最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

発熱や下痢が続いてるのに原因不明?こんな理由かもしれません

      2017/03/06

発熱や下痢が続いてるのに原因不明?こんな理由かもしれません

発熱や下痢が続いてるのに原因不明!?

もしかしたら怖い病気が潜んでるのかも知れませんよ!

でもどうしたら・・・。そんな時の対処について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


Q:高熱+頭痛+下痢の症状が同時に出て辛いです。

高熱に加えて頭痛、下痢といった3つの症状が同時に起きる病気について教えてください。

また、病院を受診した場合は何科に行けばよいのかも教えて欲しいです。

実は私のパートナーの男性が8月16日頃から39度以上の高い熱を突然出しました。

当初は市販の解熱剤を使っていたのですが熱が下がらず、どうしようもなくなったために病院に行くことを提案しました。

医者は診察した結果、「ただの風邪だ」といって薬を渡したそうで、その薬をしばらく服用していたのですが、熱が下がるまでは3日ほどかかったようです。

しかし、高熱と一緒に起きていた頭痛と下痢はいまだに治っていないようです。

このままではラチがあかないと考えて、私はパートナーに総合病院で精密検査を受けるように伝え、パートナーも受診しにいったようですが、医者は「原因がわからない」「ストレス性かも」と言ったそうです。

ストレスで高熱(39度〜40度)、頭痛、下痢を併発する病気はあるのでしょうか?

医師も結局原因がわからないわけで、不安です。

ちなみに、頭痛は結構前からしばしば起きていたようです。

下痢にちょくちょくなっていたのは、7月に入ってから。

高熱が出たのはそのあとです。

どなたか、お分かりになる方はいませんか。

A:ウィルス、細菌性の胃腸炎では?

医師の説明不足や怠慢もありますが、文面からはウィルス、細菌性の胃腸炎にかかったあとの体調不良ではないかと考えられます。

市販薬の服用はあくまで症状に対する対症療法ですので、より重い病気を隠してしまう危険もあるのです。

今回のことでそのことがわかってもらえればと思います。

成人で38度以上発熱するのは、検査室のある大きな総合病院にかかって血液検査・尿検査・検便などを行い、原因となるウィルスや細菌などの特定・推定をした上で、内服薬ほかによって治療を行うのが良いとされています。

症状の一部が緩和したのちに、残った症状だけで原因を特定するのはとても難しいことです。

医者がかわいそうになってきますね・・。

発熱や下痢はともかく、頭痛がしばしば起こる場合、機能障害を疑う場合は脳神経外科、心因性ストレス障害を疑う場合は心療内科や精神神経科を受診します。

一つ一つの病気の可能性を消していきながら対処するのが良いと思われるので、その場合は前者の脳神経関係機能障害が否定されてから別の可能性を探るのが良いでしょう。

発熱や下痢なのに原因不明!?それは大人特有のものかも知れません!

成人が突然発熱する原因としては、たとえば、精神的なストレスによって急に熱が出ること(正確には37度以上の高体温となること)があります。

たとえば精神活動や、授業に出席したり、仕事をしたり、他人に会ったりすること、または激しく緊張したり、喧嘩をするといったことを行うと、それにともなって、高い熱がでることがあります。

また、残業が続いてしまっていたり、介護で疲れてしまっている場合や、授業とサークルの両立が難しいなどといった慢性的なストレスが重なって、微熱が出るようになり、下がらないといったことが起きることも考えられます。

このような状態で病院を受診して、精密検査を受けてみても、何もおかしなところが見つからなかったりすることもありますし、解熱剤を服用しても熱が下がらない、などといったことが起きることもあるのです。

そのような場合は、発熱の原因がストレスであるというようなことも考えられるかもしれません。

原因不明の高熱を伴う下痢になった場合、どうしたらいいか冷静に考えよう!

下痢というのは、ことさら健康に問題がない場合でも、起きることがあります。

たとえば、以下のような場合。

  • 体が冷えたり、冷たいものをたくさん食べた場合。
  • (女性の身体を持った人の場合)生理の前後。
  • 食物繊維やオリゴ糖など、消化しにくいものを食べた時。
  • ヨーグルトなど、乳酸菌を含むものを沢山食べたり飲んだりした時。

こういった場合は、一時的なものですから、下痢や腹痛のほかには症状はあまりありません。

身体をあたためるなどして、同じものを食べ続けたりしない限りは、時間の経過に伴ってよくなることが多いです。

個人によって差はありますが、自分でも問題がないと感じられるようになるのではないでしょうか。

また、

  • 寝不足や疲れの蓄積が続いた場合。
  • 緊張や不安などのストレスを受けた場合。

といったケースでも、一過性のものであることが多いです。

状況の変化や、休息することによって良くなるかもしれません。

状況が変わらないのであれば慢性化してしまうこともあるかもしれないですし、気をつけねばなりませんが、危険性の高いものではありません。

まずは自分で対策を練って、身体と心を休ませてあげることが最優先です。

発熱も下痢も!?考えられる代表的な病気とは?

感染症

俗に「おなかの風邪」ともいわれる、感染症による胃腸炎について話します。

ノロウィルスやロタウィルスだけでなく、喉風邪を起こすような多くのウィルスがおなかに感染し、下痢や発熱、腹痛を起こすことがあります。

細菌性の胃腸炎、たとえば食中毒を起こす原因菌として有名な黄色ブドウ球菌に感染する場合、感染してから数時間たてば下痢・腹痛・発熱といった症状が出ます。

こういった感染性胃腸炎は嘔吐も伴うことが多いです。

下痢によって脱水を起こす危険もありますので、水分を十分に摂り、消化にいいおかゆやうどん、スープといったものを食べるとよいです。

体が受け付けない場合、ご飯は食べなくても問題ありません。

数日間食べなくとも、水分さえ摂っていれば死ぬことはありません。

また、手洗いやうがいは自身も、周囲の人間も欠かさず行うようにしてください。

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患という言葉を聞いたことがありますか?

クローン病や、潰瘍性大腸炎といった病気は、炎症性腸疾患と呼ばれています。

どちらも、腸に多くの潰瘍ができるなどする、自己免疫性の疾患です。

罹患した場合、内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)のある病院で精密検査をする必要があります。

最後に、憩室炎は、便秘などを何度も繰り返しているうちに、大腸の壁に部屋(憩室)が沢山発生してしまい、そこに便が溜まるなどして感染を起こすことです。

その結果、高熱を出したり、腹痛を起こしたりします。

一旦憩室炎になると、便秘というよりも、今度は炎症のせいで下痢になりやすい傾向があるようです。

出血を伴う場合もあるので、注意する必要があります。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ