最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

生理前はダイエットの為に運動をしても無駄!?その理由とは

   

生理前はダイエットの為に運動をしても無駄!?その理由とは

体液のキープやダイエットの為に運動をしている女性も多いと思いますが、女性にはどうしても痩せることができない時期があるのはご存知ですか?

それは、生理前なんです。

今回は生理前に運動をしても無駄な理由を解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


生理前に運動をしても無駄になる理由①

生理前にいくら運動をしても痩せることができない理由は2つあるのですが、その1つ目はプロゲステロンという女性ホルモンの影響です。

プロゲステロンは、基礎体温を上げて妊娠準備をするために排卵が起きてから生理前まで分泌されるのですが、このプロゲステロンの量が増えることで体内に栄養を蓄えやすい状態を作り出すように働きかけるのです。

そうすると、女性の身体は新陳代謝が下がってしまうのに食欲が増進してしまいます。

その結果、普段よりも脂肪を分解することができなくなっているのに、吸収率は上がってしまっている状態なので、今までと変わらない普通の食生活をしていても太りやすくなります。

ですから、この時期に運動をして痩せようとしても、思うようにカロリーを消費することができなかったり、食欲が増したことにより運動後にいつも以上に食べてしまい、そこからより多くの栄養を吸収しようと身体が働きかけてしまうので、いくら運動をしてもすべて無駄になってしまって痩せることができないというわけです。

生理前に運動をしても無駄になる理由②

生理前になると運動が無駄になってしまうもう一つの理由が、体内により多くの水分や脂肪を蓄えやすい体質に変化している時期だからです。

生理になる直前と生理が終了してから15日ほど経過した時点での体内に蓄えられた水分量の差を比較してみると、実に2000mlにものぼるのです。

2000mlということは重量にして2kgですから、わずか2週間程度で2kgも体重が増えてしまうというわけですね。

しかもこの時期は老廃物を排出する機能も低下しがちなので、余分な水分が下半身にたまりやすく、その結果下半身がむくんで余計に太っているように見えてしまいます。

つまり、生理前に運動をしても消費していくのは余分に体内に蓄えられている大量の水分であり、運動によって2〜3kg体重を落とすことによってやっと元の体重に戻る程度にしかならないのです。

しかも、蓄えられた水分は生理前の運動で頑張って減らそうとしなくても、生理が終わってしまえばすぐに元の状態に戻すことが可能です。

ですから生理前に運動しても無駄になってしまうと言われるわけです。

体重が増えるのは一時的なのでそこまで気にしない

このように生理前に体重が増えてしまうのは女性の生体機能上仕方のない事なのです。

しかし、逆に考えてみれば、痩せにくく運動が無駄になってしまう時期というのはほんの一時的なものと言えます。

ですから、生理前に一時的に体重が増えてしまったり、普段のように運動をしても全然効果が出なかったりしたとしても、あまり焦ったり心配したりせずに正しい知識を持って「これは一時的な物なんだ」と気持ちを切り替えることが大切です。

そして、体重が増えてしまう時期をどうやって減らそうかということに固執するよりも、生理前に増えてしまった体重を生理後にどうやって痩せていくかを事前に対策しておくことが必要になります。

つまり、「運動をしても無駄だから生理前の時期は運動はしない」とか「むきになっていつもよりたくさん運動をする」などというような偏った行動に出るのではなく、生理後にしっかりと体重を減らすための身体づくりの為に、普段から運動を習慣化させておくとよいでしょう。

生理前に体重が増えてしまっても気にしなくなる方法

女性は生理前になるとどうしても体重が増加しやすいという事はわかっていただけたと思います。

この時期は躍起になって痩せようと努力をしても、なかなか思うようにいかずにイライラしてしまったり、よく眠れずに疲れていたりといった症状がある人もいる事でしょう。

そういう人はとにかく自分の月経周期と体重の増減を把握することでダイエットに対するモチベーションを維持することが可能になります。

どういうことかというと、毎日の基礎体温とともに体重を記録するようにすると、生理の前後で自分の体重がどのように変化していっているのかをきちんと把握することができます。

そうすると、毎月生理前になるとどの程度体重が増えているのかが明確にわかるようになりますね。

生理前に毎月同じくらい体重が増え、生理後に元に戻っているのであれば、それは自分の普通の変化の許容内であることがわかりますから、体重が増えたことで太ったと焦らなくてすむようになります。

ただし、増えても大丈夫なんだとあまり安心しすぎて運動を全くしなくならないようにだけは注意してください。

生理前でも痩せられるダイエット法

ここまで生理前の運動はダイエットに不向きだという事を紹介してきました。

しかし、生理前だからと言ってもどうしても痩せたいと考える人は少なくないと思います。

そんな人の為におすすめしたいダイエット法が2つあるので紹介します。

まず一つ目を豆乳ダイエットです。

豆乳に含まれている豆乳イソフラボンや豆乳サポニンという成分は、プロゲステロンと同じような働きをすることで知られているのですが、これらは身体に水分がたまりすぎるのを防ぐ性質があります。

その性質を利用して余分な水分が体内に蓄えられないようにするというわけです。

豆乳の摂り方も簡単で、だいたい生理が始まるという日の1週間前頃から豆乳を飲めばいいだけです。

これだけで生理前でもダイエット効果を期待することができるのでおすすめです。

しかも、豆乳にはビタミンが豊富でカロリーも低く、血液の流れを良くしたり代謝を上げたりする効果もあるので、代謝が下がった生理前の女性にはぴったりの飲み物だと言えます。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ