最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ふくらはぎマッサージの効果は?足痩せだけじゃない以外な効果

      2017/03/24

ふくらはぎマッサージの効果は?足痩せだけじゃない以外な効果

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれ

ふくらはぎをマッサージすると、足痩せなどの見た目的な事だけじゃなく

健康の維持にも効果的らしく、最近では金スマでも何度か取り上げられましたね。

ただし、むやみやたらとマッサージしても効果は半減です。

正しく理想的なマッサージの仕方や

健康になれる理由や効果などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


自分でできるふくらはぎマッサージの動画

女性にとって、スッキリ引き締まった足というものは憧れの存在。

ですが、なかなか手に入れることができないのは、足がむくみやすい場所であるためです。

何故、足がむくみやすいのかというと、足は心臓から一番離れた場所にあり、かつ、体の一番下にある器官だからに他なりません。

体を構成する細胞は、酸素と栄養を、心臓から送り出された血液から受け取り、老廃物を静脈やリンパ管に受け渡すことで生きています。

しかし、足は重力に阻まれて、血液を心臓に送り返すことが難しい場所なのです。

本来、それを助けるのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎを動かす、つまり筋肉を伸び縮みさせることで、この動きがポンプの役割を果たすのです。

ですが、仕事などのように長時間同じ姿勢を取らなければならない時、筋力が低下した時、そして冷え性や塩分の摂り過ぎといったことが原因で、ふくらはぎのポンプ機能が働かず、老廃物を含んだ水分の排出が追いつかずにむくんでしまうのです。

そうしたことを改善するには、自然にふくらはぎを動かすのが一番ですが、忙しい生活の中ではそうもいきません。

そんな時に試したいのが、ふくらはぎのセルフマッサージです。

ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎのマッサージは、単に足のむくみを改善するだけに留まりません。

以下のようなメリットが存在するのです!

  • 心臓、腎臓の負担が軽くなる
  • 基礎代謝が高まり、余分な体脂肪が落ちる・溜まりにくくなる
  • 自律神経が整い、不眠やうつなどの心因性の病気の改善
  • 血液やリンパの循環が効率よく行われるため、デトックス効果が見込める
  • 細胞が活性化するため、アンチエイジング効果が見込める
  • 肌荒れや抜け毛の予防
  • 認知症の予防

血液の循環というものは、人間の生命(体を構成する細胞一つ一つ)にとってなくてはならない働きですね。

もし、足の血流が弱い状態が続くと、脳は「心臓の働きを強めなくては!」と察知して、心臓に更に動きを強めるように指令を出します。

心臓は必要以上に働かなければならなくなるため、負担がかかってしまうのです。

心臓だけではありません。

足の血液循環を促すために強まった血流は、血液中の老廃物を濾過する腎臓を始めとした他の臓器にとっては強すぎるため、負担が増える結果、不調を起こします。

こうなると、自律神経が乱れ、不眠やうつなどの原因にもなり得るのです。

人の体は思う以上に、相互バランスを取って成り立っています。

たかがふくらはぎ、ではないことは、分かっていただけたでしょう。

理想的なふくらはぎと危険なふくらはぎ?

健康的なふくらはぎとは、どんな状態を指すのでしょうか?

  • 適度に温かい
  • 力を入れるとゴムまりのような弾力があり、力を抜くと弾力はあるが柔らかい
  • 皮膚にハリがある
  • 皮膚の奥にしこりがなく、痛みがない

逆に、注意をしたいのは以下のような状態です。

  • 手のひらよりも冷たい/火照っていて熱い
  • ガチガチに固い/フニャフニャ
  • むくんでパンパンに張っている
  • 指で押した痕がなかなか消えない
  • 皮膚の奥にしこりがある
  • 押すと痛みがある

同じ末端部位である手のひらよりも冷たい・熱いといった状態の場合は、血行不良を起こしていることが予想されます。

筋肉が張ってガチガチになっている、筋肉の張りがないフニャフニャな状態は、そちらでもふくらはぎのポンプ機能の低下があり得ます。

そして、むくんでパンパンな時や、指で押した痕がなかなか消えない時は、既に老廃物が溜まりだしている証拠だと言えます。

特に注意したいのは、皮膚の奥にしこりや痛みがある時です。

この時は、ふくらはぎの内部の静脈で下肢静脈瘤が起きている可能性があります。

下肢静脈瘤は、それほど危険性のない疾患ですが、放置すると皮膚表面にボコボコと瘤が見えるようになったり、血栓が出来やすくなる傾向もあります。

もちろん足痩せ効果も

これまで見てきたように、ふくらはぎのポンプ機能を整える・改善するためにも、ふくらはぎのマッサージは健康面において、大変重要です。

しかし、ふくらはぎのマッサージは、美脚を目指す時にも、大きな力となってくれるものです!

ふくらはぎが必要以上に太くなってしまい、それをコンプレックスに思っている女性もいるでしょう。

「学生時代に運動部にいたからだ」と、後悔する人もいますが、実は違います。

勿論、筋肉的な太さのこともありますが、多くの場合、ふくらはぎが太くなっているのは”セルライト”が生じてしまったことが、一番多い原因と言って間違いないのが現状です。

セルライトは、単なる皮下脂肪ではありません。

皮下脂肪に、蓄積された老廃物が絡みつくことで、通常の脂肪よりも燃焼させづらいものになっているのです。

特に恒常的に行っていた運動を辞めた人の場合、それまで運動によって消費できていた脂肪が溜まること、ふくらはぎのポンプ機能が以前よりも弱まり老廃物が溜まりやすくなっていること、これらのことが組み合わさった結果、セルライトが生じて、ふくらはぎの太さが太いままになっているのです。

このセルライトを除去するには、日々マッサージをして、血流やリンパの流れを正常にし、老廃物を溜めない生活をするのが一番だと言えます。

ふくらはぎマッサージのやり方

1.足首の柔軟運動をする

足首を前後に動かし、足首を柔らかくする

引き締まった足首を作るポイントにも!

2.ふくらはぎを両手で包むようにし、足首から膝裏までゆっくりなで上げる

強く掴みすぎないよう、両手で圧迫する程度

必ず足首から膝裏まで!膝裏には、リンパ液が溜まる”リンパ節”があるため

3.すねの骨に沿った筋肉(前脛骨筋)を、下から上へ押しながらマッサージする

膝の外側、指4本分ほど下のくぼみには”足三里”と呼ばれる、体全体の治癒力を高めるツボがあります

このツボの刺激も忘れずに!

4.両手の親指でふくらはぎの裏を、下から上へ揉みほぐしていく

親指が疲れていたら、グーにした手や、”かっさ”などを利用しても

ふくらはぎのマッサージを行う時には、以下の点をまず注意しましょう。

  • 入浴後の、血流がよくなってリラックスしている状態で行うこと
  • マッサージ前後には冷たすぎない水(白湯でも)を飲んで老廃物が流れやすい状態にする
  • 決して力を入れすぎない
  • アロマオイルやマッサージオイルを使う時には、滑らないように注意する
  • マッサージ中、強い痛みやしこりを見つけた時は、病院で診察を受けることも視野にいれる

美脚の面、そして健康の面でも、ふくらはぎのマッサージは重要です!

冷え性などの改善にも繋がりますから、女性はぜひ、日々の中に取り入れてみましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ