話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

ストレスによる吐き気に要注意!正しい胃薬の選び方・治療法とは

2016.7.29

ストレス社会ともいわれる現代。

特に社会人にとってはストレスというものは切っても切れないものですよね。

そうしたストレスが吐き気、嘔吐などを引き起こすことがあります。

こうした時に吐き気を和らげるために胃薬を服用する方も多いと思います。

ただ、一言で胃薬といってもその種類はさまざまで、症状などによって服用する薬が変わってくるため、自分で選ぶ際は注意が必要です。

そこで、ストレスによる吐き気の場合の正しい胃薬の選び方、また治療法などをまとめてみました。

ストレスが原因の吐き気は胃薬で治せるの?

そもそもストレスが原因の吐き気は胃薬で治せるのか?という疑問があります。

まず、ストレスによる吐き気の原因は、ストレスにより胃の中の腹圧が高くなり、その圧力によって胃の内容物が逆流したり、ストレスによって胃酸過多になるためだと考えられています。

そのため、胃酸を抑える胃薬は吐き気を楽にする効果がみられます。

また、胸やけ、胃もたれなどにも効果があるため胃薬を服用することでスッキリすることも多いでしょう。

ただ、その効果も一時的なもので、ストレスが原因である限り、その根本的治療、ストレスを取り除くということが出来ない限り、なかなか治癒は難しいでしょう。

そうはいってもストレスを感じることなく生活することはこの現代社会において不可能に近いことだと思います。

毎日の仕事であったり、学校であったり、日々の生活の中で何かしらのストレスを感じるものです。

ですので、ストレスからくる吐き気の治療にはストレスとうまく向き合うこと、これが一番重要になります。

例えば、そのストレスが仕事からくるものであれば、あまり自分を追い込まず、休める範囲で休むことを心掛けるだけでも違ってくると思います。

そして調子の悪い時には胃薬を飲んで、一時的であってもスッキリするのであればそのほうがいいと思います。

胃薬を飲むことも悪いことではありません。

少しずつ自分の抱えるストレスと向き合いつつ、胃薬にも手助けしてもらいましょう。

胃薬の種類と、ストレスによる吐き気に効果のある胃薬

一言で胃薬といっても、症状などによってさまざまな種類があります。

自分の症状に合った胃薬を服用するようにしましょう。

胃薬の種類には主にこのようなものがあります。

  • 胃酸を抑えるもの
  • 胃酸を中和するもの
  • 胃の働きを高めるもの
  • 胃の粘膜の分泌を促すもの

これらはそれぞれ効果が違います。

例えば、胃酸の分泌が少ない人が飲む胃薬は、胃酸の分泌を促す効果があるので、吐き気のある人には適しません。

このように間違った薬を服用してしまうと、余計に症状が悪化することも考えられます。

自分で購入する際は充分注意が必要です。

では、具体的にストレスによる吐き気のある場合、どのような胃薬が効果があるのでしょうか。

ストレスが原因となる吐き気というのは自律神経が大いに関係しています。

ストレスによって自律神経の一つである交感神経が優位に働き、胃の筋肉を収縮させることで胃痛が起こったり、腹圧が高くなり吐き気が起こるのです。

そのため、胃薬を選ぶ際は、交感神経の働きを抑制し、胃の筋肉の収縮を和らげる効果のあるものを選ぶと良いでしょう。

また、自律神経のバランスが崩れることで吐き気がする場合、精神安定の効果のある漢方を服用するのもおすすめです。

ストレスによる吐き気も胃薬でスッキリ!しかし再発に注意!

ストレスによる吐き気が胃薬の効果によって和らぎ、スッキリすることで精神的にも少しは楽になると思います。

それだけ、吐き気や胃のムカムカなど、胃の不調というのは嫌なものですね。

しかし、残念ながら次の日、そしてさらにまた次の日、同じ症状が出てしまう可能性が大いにあります。

それはやはり根本にあるストレス自体をなくさなければ、精神的なものからくる吐き気というのは治らないからです。

たとえ病院で処方された薬であっても、それはストレス自体をなくす、そんな魔法のような薬ではなく、一時的に吐き気を抑えるための薬だということです。

ストレスが原因の吐き気を治すには、ストレス自体をなくすことが一番ですが、それはなかなか難しいのが現状ですよね。

特にストレスを受けやすい人というのは、真面目で責任感が強く、自分に厳しく、なかなか手を抜くことが出来ない、休むことが出来ないという人が多いため、ストレスを溜め込みやすいのです。

しかし、体を壊してしまっては元も子もありません。

少し肩の力を抜いて、休める時は少しでも休むなど、ストレスが軽減されるよう自分をうまくコントロールして、ストレスと上手に付き合っていくことが大切です。

また、自分だけで抱え込んでしまっている人が多くいるのも現状です。

自分の抱えているストレスを他の人に相談することなく、一人で溜め込んでしまっては症状が悪化していく可能性があります。

ストレスに思い当たる節があり、吐き気に悩まされている人はなるべく早く病院を受診することをおすすめします。

ストレスによる吐き気の場合、何科を受診する?

では、ストレスからくる吐き気のある場合、何科を受診すればいいのでしょうか?

例えば、毎朝のように吐き気に襲われていても、まさかそれがストレスによるものだとは気付かずに病院を受診したとします。

その場合はきっと内科へ行く人が多いと思います。

胃の不調ですからもちろん内科で診てもらうことが出来ます。

しかし、結局内科では原因が特定できず、処方された薬で一時的に吐き気を抑えるという治療になってしまいます。

もし内科へ通っても改善が見られない、さらにストレスに思い当たる節がある場合、心療内科を紹介されるケースもあります。

もしくは精神医学の知識などを持ったカウンセラーのカウンセリングを受けるなど、心の治療が必要となります。

心療内科やカウンセリングと聞くとどうしても躊躇してしまう人が多いと思いますが、思い切って受診することが大切です。

ストレスを吐き出さずにどんどん溜め込んでしまうことで、吐き気だけではなく、さらに症状が悪化してしまうことも考えられます。

例えば、体の変化でいえば、自律神経が乱れてしまう、胃だけでなく腸まで痛み出したり、内臓が荒れてしまい、最悪の場合癌へと発展することもあります。

ストレスを受け続けることで心にも大きな影響を及ぼし、うつ病を発症することも考えられます。

一言でストレス性の吐き気といっても、とても恐ろしい病を引き起こす危険性があるのです。

自分に合った方法を見つけましょう!ストレス解消法

ストレスなく生活するということはこのストレス社会を生きている限り不可能に近いことです。

ですので、いかに自分なりにストレスを解消していくか、ストレスを溜め込まないようにするか、それがとても重要になります。

自分に合ったストレス解消法を見つければ、胃の不調をなくすことだって期待できます。

ここでいくつかのストレス解消法をご紹介します。

運動する

もともと体を動かすことが好きな人なら、手軽にいつでも実践できるマラソンやウォーキングなど、運動することで気分転換になりますね。

特に、適度に息が上がるぐらいの有酸素運動はストレス発散に有効的です。

思い切り泣く

涙を流すことで副交感神経が活性化して、心と体がリラックスします。

気分を変えて映画などを観て思いっきり涙を流してみましょう。

大声を出す

普段の生活の中で大声で叫ぶことって滅多にないですよね。

大声で叫んだり、大声で歌うとストレス発散になります。

どれだけ叫んでも迷惑にならないカラオケなんか最適ですね。

何かを破壊する

これはとても乱暴に聞こえますが、壊すものは何だっていいんです。

例えば新聞紙をビリビリに破ったりグチャグチャに握り潰したり。

ただ、壊すものは後で後悔しないものにしましょう。

気分を変えることをしてみる

例えば、そのストレスが仕事上のものであるなら、仕事と全く関係のない友人と過ごす、特に気を遣わずに過ごせる友人と過ごすことがポイントです。

また、家の中で出来ることでいえば、家具の配置換えをしてみて少し気分転換をするなど。

他にもストレス解消法はいろいろとあると思います。

自分に合った方法を見つけて上手にストレスと付き合っていきましょう。

この記事のまとめ

  • ストレスによる吐き気は胃薬を服用することで一時的には緩和する。
  • ストレスによる吐き気には交感神経の働きを抑制し、胃の筋肉の収縮を和らげる効果のある胃薬を選ぶとよい。
  • 胃薬で一時的に吐き気がおさまっても、根本にあるストレスをなくさない限りまた再発してしまうため、ストレスをうまくコントロールすることが重要。
  • ストレスが原因の吐き気の場合は、心療内科の受診や専門のカウンセリングなど、心の治療も必要。
  • 自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切。

ストレスが心や体にもたらす影響は、小さいものから大きなものまでさまざまです。

ストレスによる吐き気や胃の不調は誰にでも起こり得る症状なので、なにか異常を感じたらなるべく早く病院へ行くこと、早期発見が何よりも重要ですね。

吐き気が続くことはは本当に辛いものです。

少しでも楽になるのであれば胃薬を飲むことも悪いことではない、ということを頭の片隅に置いておいてほしいです。

そして、仕事も大事、でも自分の体が一番大事だということ。

思い切って少し休んでみるなど、たまには息抜きをしないといけません。

このストレス社会を生き抜くためには、自分に適したストレス解消法を見つけておくことが大切なのかもしれませんね。

 - 健康・病気