最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ふくらはぎマッサージの効果は?足痩せだけじゃない以外な効果

      2017/03/24

ふくらはぎマッサージの効果は?足痩せだけじゃない以外な効果

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれ

ふくらはぎをマッサージすると、足痩せなどの見た目的な事だけじゃなく

健康の維持にも効果的らしく、最近では金スマでも何度か取り上げられましたね。

ただし、むやみやたらとマッサージしても効果は半減です。

正しく理想的なマッサージの仕方や

健康になれる理由や効果などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

スポンサーリンク


自分でできるふくらはぎマッサージの動画

女性にとって、スッキリ引き締まった足というものは憧れの存在。

ですが、なかなか手に入れることができないのは、足がむくみやすい場所であるためです。

何故、足がむくみやすいのかというと、足は心臓から一番離れた場所にあり、かつ、体の一番下にある器官だからに他なりません。

体を構成する細胞は、酸素と栄養を、心臓から送り出された血液から受け取り、老廃物を静脈やリンパ管に受け渡すことで生きています。

しかし、足は重力に阻まれて、血液を心臓に送り返すことが難しい場所なのです。

本来、それを助けるのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎを動かす、つまり筋肉を伸び縮みさせることで、この動きがポンプの役割を果たすのです。

ですが、仕事などのように長時間同じ姿勢を取らなければならない時、筋力が低下した時、そして冷え性や塩分の摂り過ぎといったことが原因で、ふくらはぎのポンプ機能が働かず、老廃物を含んだ水分の排出が追いつかずにむくんでしまうのです。

そうしたことを改善するには、自然にふくらはぎを動かすのが一番ですが、忙しい生活の中ではそうもいきません。

そんな時に試したいのが、ふくらはぎのセルフマッサージです。

ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎのマッサージは、単に足のむくみを改善するだけに留まりません。

以下のようなメリットが存在するのです!

  • 心臓、腎臓の負担が軽くなる
  • 基礎代謝が高まり、余分な体脂肪が落ちる・溜まりにくくなる
  • 自律神経が整い、不眠やうつなどの心因性の病気の改善
  • 血液やリンパの循環が効率よく行われるため、デトックス効果が見込める
  • 細胞が活性化するため、アンチエイジング効果が見込める
  • 肌荒れや抜け毛の予防
  • 認知症の予防

血液の循環というものは、人間の生命(体を構成する細胞一つ一つ)にとってなくてはならない働きですね。

もし、足の血流が弱い状態が続くと、脳は「心臓の働きを強めなくては!」と察知して、心臓に更に動きを強めるように指令を出します。

心臓は必要以上に働かなければならなくなるため、負担がかかってしまうのです。

心臓だけではありません。

足の血液循環を促すために強まった血流は、血液中の老廃物を濾過する腎臓を始めとした他の臓器にとっては強すぎるため、負担が増える結果、不調を起こします。

こうなると、自律神経が乱れ、不眠やうつなどの原因にもなり得るのです。

人の体は思う以上に、相互バランスを取って成り立っています。

たかがふくらはぎ、ではないことは、分かっていただけたでしょう。

理想的なふくらはぎと危険なふくらはぎ?

健康的なふくらはぎとは、どんな状態を指すのでしょうか?

  • 適度に温かい
  • 力を入れるとゴムまりのような弾力があり、力を抜くと弾力はあるが柔らかい
  • 皮膚にハリがある
  • 皮膚の奥にしこりがなく、痛みがない

逆に、注意をしたいのは以下のような状態です。

  • 手のひらよりも冷たい/火照っていて熱い
  • ガチガチに固い/フニャフニャ
  • むくんでパンパンに張っている
  • 指で押した痕がなかなか消えない
  • 皮膚の奥にしこりがある
  • 押すと痛みがある

同じ末端部位である手のひらよりも冷たい・熱いといった状態の場合は、血行不良を起こしていることが予想されます。

筋肉が張ってガチガチになっている、筋肉の張りがないフニャフニャな状態は、そちらでもふくらはぎのポンプ機能の低下があり得ます。

そして、むくんでパンパンな時や、指で押した痕がなかなか消えない時は、既に老廃物が溜まりだしている証拠だと言えます。

特に注意したいのは、皮膚の奥にしこりや痛みがある時です。

この時は、ふくらはぎの内部の静脈で下肢静脈瘤が起きている可能性があります。

下肢静脈瘤は、それほど危険性のない疾患ですが、放置すると皮膚表面にボコボコと瘤が見えるようになったり、血栓が出来やすくなる傾向もあります。

もちろん足痩せ効果も

これまで見てきたように、ふくらはぎのポンプ機能を整える・改善するためにも、ふくらはぎのマッサージは健康面において、大変重要です。

しかし、ふくらはぎのマッサージは、美脚を目指す時にも、大きな力となってくれるものです!

ふくらはぎが必要以上に太くなってしまい、それをコンプレックスに思っている女性もいるでしょう。

「学生時代に運動部にいたからだ」と、後悔する人もいますが、実は違います。

勿論、筋肉的な太さのこともありますが、多くの場合、ふくらはぎが太くなっているのは”セルライト”が生じてしまったことが、一番多い原因と言って間違いないのが現状です。

セルライトは、単なる皮下脂肪ではありません。

皮下脂肪に、蓄積された老廃物が絡みつくことで、通常の脂肪よりも燃焼させづらいものになっているのです。

特に恒常的に行っていた運動を辞めた人の場合、それまで運動によって消費できていた脂肪が溜まること、ふくらはぎのポンプ機能が以前よりも弱まり老廃物が溜まりやすくなっていること、これらのことが組み合わさった結果、セルライトが生じて、ふくらはぎの太さが太いままになっているのです。

このセルライトを除去するには、日々マッサージをして、血流やリンパの流れを正常にし、老廃物を溜めない生活をするのが一番だと言えます。

ふくらはぎマッサージのやり方

1.足首の柔軟運動をする

足首を前後に動かし、足首を柔らかくする

引き締まった足首を作るポイントにも!

2.ふくらはぎを両手で包むようにし、足首から膝裏までゆっくりなで上げる

強く掴みすぎないよう、両手で圧迫する程度

必ず足首から膝裏まで!膝裏には、リンパ液が溜まる”リンパ節”があるため

3.すねの骨に沿った筋肉(前脛骨筋)を、下から上へ押しながらマッサージする

膝の外側、指4本分ほど下のくぼみには”足三里”と呼ばれる、体全体の治癒力を高めるツボがあります

このツボの刺激も忘れずに!

4.両手の親指でふくらはぎの裏を、下から上へ揉みほぐしていく

親指が疲れていたら、グーにした手や、”かっさ”などを利用しても

ふくらはぎのマッサージを行う時には、以下の点をまず注意しましょう。

  • 入浴後の、血流がよくなってリラックスしている状態で行うこと
  • マッサージ前後には冷たすぎない水(白湯でも)を飲んで老廃物が流れやすい状態にする
  • 決して力を入れすぎない
  • アロマオイルやマッサージオイルを使う時には、滑らないように注意する
  • マッサージ中、強い痛みやしこりを見つけた時は、病院で診察を受けることも視野にいれる

美脚の面、そして健康の面でも、ふくらはぎのマッサージは重要です!

冷え性などの改善にも繋がりますから、女性はぜひ、日々の中に取り入れてみましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ