密な勉強とを繰り返すことで、勉強内容を圧倒的に効率よく頭にインプットすることができます。

ただ長く勉強していればいいというものでもないのです。

勉強する空間に余計なものを置かない

しかし集中すると言っても、どうしても他のものに手を伸ばしてしまうことがありますよね。

パソコンやテレビ、漫画やスマートフォンなど…いけないと思っていてもついつい手にとってしまうことがあると思います。

これらの娯楽は、勉強をする上で大きな妨げとなってしまいます。

学習する空間にこういったものがあると、そっちの方に意識を持って行かれてしまうのです。

それが趣味に関するものなら尚更でしょう。

どうしても誘惑に勝てないというときは、学習空間からそういったものを排除しましょう。

勿論捨てろとは言いません。

棚や押入の中に閉まうなどして、視界から消すのです。

それが難しい場合は、そういった誘惑のない部屋で勉強するのも一つの手です。

自分の部屋が気が散ってしまうもので溢れているならリビングで勉強したり、家がダメなら図書館を活用するのもいいでしょう。

誘惑に負けないよう自分をコントロールするより、誘惑するもの自体がない環境に自分を置いたほうが圧倒的に楽です。

自分の気が削がれてしまう要因さえなくしてしまえば、あとは勉強に意識を集中するだけ。

否が応でも勉強せざるを得ない環境に置くことが、集中するための重要なポイントの一つと言えます。

大学で効率の良い学習ができるかは、時間の使い方次第です。

他力本願ではなく、能動的に学習を進めていきましょう。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ