最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ネットを有効活用!人見知りな人におすすめする友達の作り方

   

ネットを有効活用!人見知りな人におすすめする友達の作り方

学生時代を過ぎて就職し、仕事や家族に追われ、気が付くとアラサー以上になってしまい、周りに交流してくれる人がいない…

特に男性はなかなか、お友達関係を気軽には作れないケースが多いものです。

この記事では、オススメのSNSを使った、気兼ねなく付き合える友達作り、親友の見つけ方について、方法やコツなどを書いていきます。

学生時代を過ぎて就職し、仕事や家族に追われ、気が付くとアラサー以上になってしまい、周りに交流してくれる人がいない…

特に男性はなかなか、お友達関係を気軽には作れないケースが多いものです。

この記事では、オススメのSNSを使った、気兼ねなく付き合える友達作り、親友の見つけ方について、方法やコツなどを書いていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

スポンサーリンク


人見知りでもネットなら簡単に友達が作れる

オトナの友達作りには必須!基本的なマナー

SNSで友達を作るということは、学生時代に特徴的であった、毎日実際に顔を合わせる付き合いがきっかけではないという点があります。

つまり、最初に顔を合わせない(オンラインの)出会いがあり、そこから実際に会う約束をして、会って交流する(オフラインミーティング)ことで関係を深めていくSNSの方法とはまた違ったアプローチが必要ということです。

場所、時間の都合の合わせや、個人情報をどこまで公開するか、そして、いわゆるネチケットと言ったマナーを守る必要があります。こう書くと難しいかもしれませんし、尻込みしてしまうかもしれません。しかし、私はこれまでに経験則から、男性の場合ようするに紳士的であればよいと考えています。

みなさんも、小洒落ていて言動に余裕のあるジェントルマンをテレビや映画で見たことがあるでしょう。要するに、そういう男性を心がければいいのです。

人見知りであったり、どれくらいフランクに付き合えばいいか最初はわからないものですが、相手を第一に思いやり、悠々としたふるまいの紳士を心がければ、相手も不快感を抱くことはそう多くはないはずです。

ネットを使った友達の作り方①掲示板

インターネット創世記の掲示板オフ

今ではSNSの台頭によりかなり廃れてしまいましたが、日本におけるインターネット創世記である1995年あたりでは、ネットにおける人々の出会いは掲示板がメインでした。

戦闘機が大好きな高校生であった私は、ドリームキャストを入手した時初めてインターネットを体験し、とある航空機のゲームの掲示板で知り合った人たちとオフ会をしていました。
また、SNSがmixiくらいしかなかった2000年代初頭には、とある巨大掲示板のオフ会募集板のオフ会にもよく参加していました。

SNSの時代でも、SNS型の掲示板がある!

現在では廃れてしまった掲示板ですが、一つ、かつての掲示板に限りなく近い形で利用できるSNSをご紹介します。

bk2
http://bk-2.jp/top

このSNSのメリットは、基本的にスレッド上のみで情報をやり取りするため、敷居がとても低いということです。
twitterやFacobookのようにプロフィールを充実させる必要がありません。また、アラサーアラフォーをターゲットとしているので、落ち着いた雰囲気なのも特徴です。

ネットを使った友達の作り方②Twitter

情報統制はしっかりと!Twitter

Twitterの特徴は、その匿名性の高さと拡散性の高さです。また、「#」を使ったタグで特定の情報に関するつぶやきのみを抽出でき、情報収集力の高さを物語っています。

しかし、ほとんどが匿名性であり、また若い人も多くマナーや空気といった面ではイマイチ悪いです。人とつながりたいと思うあまり下手に個人情報をバラそうものなら、悪意のある匿名ユーザーからの攻撃を受けてしまうことになります。

オフ会に特化!TwiPla
ここでオススメなのが、Twitter連動型のオフ会募集SNS「TwiPla」です。Twitterのアカウントを持って入れば、多くのイベントを探すことが可能です。

私もTwitterでのオフ会は主にTwiPlaを使っています。幹事が企画し、Twtterユーザーがそれに応募、という形なので責任の所在もはっきりしていて比較的安全といえます。単純な仲間づくりのオフもけっこうあるので、交流のツールにすることをお勧めします!

ネットを使った友達の作り方③Facebook

安全性が魅力!Facebook

Facebookの良いところは、なんといっても、基本実名であるがゆえの信頼性の高さです。ユーザーは人生のイベントなどをタイムラインに投稿していき、いいね!やコメントの付け合いで交流を深めていくこととなります。

有名人とも比較的簡単につながることができ、私は地元の街のコミュニティを利用しています。Facebookでできた友達も実際います。そして、関係はTwitterなどに比べ、比較的長く残る傾向があります。

出会いを探すには、コミュニティで!

Facebookはタイムライン方式ではないため、自身のデータを投稿してものは、関係の深い人に優先的に表示されるようになっています。これは自分のページの表示でもいえることで、つまり新たな交流の開拓にはちょっと向かないところがあります。

Facebookのオマケ機能的なのですが、コミュニティを活用しましょう。特に自分の住んでいる地域のコミュニティなどでは定期的にオフ会を開催しているところもあります。

ネットを使った友達の作り方④ブログ

自分を売り出して発信!

ブログは、いまだに根強いツールです。最近ではまとめサイト、アフィリエイトサイトなどで大手のサイトが出てきてにぎわっています。もしあなたがブログを開設すれば、自分自身に関することや興味のあることについて自由自在に発信できます!

しかし、正直に言って、ブログは先述したbk2、Twitter、Facebookに比べて友人作りには向かないと感じます。なぜなら、ブログを検索して見に来る人は、基本的にキーワードなどを検索して来た人だからです。あなた自身に興味があるというよりも、ブログに掲載されていれるデータが欲しいといった感じでしょうか。

ブログ利用の友達作りは合わせ技で!

ですので、オススメの使い方は、「ブログをメインの個人サイトとして運用し、SNSと連動させる」ことです。Twitterでは特にプロフィールに自身のサイトのURLを貼る項目があるので、そこにブログのURLを貼りましょう!

記事を更新するごとにTwitterやFacebookに、その記事のURLを貼る、といった事ももちろん可能です。これにより活動をアピールできます。あなたの素顔に興味を持ってくれる人が多くなれば、自然とそこから交流も生まれてくるでしょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ