話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

風邪の時に採る食事!外食でも栄養は補える

2015.8.16

風邪をひいたらお粥を作って……? 

でも一人暮らしだと具合が悪いのに料理ってしんどいですよね。

栄養のある食事を外食や自炊以外で補うには、何を選んだらいいのかお知らせします!

風邪をひいた時の食事

風邪をひいたので、栄養をつけなくてはと食欲が無くても無理に食べようとする人がいますが、はっきり言ってこれは体に良くありません。

ただでさえ弱っている胃腸に、余計な負担をかけてしまうことになるからです。

風邪で食欲がないのなら、無理に食べようとしてはいけません。

暖かい部屋で安静にし、自然と食欲がわいてくるのを待つほうが何倍も良いです。

ただし、水分だけは食欲がなくても取っておいたほうがいいでしょう。

その場合、白湯やお茶等、暖かい飲み物が胃に優しいです。

胃に優しい食べ物

胃腸が弱っている時でも食べられる、胃に優しい食べ物を紹介したいと思います。

おかゆ ・うどん

風邪どきの定番メニューです。

まずはこのあたりから食べ始めるのがいいでしょう。

バナナ

胃に優しい果物です。

食事としてもいいですし、おやつ代わりに食べても良いと思います。

大根 ・ジャガイモ ・白身魚 ・鳥のささ身

ある程度胃腸が落ち着いて、軟便になってきてからは上記の野菜や魚などを取り入れると良いと思います。

その場合、そのまま食べるよりも煮物にしたりスープにする等して、柔らかく吸収しやすい形にするのがお勧めです。

風邪に効く外食

風邪で咽喉が痛い、関節が痛い時に効く食べ物
こういう時は風邪による発熱で体がやられています。

熱による体力消耗が激しいので、ビタミンB群の食べ物がお薦めです。

その中でも大きな効果があるのは豚しゃぶです。

豚肉から沢山のビタミンBが流れ出て、鍋の中の野菜にからみつき、しっかりと食べればビタミンBを沢山摂ることができてとても効果的です。

風邪に効く外食

でも、豚しゃぶを食べたくても自宅で用意するのは難しく、設備があってもそんな体力が残ってない……そんな時は、思い切って外食を使ってしまいましょう!

十分な量を食べることができますし、何より風邪の時に自分以外が食事を用意してくれるのはとてもありがたいことです。

最近は、他にも薬膳スープなどを食べさせてくれるレストランもあります。

外食のほうでも、あらかじめ病気がちのお客様のことを考えたメニューが用意されているんですね。

ここは是非、そこに甘えてしまいましょう。

他にもメニューを選ぶ前提として、風邪で胃腸が弱っていることも考えられますから、あまり辛い物や油っこいものは避けましょう。

出来れば和食にして、サラダやスープ、魚料理を中心に食べると良いかと思います。

風邪におすすめの食事

風邪のわかりやすい対策として、とにかく体を温めることです。

そういうことで免疫機能が活発になり、風邪のウィルスが弱まっていきます。

そのために効果がある食べ物がショウガです。

ショウガは消化が良く、風邪の諸症状で起きがちな炎症を抑える効果がありますから風邪にかかった時は積極的に摂ることをお勧めします。

また、風邪をひくと栄養が足りなくなりがちですが、栄養不足のままでは体の調子もすぐに良くなってくれません。

必須栄養素のうちでも重要なのが、ビタミンCとグルタミンです。

カボチャ、ニンジンなどの緑黄色野菜や、アセロラ、キウイ等の果物でビタミンCを、卵、小麦粉、大豆、肉、魚でグルタミンを摂りましょう。

さらに風邪は様々な諸症状を引き起こします。

せき、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなど。

それらはどれも炎症から来ることが多いので、前述したショウガの他に、炎症を抑える効果のあるネギやニラ、たまねぎなども摂ると良いでしょう。

外食メニューの選び方

風邪で弱り、自分で料理するような元気が無い時、外食は心強い味方になります。

ですが、それでもやはりある程度食べるものは選ばないといけません。

やはり脂っこいものが多いですから、風邪で胃腸が弱っている時はなるべくさっぱりとした物を選び、脂っこいものは避けましょう。

最悪、下痢等にも繋がってしまいます。

和食には食欲があまり無い時にも食べやすいものが多く、病気がちの時に適しています。

中でもサラダやスープ、魚中心の食事はより適切です。

みんな大好きカレーですが、普段は食欲が無くてもペロリと食べられる人でも、咳があったり喉が痛かったりする時にはやはり辛いものがあるので、少し考えたほうがいいかもしれません。

特に外食のカレーは刺激物が多く入っているので、控えたほうが安全です。

ファミレスくらいしか近くにないとしても、今はファミレスでもお粥やうどんなどがありますから、そのような無理なく食べられるものを選ぶことが十分にできます。

体を温めるものとして、温かいスープなどを一品プラスするのもいいですね。

ところで、こんな話を聞いたことはありませんか?

「風邪をひいたけど、焼き肉などニンニクたっぷり、お肉タップリの食事をとって、身体を温めて早く寝て一晩で治した」なんて話をする人が、たまにいますよね。

この程度で治せるのは程度の軽い風邪だけなので、注意が必要です。

特にインフルエンザなどの場合は胃もたれや下痢などを起こしてしまう原因にもなりますから、一気に栄養をつけてすぐ寝るというのは万能ではないということに留意しましょう。

もし食欲が無い時は、無理に食べることはやめ、消化の良いものを少し摂る程度に抑えましょう。

外食ではなくコンビニで調達する場合

レストランまで出歩く元気もないのなら、コンビニで済ませるという手もあります。

たかがコンビニ、されどコンビニです。

風邪に効く食べ物も、レトルトのお粥やうどん等があります。

もし家の冷蔵庫に卵があるなら、卵にはグルタミンが含まれていますから、うどんに混ぜて食べると良いでしょう。

他の食べ物としては、殺菌効果の高いニラなどが入ったスープもお勧めです。

プリンや茶わん蒸し等も、食欲がなくても食べやすいのでありがたいですね。

ヨーグルトも風邪に効く食べ物ですが、体が冷えないように気をつけましょう。

最近はフルーツも置いてあるコンビニがありますが、体を冷やさないように気をつけるという点で、フルーツも冷えたものより常温のもののほうが良いです。

生姜湯の素という、お湯を注ぐだけで生姜湯ができる便利なものも置いてあることがあります。

あったら試してみましょう。

他にも、ココアなども身体を温められますので、お勧めです。

そして、蜂蜜が家になければ是非1本買っておくといいでしょう。

喉が痛くなっても、咳が出ても、舐めると効果がありますし、お湯に蜂蜜を入れて飲むだけでも身体が温まり、風邪には有効です。

レモンがあれば、蜂蜜とレモンで温かい自家製レモネードを作るのもいいですよ。

コンビニまでしか行けるような元気が無い時は、食欲も減退していると思いますが、そういう時でも何も食べないのは良くありません。

無理して食べるのも勿論いいことではないのですが、今挙げたようにコンビニにも食欲が無い時に食べやすいものは沢山置いてあります。

少しでも栄養を取り、余裕があるなら風邪に効く食べ物をプラスして、素早く風邪を治せるように努めましょう。

 - 美容・健康