最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

産後、体型が戻らないって女性は意外に多い!?

      2017/03/05

産後、体型が戻らないって女性は意外に多い!?

産後、体型が元に戻らないって悩んでる女性は意外に多いと言われます。

どうして戻らないの?うまく体型を戻す方法は?

産後の体型に悩む多くの女性を救う為、調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


「産後太り」・「産後体型が戻らない」には原因がある!

産後太りは、骨盤の歪みや緩み、不規則な食生活、運動不足の3つが主な原因です。

骨盤の歪みや緩みは、 骨盤が産道を広くするために靭帯がゆるんで外側に開いていくことで生じます。

そして、出産してから元に戻るまでに、2〜3ヶ月くらいかかります。

しかし、自然に元の正しい位置・形に戻ることは難しく、歪んだまま固まってしまうことがよくあります。

また、骨盤の周りの靭帯が、緩んだまま締まらなくなってしまうこともあります。

骨盤の歪み・緩みを放っておくと、内臓が落ちるので、下腹が出たり、お尻が垂れたりします。

そして、骨盤のまわりに贅肉がついて尻が大きくなり、体型が崩れます。

また、むくみ、冷え、便秘、尿漏れ、などの体の不調の原因にもなります。

不規則な食生活は、産後の子育ての忙しさのために、食事時間が不規則になったり、食事内容が適当になったりしがちです。

そして、それが太る原因になるのです。

運動不足も、産後は子育ての忙しさから、運動する時間がとれなくなることで、太ります。

運動しなければ、エネルギーの消費量が少なくなるので、余ったエネルギーが脂肪となるからです。

産後の体型戻しはダイエットではなくリフォームという考え方で!

体型が変わると、妊娠前の服を着ることができなくなってしまいます。

また、老けて見えたり、パパの見る目が変わったりすることもあります。

そのため、脂肪が流動的になる産後6カ月間に手を打って、妊娠前より美しいボディを目指しましょう。

6カ月をすぎても、妊娠の影響がなくなる1年くらいは、体は元に戻ろうとします。

体型リフォームは、一般的なダイエットとは違います。

リフォームは体重を減らして、「体型を整える」のが目的なのです。

出産したママの体は、子宮、骨盤、皮下脂肪などが、妊娠のために゙変化をしています。

産後の体型の崩れを気にして、出産してすぐにきついガードルを着けたり、激しい運動をするのは、骨盤や体調の回復を逆に妨けます。

本格的にボディラインを整えたいのなら、出産して2週間くらいたったら、少しづつエクササイズを始めましょう。

そして、それからも定期的に運動をして筋肉をつけてください。

筋肉がつくと、脂肪を燃焼しやすい体になります。

しかし、体型が変わったまま運動すると、予想外の場所に筋肉がついてしまうこともあります。

リフォームインナーは、理想的なボディラインを目指すために、お肉が正しい位置におさまるようにします。

また、育児をしながら運動をするのが難しい人でも、リフォームインナーなら毎日着るだけなので、続けやすいです。

産後体型が戻らない女性必見!3つの効率的な体型の戻し方!!

優しいエクササイズを始めましょう

産後すぐの激しい運動は刺激が強すぎるため、静的なエクササイズをしてください。

インナーマッスルを鍛える陰スパイリング・エクササイズやヨガ、骨盤スクワットなどがおすすめです。

産後1ヶ月くらいから始めましょう。

また、ストレッチもおすすめです。

軽めのストレッチなら産後1ヶ月くらいから始めてOKです。

赤ちゃんに母乳をあげる

赤ちゃんに栄養をあげるために、ママばしっかりと栄養を摂取しないといけません。

しかし、母乳であげる以上に栄養を摂取していると、余った栄養がママの脂肪になってしまいます。

ママは母乳のために1日約600kcalは消費するのですが、運動量が少ないうちは赤ちゃんに母乳をたくさんあげで栄養摂取量のバランスを調整しましょう。

また、母乳をあげることで子宮収縮の効果かアップするため、体の回復も期待できます。

骨盤ベルトを使う

妊娠中は、ママの骨盤は開きっぱなしです。

開きっぱなしだった骨盤は、産後数ヶ月で元に戻りますが、完全には元に戻りません。

すると内臓の位置が下がって、いろいろな体の不調を生じたり、贅肉がつきやすくなります。

そのため、産後2〜3ヶ月くらいから、骨盤を引き締める体操をしてください。

骨盤ベルトは産後すぐに使えるので、゙骨盤の引き締めに効果的です。

産後の体型を元に戻すには、最初の6か月までが重要!!

産後6か月までのダイエットは、体型を戻すのに特に効果的です。

どれくらいで元の体型にもどるかは、食生活や運動量に関係してきます。

バランスのとれた食事は大切ですが、食べ過ぎはNGです。

腹八分目にして、一回の量を減らし、しっかり噛んで食べてください。

ダイエットのために母乳が止まることもあるので、急激なダイエットはダメです。

計画的に行ってくださいね。

また、個人の体型に合わせた産後ダイエットなどもあります。

産後のダイエットは、産後1か月後から完全に体調が整う3か月後くらいに始めましょう。

産後6か月が体重が落ちやすいので、この時期までに産後のストレッチやエクササイズをしてください。

また、甘い物やスナック菓子などは、できるだけ食べないようにしてください。

外出する時はできるだけ歩き、家でもストレッチなどをしましょう。

産後の体重が戻らない人もいるので、体調が良くなったら必要に応じてダイエットをしてください。

バランスのとれた食生活と適度な運動も心がけてください。

産後の体型が戻らないなら、下着に頼るのも一つの方法!

「ブラデリス」のウエストニッパーは、ヴィリーナサイトや全国の「ブラデリス取扱店」にあります。

授乳が終わって体型や体重が元に戻ったのに、下腹部のたるみが元に戻らないことはよくあります。

そこで、ウエストを絞るウエストニッパーを1日数時間着けてみましょう。

午前中だけ、家事をしている間、TVを観ている間゙、というように分けて着れば、下腹の脂肪は減っていきます。

お尻から脚までのものは、子育てをしていると脱着が大変です。

しかし、ウエストだけのウエストニッパーなら、簡単に脱着ができるので楽です。

ウエストニッパーは、少しキツいサイズから始めましょう。

始めるのは産後1ヶ月後が最も早く、遅い分にはいつでも大丈夫です。

私は、子供が1歳半を過ぎてから始めたのですが、3ヶ月くらいで下腹のポッコリが減りました。

ウエストニッパーのメーカーの人が、「意識の高い人は産後すぐに来られます。

産後2週間で来られた20代の方もいます。

30代後半では、体型を戻したい方と、あまり強く思われない方に分かれます。

その意識の差が、体型の崩れに影響します。」
と言われていました。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ