話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

大学での勉強がやる気ない、そんな学生に必要なこと

2015.7.18

受験戦争を乗り越えて志望の大学に入ったものの、勉強も、大学生活もやる気ない・・・。

そんな学生さんが楽しくキャンパスライフを過ごせる方法を伝授します。

やる気ないのは目標の立て方のせい?

人間はどういうときに努力しようとするのでしょうか。

基本的に人は、自分の目標と実力との間に差があり、その目標を達成しようとする意欲が強いと努力します。

たとえばテスト勉強の場合。

ここに学年成績が2位の人がいるとします。

学年1位を目指していますがまだ達成していません。

この場合、努力して1位を目指します。

次に、学年100位の人がいるとします。

この人が本気でテスト勉強に取り組むかというと、難しいでしょう。

赤点を取らないでいるなら大丈夫、という程度の意欲は、努力につながりません。

目標がない状況ではやる気もわいてこないのです。

一見、矛盾を感じるこのケース。

学年2位の人が必死で勉強しているのに、100位の人は勉強しないという光景は、あたりまえといえる状況なのです。

ためしにあなたが通っている学校や塾の様子を眺めてみてください。

これと同じような状況がよく見かけられませんか。

自分の目標と実力との差に気づいて、それを埋めるための意欲があるかないかで、こんなに違いが生まれるのですね。

大学での勉強は明確な目標を持とう

ただ漠然と、何とかしなければという程度のやる気では、変われないでしょう。

テスト前だからしかたなく勉強する、周りがうるさく言うからやる、というのでは勉強は自分のために活かせませんし、長く続けることは不可能です。

ではどうすればいいか。

具体的な目標を掲げてしまうことです。

たとえば英語の資格が取りたいのなら、TOEICで700点とか、英検で2級を目指すとかの具体的な数字で表せる目標を持つことです。

最初に大きな目標を持つのはしんどい、という人は、目の前の小さな目標を目指すのがいいでしょう。

買ってきた問題集をいつまでに終わらせるとかいうのでもいいのです。

そこまででなくても、まず教科書を開いてみる、ペンを持ってみるなどの具体的な行為から入るのもいいのです。

人間は勉強やスポーツなどを少しの間やっていると、やる気ホルモンというものが出てきて、集中することができるようになるそうです。

ただ机に向かってみるだけでも一歩を踏み出せると思います。

勉強時間をスケジュールにはめ込んでやる気を出す

お勧めしたいのは、時間を細分化する勉強法です。

たとえば3時間必要だという場合、「3時間勉強する」と一気にやるのではなく、「30分の勉強を繰り返す」のです。

そのかわり、30分は勉強だけに没頭します。

スマホも触ってはいけません。

一度気を散らすと生産性がどんと下がってしまいますから。

30分勉強したら10分休憩。

トイレや飲食などの用事を済ませます。

これを繰り返す方法は著名なビジネスマンも実践している方法で、驚くほどの生産性の効果があります。

この方法は、時間を短縮して集中力を高めることができれば、細かいルールをアレンジしてもいいでしょう。

勉強時間は40分でもいいわけですし、休憩時間が20分でもいいのです。

一定時間、集中するという原則、そして休憩を入れて気分転換するという原則を自分なりに考えてみましょう。

部屋に誘惑が多いなら図書館やカフェに行くのもいいでしょう。

また、環境を整えるという意味でも勉強時間のBGMを決めておくのも効果的だと思います。

Q. 最近やる気が出ません…どうしたら良いでしょうか?

大学の1年生です。

最近、やる気がなくてとてもつらく感じています。

先日までは新学期が始まったばかりで、どの授業をとるか考えるのが楽しかったし、興味のある授業をたくさん受け、ガイダンスにも出席してこれからの学生生活が楽しみだったのです。

でも、最近、何が原因なのか、朝起きるのがつらくて、授業に行くのが厳しい状況です。

きょうも授業が4コマあり、受けるつもりでいたのですが体が動きません。

何とか用意しましたが、結局1コマしか受けていません。

勉強したいのに体も頭もうまく動かず、気分も落ち込み気味です。

こういう自分の状況を思うと、嫌になってきます。

今までこんなことはなかったのに、もっと活発だったはずの自分はどこに行ってしまったのかと嘆く気持ちが大きくなってきています。

このような状況から抜け出すためにはどうすればいいのでしょうか。

どうすればやる気が出て、身体の頭もうまく働くようになっていくのでしょうか。

何かいい方法があれば、アドバイスをお願いします。

A. こんな方法はいかがでしょうか?

その気持ち、とてもよくわかります。

わたしも今、質問者の方と同い年で、浪人生です。

受験を考えると勉強しなくてはいけないと思うのですが、どうにもならないくらい無気力です。

朝も起きられません。

睡眠時間が足りないのではなく、精神的な問題です。

質問者であるあなたには悩みなどがありませんか。

わたしはこんな方法を考えました。

一度試してみませんか。

1)まず気持ちを楽にする。

そして、気分転換にやりたいことや好きなことをやってみる。

特になくても体力や気力を使わない楽なことでもかまいません。

わたしはひたすら映画鑑賞、お散歩、お昼寝、音楽鑑賞などを強制的にでもやってリセットします。

2)紙に気持ちを書きだす。

  • 不安、嫌なことは何か
  • その解決法
  • やるべきこと、目標
  • 目標達成のために今すること、そして達成したときのご褒美
  • 自分のやりたいこと
  • 大好きなもの、こと、人

これらを気持ちの整理をしながら書き出してみます。

頭が働かないと詳しいことが全然考えられないので、リラックスした後にあくまでもゆっくり書いてください。

全部を無理に埋めようとしなくてもいいです。

目的はこの作業をすることで、自分を見つめ、気持ちの整理をすることです。

また、大好きなものは大きな原動力になります。

 - 学校・勉強