最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

過敏性腸症候群で薬が効かない場合の原因と対処方法

   

過敏性腸症候群で薬が効かない場合の原因と対処方法

過敏性腸症候群は慢性的に腹痛、下痢もしくは便秘を繰り返す症状です。

痛みを我慢するにも限度があり、その度にトイレに行くわけにはいかない時も。

そんな時に頼みの綱は薬 ですが、これが効かない事もあります。

薬が効かない原因と対処方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

スポンサーリンク


過敏性腸症候群の症状とその原因

誰でも腹痛を起こした経験があるでしょう。下痢や便秘になったことのない人はいないはずです。こういう症状があれば、それが「過敏性腸症候群」かというとそうではないのです。

下痢や便秘が慢性的になった場合が「過敏性腸症候群」の可能性があるのです。しかし、他にも下痢や便秘を引き起こす病気はたくさんありますので、自己判断せずにまずは病院を受診しましょう。

「過敏性腸症候群」の原因は自律神経やストレスの関連が疑われています。特に20代〜30代サラリーマンによく症状が現れるそうです。

では病院に受診する場合は心療内科に行くべきか?と考える人が多いのですが、それは少しフライングです。まずは消化器科を受診しましょう。ここで、何か他の原因が見つかるかもしれません。便秘や下痢の原因がいろんな検査をしても、原因が明確でなければ、初めて「過敏性腸症候群」と考えるべきです。

二つの病院のかかるのが大変であれば、総合病院のように心療内科と消化器科がある病院へ行く方法もあります。同じ病院なので、検査内容や症状についての情報交換がスムーズなので、負担が少なくなります。

過敏性腸症候群で処方される薬とは?

過敏性腸症候群にはその症状から4つにタイプ分けされています。下痢タイプ、便秘タイプ、交互タイプ、ガスタイプです。

下痢、便秘については説明が不用でしょう。交互タイプというのは下痢と便秘が交互に症状として現れるタイプ。ガスタイプはガスが腹内にたまって頻繁にガスが出てしまうタイプです。

それぞれの症状によって処方される薬も違います。

下痢タイプの場合は「イリボー」「ロペミン」が処方されるケースが多いです。両方ともストレス性に下痢に効果のあります。しかし「イリボー」は男性にしか処方できないそうです。

便秘タイプの場合は、「マグネシウム製剤」が処方されます。薬効は腸内の水分を調整してくれるので、便を固くならないようにしてくれます。

大変なのはガスタイプです。ガスタイプの一番の悩みは所かまわず出てしまう事。だから腸内にガスが溜まらないようになれば一番なのですが、ガスタイプに処方される「ガスコン」はガスの排出を促す効果があるのです。だから膨張感に悩む人にはいいのですが、出ないようにする効果はありません。

過敏性症候群の処方薬と市販薬の違い

処方薬の中には市販薬とほとんど成分の変わらないものもあります。ただし処方薬の方が、効き目が強いです。

過敏性症候群の場合、その症状に対する対処療法という考え方もありますが、元々の腸の環境を整えて、症状が出ないようにするという考え方もあります。

整腸剤として有名なのは「ビオフェルミン」です。実際、病院で処方されるケースもあるくらいです。

次に対処療法としての下痢タイプの薬が下痢止めになります。やはり匂いが強烈な「正露丸」はその効き目も抜群。最近は糖衣錠タイプで匂いを抑えてくれるものもあります。しかし効き目が強い反面、胃に負担をかけるので常用は避けた方がいいでしょう。

便秘タイプの人は、通常の便秘薬を利用しても効きが悪いそうです。オススメは「セレキノン」です。

そしてガスタイプの人にとって「ガスピタン」は救いの神かもしれません。これは腸内のガスを減らして発生を抑えてくれます。そのため、この症状に関してのストレスは権限されるでしょう。

過敏性腸症候群の薬が効かない原因

そもそも過敏性腸症候群というのは、明確な原因が不明なまま、下痢や便秘、腹痛という症状を訴える人が多く、そのため作られた病名ともいえます。

そのため主な症状としては下痢、便秘、腹痛などがあげられますが、腰痛や吐き気などの症状を訴える人もいて、症状にも色々あります。

そのため一概に「過敏性腸症候群」という薬を服用しても、自分の症状に会うものでなければ意味がありません。

そのため、出来れば病院で自分の症状にあった薬を処方してもらう方がいいでしょう。

また、便秘、下痢、ガスなどの症状は他の人から深刻に受け止めてもらいにくい内容のため、患者当人も中々言い出しにくく、そのため症状が出ないうちに薬を飲んで症状を出さないように薬を使う人もいるでしょう。その結果薬に対して耐性が出来てしまったというケースがあります。

徐々に量を増やしても、また耐性が付いてしまえば、さらに量を増やすことになり、今度は他の臓器に影響が出るかもしれません。

過敏性腸症候群の薬が効かない時の対処方法

まずはストレスを減らすように心掛けます。何か特定のものがストレス源の場合は、それを生活から取り除けるのが一番です。といっても、子供だってストレスを感じる現代ですから、中々ストレスを減らすのは難しいかもしれません。そのため、溜まったストレスを発散させて、ストレスを溜めないようにするという方法がいいでしょう。

また食生活を改善することで症状が軽減されることもあります。
やはり乳酸菌は腸内環境を改善する効果が期待できるので、積極的な摂取を心掛けたいです。逆に摂取を控えたいのが、カフェイン、アルコール、小麦です。

小麦と聞いて疑問を感じる人がいるかもしれません。小麦に含まれるグルテンという成分が原因で、過敏性腸症候群とほぼ同じ症状を示す病気があるからです。

もしシリアック病またはグルテン不耐症であれば、小麦の摂取を中止した途端に、症状が改善します。

また合わせて腸に負担の少ない食事を取るように心掛けましょう。野菜を細かく刻んでベーコンかソーセージを入れ、コンソメで味付けをします。具材としてはキャベツや玉ねぎ、にんじんなどがオススメ。トマト缶をプラスするとミネストローネにもなります。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ