最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

産後、体型が戻らないって女性は意外に多い!?

      2017/03/05

産後、体型が戻らないって女性は意外に多い!?

産後、体型が元に戻らないって悩んでる女性は意外に多いと言われます。

どうして戻らないの?うまく体型を戻す方法は?

産後の体型に悩む多くの女性を救う為、調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


「産後太り」・「産後体型が戻らない」には原因がある!

産後太りは、骨盤の歪みや緩み、不規則な食生活、運動不足の3つが主な原因です。

骨盤の歪みや緩みは、 骨盤が産道を広くするために靭帯がゆるんで外側に開いていくことで生じます。

そして、出産してから元に戻るまでに、2〜3ヶ月くらいかかります。

しかし、自然に元の正しい位置・形に戻ることは難しく、歪んだまま固まってしまうことがよくあります。

また、骨盤の周りの靭帯が、緩んだまま締まらなくなってしまうこともあります。

骨盤の歪み・緩みを放っておくと、内臓が落ちるので、下腹が出たり、お尻が垂れたりします。

そして、骨盤のまわりに贅肉がついて尻が大きくなり、体型が崩れます。

また、むくみ、冷え、便秘、尿漏れ、などの体の不調の原因にもなります。

不規則な食生活は、産後の子育ての忙しさのために、食事時間が不規則になったり、食事内容が適当になったりしがちです。

そして、それが太る原因になるのです。

運動不足も、産後は子育ての忙しさから、運動する時間がとれなくなることで、太ります。

運動しなければ、エネルギーの消費量が少なくなるので、余ったエネルギーが脂肪となるからです。

産後の体型戻しはダイエットではなくリフォームという考え方で!

体型が変わると、妊娠前の服を着ることができなくなってしまいます。

また、老けて見えたり、パパの見る目が変わったりすることもあります。

そのため、脂肪が流動的になる産後6カ月間に手を打って、妊娠前より美しいボディを目指しましょう。

6カ月をすぎても、妊娠の影響がなくなる1年くらいは、体は元に戻ろうとします。

体型リフォームは、一般的なダイエットとは違います。

リフォームは体重を減らして、「体型を整える」のが目的なのです。

出産したママの体は、子宮、骨盤、皮下脂肪などが、妊娠のために゙変化をしています。

産後の体型の崩れを気にして、出産してすぐにきついガードルを着けたり、激しい運動をするのは、骨盤や体調の回復を逆に妨けます。

本格的にボディラインを整えたいのなら、出産して2週間くらいたったら、少しづつエクササイズを始めましょう。

そして、それからも定期的に運動をして筋肉をつけてください。

筋肉がつくと、脂肪を燃焼しやすい体になります。

しかし、体型が変わったまま運動すると、予想外の場所に筋肉がついてしまうこともあります。

リフォームインナーは、理想的なボディラインを目指すために、お肉が正しい位置におさまるようにします。

また、育児をしながら運動をするのが難しい人でも、リフォームインナーなら毎日着るだけなので、続けやすいです。

産後体型が戻らない女性必見!3つの効率的な体型の戻し方!!

優しいエクササイズを始めましょう

産後すぐの激しい運動は刺激が強すぎるため、静的なエクササイズをしてください。

インナーマッスルを鍛える陰スパイリング・エクササイズやヨガ、骨盤スクワットなどがおすすめです。

産後1ヶ月くらいから始めましょう。

また、ストレッチもおすすめです。

軽めのストレッチなら産後1ヶ月くらいから始めてOKです。

赤ちゃんに母乳をあげる

赤ちゃんに栄養をあげるために、ママばしっかりと栄養を摂取しないといけません。

しかし、母乳であげる以上に栄養を摂取していると、余った栄養がママの脂肪になってしまいます。

ママは母乳のために1日約600kcalは消費するのですが、運動量が少ないうちは赤ちゃんに母乳をたくさんあげで栄養摂取量のバランスを調整しましょう。

また、母乳をあげることで子宮収縮の効果かアップするため、体の回復も期待できます。

骨盤ベルトを使う

妊娠中は、ママの骨盤は開きっぱなしです。

開きっぱなしだった骨盤は、産後数ヶ月で元に戻りますが、完全には元に戻りません。

すると内臓の位置が下がって、いろいろな体の不調を生じたり、贅肉がつきやすくなります。

そのため、産後2〜3ヶ月くらいから、骨盤を引き締める体操をしてください。

骨盤ベルトは産後すぐに使えるので、゙骨盤の引き締めに効果的です。

産後の体型を元に戻すには、最初の6か月までが重要!!

産後6か月までのダイエットは、体型を戻すのに特に効果的です。

どれくらいで元の体型にもどるかは、食生活や運動量に関係してきます。

バランスのとれた食事は大切ですが、食べ過ぎはNGです。

腹八分目にして、一回の量を減らし、しっかり噛んで食べてください。

ダイエットのために母乳が止まることもあるので、急激なダイエットはダメです。

計画的に行ってくださいね。

また、個人の体型に合わせた産後ダイエットなどもあります。

産後のダイエットは、産後1か月後から完全に体調が整う3か月後くらいに始めましょう。

産後6か月が体重が落ちやすいので、この時期までに産後のストレッチやエクササイズをしてください。

また、甘い物やスナック菓子などは、できるだけ食べないようにしてください。

外出する時はできるだけ歩き、家でもストレッチなどをしましょう。

産後の体重が戻らない人もいるので、体調が良くなったら必要に応じてダイエットをしてください。

バランスのとれた食生活と適度な運動も心がけてください。

産後の体型が戻らないなら、下着に頼るのも一つの方法!

「ブラデリス」のウエストニッパーは、ヴィリーナサイトや全国の「ブラデリス取扱店」にあります。

授乳が終わって体型や体重が元に戻ったのに、下腹部のたるみが元に戻らないことはよくあります。

そこで、ウエストを絞るウエストニッパーを1日数時間着けてみましょう。

午前中だけ、家事をしている間、TVを観ている間゙、というように分けて着れば、下腹の脂肪は減っていきます。

お尻から脚までのものは、子育てをしていると脱着が大変です。

しかし、ウエストだけのウエストニッパーなら、簡単に脱着ができるので楽です。

ウエストニッパーは、少しキツいサイズから始めましょう。

始めるのは産後1ヶ月後が最も早く、遅い分にはいつでも大丈夫です。

私は、子供が1歳半を過ぎてから始めたのですが、3ヶ月くらいで下腹のポッコリが減りました。

ウエストニッパーのメーカーの人が、「意識の高い人は産後すぐに来られます。

産後2週間で来られた20代の方もいます。

30代後半では、体型を戻したい方と、あまり強く思われない方に分かれます。

その意識の差が、体型の崩れに影響します。」
と言われていました。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ